iPhoneの写真をバックアップする方法【アプリ/Mac/Windows】

iPhoneのカメラで手軽に写真や動画を撮れるようになりましたが、手軽な反面、その写真や動画の容量がiPhoneの容量を圧迫することになってしまいます。そこで、iPhoneの空き容量を増やすための写真のバックアップ方法について、それぞれiPhoneのアプリやPC(Mac・Windows)を使ったやり方を紹介したいと思います。

目次

アプリでバックアップをする方法

PC(パソコン)を使うのが面倒、あるいはPCを持っていないなら手軽にバックアップできるGoogleフォトアプリを使うことをお薦めします。Googleフォトは、Googleが推奨する設定さえやっておけば、容量無制限で写真をバックアップすることができます。

アプリのダウンロード

iPhone向けのGoogleフォトをインストールしていない場合は、下記のリンク先からアプリをダウンロード&インストールしてください。無料で利用できます。
‎Googleフォト

Googleフォトを使用するにはGoogleアカウントが必要です。持っていない人は下記を参考に作成してください。
Googleの新規アカウント/複数アカウントの作成方法

ログイン&初期設定

アプリを起動したらiPhoneの写真へのアクセスを求められますのでOKをタップして許可を出します。
iPhoneの写真へのアクセス許可

続いては通知の許可です。後でiPhoneの設定から変更することができます。
Googleフォトの通知許可

デフォルトの設定は下記のようになっていますが、高画質(無料、容量無制限)を選択したまま、ログインしてバックアップをタップします。
iPhoneの写真をバックアップするための設定

Googleのアカウントへのアクセス案内が表示されたら、そのまま続けるをタップします。
GOogleアカウントへのサイン

Googleアカウント用のメールアドレスを入力し、次に進みます。
Gmailの入力

続いてはパスワードの入力です。
Gmailアカウントのパスを入力

利用規約に同意します。
利用規約に同意

最後は確認をタップして完了させます。
Googleフォトへのログイン確認

Googleフォトに写真をバックアップ

ログインが完了したら写真の一覧が表示されますが、デフォルトの設定で、なおかつWiFiにつながっていれば自動で写真がアップロードされてバックアップが開始されます。

なお、WiFi環境にない場合は、手動でアップロードしてバックアップする必要があります。バックアップできてない写真はサムネイルの下に斜線の入った雲のアイコンが表示されますので、写真を長押しして選択します。日付を選択するとその日の写真を一括で選択できます。
アプリでiPhoneでバックアップしたい写真を選択 

そしたら、右上のサブメニューをタップして表示されたバックアップをタップするとアップロードが開始されます。なお、大量の写真や動画をアップロードするとパケット通信が発生しますので、基本的にはWiFi環境でやる事をお薦めします。
アプリでiPhoneの写真のバックアップ

写真や動画のバックアップ後の端末の空き容量を増やしたり、Googleフォトの詳しい使い方については下記を参照してください。
Googleフォトの使い方【iPhone編】

アプリから復元

基本的には上記のGoogleフォトのアプリをインストールして、ログインすればバックアップした写真にアクセスできるようになります。
なお、iPhone端末の写真アプリにダウンロードしたい場合は下記を参照にしてください。
Googleフォトで写真や動画をダウンロード保存する方法

Macでバックアップする方法

Macの場合には、Macの画面右上にある検索アイコンをクリックしてSpotlight検索を起動します。
MacのSpotlightを起動

そしたらイメージキャプチャと検索してイメージキャプチャのアプリを起動します。
Macのイメージキャプチャを起動

次は、ライトニングケーブルを使ってiPhoneとMacを接続します。するとイメージキャプチャのアプリの左サイドに端末名が表示されますので、それをクリック。後はバックアップしたい写真を選ぶか、「command + a」で写真を全部選択してフォルダにドラッグ&ドロップです。
MacでiPhoneの写真をバックアップ

Mac本体ではなくUSBメモリに保存する場合は、さらにMacにUSBメモリを挿して保存先をそこに指定すればOKです。

Windowsでバックアップする方法

ライトニングケーブルを使ってiPhoneとWindowsを接続します。PCドライブの直下に接続したiPhone端末の名前が表示されますので、それを右クリックし、表示されたメニューの画像とビデオのインポートを選択します。
WindowsでiPhoneの写真をバックアップ

下記ウィンドウが表示されたら、すべての新しい項目のインポートを選択してインポートをクリックします。個別に写真をインポートしたい場合は、「インポートする項目を確認、整理、グループ化する」を選択してインポートしてください。個人的には、すべてをインポートしてから取捨選択した方が整理しやすいです。
WindowsでiPhoneの写真をインポートする設定

インポートが完了すると、PCドライブの中のピクチャフォルダの中に日付入のフォルダが作成されています。あとは好きなように整理するだけです。
Windowsにバックアップされた写真の場所

USBメモリに保存したい場合は、上記の手順で一旦インポートしてからUSBメモリをWindowsに挿し込んで、そこにドラッグ&ドロップをすればOKです。
WindowsでiPhoneの写真をUSBメモリに保存

iCloud&iTunesへのバックアップ

iCloudは、無料で利用できる容量は5GBまでとなっています。近年のiPhone端末の性能向上により写真や動画の容量が大きくなっていますので、5GBではすぐに容量が足りなくなってしまいます。なので、写真のバックアップはアプリでバックアップをする方法で紹介したGoogleフォトのアプリを使うことをお薦めします。

iTunesへの写真のバックアップですが、これはiPhone全体をバックアップする時に使いますので、場合によっては時間がかかります。なので、写真のみのバックアップをするなら上記のアプリか、Mac、Windowsでの方法をお薦めします。