カウントダウンの単位を設定できるアプリ「3、2、1」

カウントダウンの単位を設定できるアプリ「3、2、1」

iOS
4.41

シンプルなiPhone用カウントダウンアプリ「3、2、1」の紹介です。

3、2、1の主な特徴

カウントダウンの単位を設定できる

シンプルなデザインと操作のカウントダウンアプリ「3、2、1」は、カウントダウンの単位を設定できるアプリとなっています。例えば、次の東京オリンピックまでに後、何年、或いは何ヶ月、はたまた何日、というように好きな単位で設定ができるようになっています。

年単位で数えるのもよし、月単位で、日単位など、自分の好きな設定をすることができるようになっています。年単位を時間で数えたりするのも面白いでしょう。

基本的には無料で利用できますが、無料の場合には自分の好きな写真が選択できないなどの制限があります。

無料!今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

3、2、1の使い方

基本的に画面は英語メニューとなっていますが、year、month、week、dayなどの日付に関する英単語が分かれば、難しいことは何もありません。

使い方を見てみましょう。
アプリを起動するとこの画面が表示されます。そしたら「ADD ONE」をタップしてイベントを登録します。
ADD ONEをタップ

画像選択

イベントの登録画面です。まずは写真を選択してみましょう。画面左上のアイコンをタップします。
写真アイコンをタップ

すると写真の選択画面に移ります。iPhoneのライブラリから自分の好きな写真を使うには、「ADD MY OWN PHOTO」を選択で追加することができまうが、無料版ではその機能は使えませんので、アプリ内課金で購入する必要があります。今回は、予めいくつかの写真が用意されていますので、それを使ってみたいと思います。写真を選択したら画面右上のチェックアイコンをタップします。
写真を選択

イベントタイトルの入力

続いてはイベントタイトルの入力です。右上の「NAME OF EVENT」とある四角い箇所をタップしてイベント名を入力します。
イベント名を入力

時間の設定

続いては時間の設定をしましょう。まずは「year」の丸アイコンをタップするとプルダウンメニューが表示されますので、年を選択します。
年を選択

同様に「month」のアイコンをタップして「月」を設定します。
月を選択

次は「day」をタップして「日」を設定します。
日にちを選択

ここまで来ると流れも分かるかと思いますが、次は時間の「hour」を選択。
時間を選択

最後は「分」の「minute」設定します。
分を選択

カウントダウンの単位を設定

時間の設定が完了したら今度はカウントダウンの単位を設定しましょう。
カウントダウンの単位とは「年単位」、「月単位」、「日単位」、「時間単位」、「分単位」、「秒単位」と好きな単位でカウントダウンができる仕様になっています。サンプルでは日にち単位でのカウントをするための「day」を選択しました。

なお、「年」、「月」、「日」と複数の単位を選択して設定することも出来るようになっています。
カウントダウンの単位を選択

リマインダー通知設定

最後はリマインダー通知設定です。5分前、15分前、30分前、1時間前、2時間前、1日前、1週間前、1ヶ月前と設定がすることができます。リマインダーのセットが完了したら、画面右下のチェックアイコンをアップしてイベントの登録を完了させます。
リマインダーを選択

登録が完了するとこのように一覧画面にリストとして表示されます。イベントを再編集したい場合はイベントのリストをダブルタップで再編集ができます。
カウントダウンが追加された状態

無料! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:3、2、1:生命のビッグ瞬間のイベントカウントダウン&タイマー(Instagramのエディション)
  • 販売者: Toto Ventures Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:11.0MB
  • バージョン(掲載時):1.1