定額制音楽配信サービスApple Musicの使い方

iOS 8.4のアップデートと共に使えるようになった定額音楽配信サービスApple Music。
音楽が売れなくなったと言われてから時間がだいぶ経ちましたが、新たな音楽の形として定額音楽配信サービスがスタートしました。

月額980円で数百万曲以上の曲が聴き放題できるこのサービスは、使ってみるとやはり好きな音楽を聴き放題できて、しかもレコメンド機能などにより新たな音楽に出会える機会もあり、音楽好きな人にとっては楽しいサービスではないでしょうか。

残念なところの一つに、音楽をダウンロードしてDJアプリdjay 2 for iPhoneで使おうとしたら使えない(ざっくりとしかみてないですが)のは置いといて、使い方について気になるポイントを紹介していきたいと思います。

続きを読む

目次

Apple Musicの使い方

それでは使い方を見てみましょう。

利用開始

Apple Musicは、iOS 8.4以降で使用可能になり、iPhoneのミュージックアプリを起動することで利用できます。
ミュージックを選択

起動したら画面下部の「For You」メニューをタップするとこの画面になります。
既にApple IDでサインしていると接続に失敗することもあり、エラーが表示されることがありますが、その場合には画面左上のプロフィールアイコンをタップして「サインアウト」を試してみましょう。

「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」をタップして次に進みます。
Apple Music For You

月額プランの選択

「個人」で使う人が多いかと思いますが、「個人」を選択して次に進みます。
Apple Musicの料金とプラン

そしたらApple IDのパスワードを入力します。
Touch IDは、iPhone 5S以降の端末に搭載されている機能です。
パスワードの入力

好きな音楽ジャンルの選択

続いては音楽ジャンルの選択。気になる音楽ジャンルは1回タップ、好きなジャンルは2回タップ、興味のないジャンルは長押しで削除します。
好きな音楽ジャンルの選択

好きなアーティストの選択

同様に好きなアーティストの選択。
気になるアーティストは1回タップ、好きなアーティストは2回タップ、興味のないアーティストは長押しで削除します。
一覧にない場合は「他のアーティスト」をタップするか検索してみましょう。
好きなアーティストの追加は後でも追加できますので、最低でも3つは選択しましょう。
好きなアーティストの選択

無料期間3ヶ月後の自動更新をオフにする

Apple Musicを開始すると無料期間の3ヶ月後が終わると、自動で有料の更新が行われるように設定がなされています。
無料期間だけ利用したい人は、予めオフに設定しておくといいでしょう。
画面左上の「プロフィール」アイコンをタップします。
プロフィールを選択

「Apple IDを表示」を選択します。
Apple IDを表示を選択

「Apple ID」のパスワードを入力します。
パスワードを入力

続いては、「購読」の「管理」を選択します。
購読の管理を選択

次は「Apple Musicメンバーシップ」をタップします。
Apple Musicメンバーシップ

後は「自動更新」をオフにするだけです。
自動更新をオフにする

My Musicにアルバムや曲を追加

画面下部メニューの「For You」では、選択した好きな音楽ジャンルやアーティストからApple Musicが様々な音楽をレコメンドしてくれたり、「New」メニューでは新しい音楽を紹介してくれます。

それらを聴いて気に入ったらアルバムや曲の横にあるメニューをタップしてMy Musicに登録しましょう。
メニューを選択

タップすると「マイミュージックに追加」という項目がありますので、それを選択。
マイミュージックに追加

そうするとMy Musicメニューのライブラリにアルバムや曲が追加されます。「マイミュージックに追加」で追加したこれらは、ライブラリにお気に入り登録されただけで、基本的にはストリーミング再生となります。
My Musicにアルバムや曲が追加される

音楽をダウンロードしてオフラインで再生する方法

基本的にストリーミング配信の音楽サービスとなっていますので、ネット接続ができない場所では使用することができません。

ネット接続ができない場所で音楽を聞くには予めiPhoneの端末にダウンロードしてオフラインでも再生出来るようにしておく必要があります。また、ダウンロードしておくことでストリーミング再生によるパケット制限を回避することができます。

アルバムのダウンロード

まずはアルバムのダウンロード方法を見てみましょう。
For YouやNewなどの画面から、或いは画面左上の検索欄で自分の好きなアーティストを検索します。
そしたら一覧にアーティストのシングル曲やアルバム、プレイリストなどの検索が一覧に表示されますので、ダウンロードしたアルバムの横にあるメニュー「・・・」ボタンをタップします。
アルバムのメニューボタンをタップ

表示されたメニューの「オフラインで再生可能にする」を選択します。
「オフラインで再生可能にする」を選択

すると画面下部の「My Music」のライブラリにアルバムがダウンロード開始されます。
My Musicに音楽だダウンロードされる

シングル曲のダウンロード

シングル曲のダウンロードも基本的にはアルバムのダウンロードと同じです。
その他のプレイリストも同様で、Apple Musicではミュージックビデオもダウンロードできるようになっていますが、動画は容量が大きいので気をつける必要があります。
シングル曲のダウンロード

オフライン再生のお薦めの使い方

iPhoneを使っている人で買い替えをして古いiPhoneを持っている人もいるかと思いますが、その古いiPhoneにこの「オフラインで再生可能にする」で音楽をダウンロードしておけば、メインのiPhoneの容量を圧迫することなく音楽を楽しむことができます。

或いはメインはiPhoneを使い、サブ機としてあまり使っていないiPadに入れるのもいいでしょう。

覚えておくと便利なオフライン再生可能な項目のみの表示

ダウンロードした音楽を聴く時に覚えておきたいのが、オフライン再生可能な項目のみの表示です。
これを設定しておくことでストリーミング再生の音楽は再生されなくなりますので、余計なパケット接続をしなくて済むようになります。
「My Music」の「アーティスト」を選択します。
My Musicのアーティストを選択

「オフライン再生可能な項目を表示」をオンにします。
なおストリーミング再生中に設定した場合は、その曲はそのまま最後まで再生されます。
オフライン再生可能な項目を表示

解約後のオフラインデータ

ちなみにApple Musicの月額での利用を止めた場合、それまでにダウンロードしたオフラインの音楽データは、残念ながら再生できなくなります。

全曲再生のやり方

意外と分からなかったのが、全曲再生のやり方です。

My Musicのライブラリに保存された音楽はアーティスト、アルバム、曲、ミュージック・ビデオ、ジャンル、作曲者、コンピレーションとカテゴリ分けしてくれるのですが、例えばアルバム別に曲を再生するとそのアルバムが全部再生終わると他の曲を再生してくれません。

全曲を一括で再生するには、「My Music」の「ライブラリ」の中にあるこのプルダウンメニューの「曲」を選択して再生してやれば全曲を一括で再生してくれます。
全曲再生のやり方

「次に再生」と「次はこちらに追加」の違いについて

曲やアルバムの横にあるメニューをタップすると「次に再生」と「次はこちらに追加」のメニューが表示されますが、これの動作について見てみたいと思います。
次に再生と次はこちらに追加

例えば、テイラー・スウィフトのアルバム「1989」で現在再生中の曲は1番目の曲ですが、次に再生する順番として、3曲目のBlank Spaceと4曲目のOut of the Woodsにするために、メニューの「次の再生」で追加します。
追加したら画面下部の再生中の曲のタイトルをタップします。
「次に再生」に追加

現在再生中の曲をタップするとこの画面が表示されますので、再生ボタンなどが表示されている横にある「次はこちら」のリストメニューをタップします。
再生リスト一覧

すると「次はこちら」のリスト一覧が表示されます。過去の再生履歴、次に再生される曲のリストが表示されますので、確認したら「完了」で閉じます。
「次に再生」に追加した音楽たち

そしたら他のアーティストの曲をそれぞれ「次に再生」と「次はこちらに追加」でそれぞれ追加してみます。
次に再生と次はこちらに追加にそれぞれ追加

すると「次に再生」は「次はこちら」の再生リストの先頭に追加され、「次はこちらに追加」は最後尾に追加されているのが分かります。
追加される位置

ステーションとは?

曲の横にあるメニュー「・・・」をタップすると、「ステーションを開始」というメニューがありますが、これをタップしてみてみましょう。
「ステーションを開始」を選択

すると、「Radio」とインターネットラジオに「ステーション」として追加されたのが分かります。
「ステーション」だと分かりづらいのですが、要はラジオに追加された「局」みたいなものだと思えばいいでしょう。日本のラジオで言えば、J-WaveとかTOKYO FM、TBSラジオのラジオ局みたいな感じですね。
ステーションに追加された音楽の曲を元に独自のラジオ局が作られ、それに基づいた音楽が流れる仕組みです。
これにより新しい音楽に出会えるチャンスが生まれるということです。
ステーションとは?

3D Touch

iPhone6sから搭載された3D Touch機能が、Apple Musicでも利用できます。

アルバムなどのジャケットを軽く押します。
Apple Musicでの利用

軽く押すとPeekと呼ばれる画面が表示され、さらにそこから上にスワイプするとサブメニューが表示されます。Peek画面を表示した状態でさらに深押しをするとPop画面に移動します。
Apple MusicでのPeekとPop

Connectはアーティストのつながりを持てる場所

特に画像での操作は説明しないですが、画面下部の「Connect」は自分の好きなアーティストをフォローして彼らから配信される情報をチェックすることができ、それらに対してイイねやコメント、共有などを行なうことができます。
言ってみれば、TwitterのタイムラインやFacebookのニュースフィードみたいなものです。

プレイリストの追加

メニュー「・・・」の「プレイリストに追加…」は、画面下部の「My Music」の「プレイリスト」で予め最初にプレイリストを作成しないと追加できません。

Apple Musicのオフ

Apple Musicを使わずに普通のミュージックアプリとして使う場合には、iPhoneの設定から非表示にすることができます。
iPhoneの設定

ミュージック

「Apple Musicを表示」をオフにする