デッサン人形不要!CGで人体ポーズが自由自在にできるアプリArtPose

デッサン人形不要!CGで人体ポーズが自由自在にできるアプリArtPose

iOS
4.51

絵を描く人がデッサン力を上げるための方法としてい人間を描くということがありますが、デッサン人形を利用している人もいるかもしれませんが、このアプリ「ArtPose」を使うといいかもしれません。

ArtPoseの主な特徴

自由自在にポーズを作成できる

ArtPoseは、コンピューターで描かれた人間のモデリングの関節を選択して、自由自在に動かすことができ、それによって様々なポーズを作成することができます。

また、作成したポーズやカメラアングルの保存、様々な角度からのライティングも可能です。

自分のイメージと違った場合には、ポーズの取り消しややり直しツールもあり、予め用意されたポーズを改良して自分の思い通りのポーズを作成することができます。

手軽に使えるので人体モデルのポーズをデッサンしたい人にはお薦めのアプリだと言えます。

紹介動画です。

今すぐアプリをダウンロード

上記のリンク先は男性版で、こちらが女性版になります。

ArtPoseの使い方

まずは基本操作から見ていきたいと思います。

カメラモードの操作

画面左下のアイコンをタップするとカメラモードになり、カメラアングルやピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小、2本指でパン移動ができます。
パン移動は、カメラアングルを固定したまま水平、又は垂直に移動します。
カメラの操作

続きを読む

カメラアングルの保存

画面下部の1から5までの番号アイコンは、カメラアングルを保存するためのもので、長押しすると緑色の波紋が表示され、そうなったら保存完了です。

後は、そのアイコンをタップするとすぐにそのカメラアングルが呼び出されます。
1に現在のカメラアングル、2以降はその他のカメラアングルを保存することで行ったり来たりが楽になるでしょう。
カメラアングルの保存

ポーズモード

画面右下のアイコンをタップでポーズモードになります。
ボディや掌をタップするとそれぞれ予め用意されたポーズが順次表示されます。
さっと見て、自分がイメージしているものに近いものがないかをチェックして、それを修正した方が早い場合があります。
ポーズの変更

ポーズの保存

ポーズは保存することができます。
ポーズモードで画面右上の「下矢印」アイコン、「Touch to save」とタップして、ポーズ名を入力、「Done」で保存できます。
ポーズの保存

ポーズの呼び出し

逆に保存したポーズの呼び出しを行うには「上矢印」アイコンをタップです。
ポーズのロード

ポーズのリセット

右上の消しゴムアイコンはポーズリセットのためのもので、デフォルトの両手を広げたポーズにリセットされます。

ポーズ変更した後に気に入らなかった場合に、取り消しを行いたい場合には「取り消し」アイコンをタップし、それを戻す場合は「やり直し」アイコンをタップします。
ポーズのリセット、取り消し、やり直し

ライトモード

画面左上のライトアイコンをタップするとライトモードになり、アイコンをさらにタップすると髪型が変わります。

また、画面をドラッグするとライトの方向を変更できます。
光の方向

サンプルポーズ作成

サンプルで2015年に話題だったラグビーの五郎丸選手のポーズを作成してみたいと思います。

まずはポーズモードであのポーズに近いポーズを探してみます。
これが比較的に近いかなと。
ランダムにポーズを表示

そしたら、カメラモードでカメラアングルを調整してやりやすいようにカメラを調整します。
カメラアングルを調整

まずは、足関節を動かしてみます。関節をタップすると緑色にポイントが変わりますので、そしたら画面を上下にドラッグしてふくらはぎのポジションを調整します。
膝の関節を調整

同様に足首の関節を調整します。これで地に足を着いてる状態に。
足首の関節を調整

右足がかなり浮いているいるので、腰辺りの関節を選択して右足を下ろします。
同様に画面をドラッグして角度を調整します。失敗したと思ったら取り消しアイコンを利用しましょう。
腰関節の調整

カメラモードに変えて他の角度で確認すると、ズレているのが分かりますので、再びポーズモードで微調整を行っていきます。
カメラアングルを切り替えて確認

場所によってはピンチアウトで画面を拡大して関節の選択、調整を行います。
顔が少し下を向いていたので上に上げてます。
拡大して調整

指の関節は基本的に動かせないので、予め用意されているポーズで使えそうなのを探します。五郎丸選手のそれっぽいのがありましたので、これを使ってみます。
指のポーズを変更

肩の調整は肩部分の関節を調整するのはもちろんですが、首筋のポイントを選択してさらに細かい調整を行います。少し調整が難しい場所かもしれませんが、ここは根気よくですかね。
肩の調整は奥の関節部分も

とまあざっくりと紹介したのですが、こんな流れでポーズを作成することができ、最後はカメラアイコンでそのポーズを画像に書き出すことができます。
カメラで画像に書き出し

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:ArtPose
  • 販売者: shawn ogle
  • 価格(掲載時): 360円
  • アプリサイズ:78.9MB
  • バージョン(掲載時):1.12