ダイエットに関するコラムも読めるダイエットアプリ「カロミル」

iOS
4.71

ダイエットアプリ「カロミル」について紹介します。

カロミルの主な特徴

栄養のバランスがレーダーチャートですぐに確認できる

カロミルは、摂った食事のカロリーを管理できるダイエットアプリで、入力したデータはすぐにレーダーチャートで栄養素のバランスを確認することができます。
カロリーをコントロールしてダイエットするのはいいですが、バランスのとれた食事管理をすることで健康なダイエットが実施できると言えます。

食事のカロリーは基本的に予め登録されているので、それを検索するか、自分で登録、或いは栄養士に依頼することもできます。

ダイエットに関するコラムが読める

単にとった食事のカロリーを記録するだけではなく、様々なWebメディアのダイエットに関する記事も予め、リンクされており、より知識を高めながら目標に近づけることができるのではないでしょうか。

分析機能では、様々なアドバイスが見れたり、今後のアプリのアップデートでは、AI(人工知能)によるパーソナルトレーナーが体重、体脂肪率の予測、その他のアドバイス機能を提供する予定となっています。無料でここまで利用できるという意味ではかなり良質なアプリと言えます。

無料!今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

カロミルの使い方

通知許可

アプリを起動すると通知許可を求められます。きっちりとダイエットしたいなら許可をしておく事をお薦めします。
AIがサポートしてくれるダイエットアプリ

ユーザー登録

続いてはユーザー登録ですが、メールで今回は登録しますので、「新規登録はこちら」を選択。
カロミルの登録画面

メアドとパスワードを入力して「登録」で次に進みます。
メールとパスの登録

ユーザー情報の入力

続いては名前や、性別、生年月日、身長、体重などを登録していきます。
体脂肪率は、体脂肪率を測れる体重計がある場合にはそれを使うといいですが、ない場合にはAmazonなんかで買うか無視しましょう。

ユーザー情報を登録

「活動レベル」は普段の生活の運動量についてです。「活動レベルについて」をタップして内容を確認した上で自分に当てはまるものを選択しましょう。
食事の割合も案内にある通り、10になるように設定して「登録」で次に進みます。
普段の運動量を登録

体重目標

続いては体重の目標です。目標日と目標体重を入力して登録します。
体重の目標設定を入力

食事の登録

ユーザー情報や目標体重の入力が終わるとTOP画面に移動します。
早速、食事の登録を行ってみましょう。「食事登録」をタップします。
食事登録を選択

続いてはサンプルで「朝食」を選びます。
朝食を選択

食事の登録方法はいくつかありますが、初めての場合は「メニューから検索」が一番楽でしょう。
メニューから検索

サンプルで「焼き鮭」を検索してみました。すると下記の画面のように検索結果が標示されました。慣れている、または同じものを登録するなら、それぞれの食事の左にある「登録」をタップすることですぐに登録が完了できますが、さらに細かく見て行くってことでデニーズの「焼鮭定食」を選択してみます。
食事を検索してタップ

ここではメニューの細かいデータを見れる以外に、食べた量を選択することができます。必要に応じて選択、登録をします。これで食事の登録は完了です。
食事を食べた量を登録

キーワード検索時について

食事メニューの検索時で気をつけたいのがキーワードの入力方法です。
例えば、「シーチキンおにぎり」と「シーチキン おにぎり」のように、単語と単語の間にスペースがあるかないかで検索結果が異なってきますので、検索結果にないなと思ってみたらスペースが空いてるか確認してみましょう。
食事検索時の注意

自分で栄養素を入力

検索した食事が検索結果になかった場合、自分で登録することができます。
食事登録メニューで「自分で栄養素を入力」をタップ。
自分で栄養素を入力

画像の登録や名前、カロリー、タンパク質、脂質、炭水化物、塩分、ナトリウムなど、分かる範囲で登録をします。
チリトマトヌードルのカロリーは340kcal

データが分かる場合にはいいですが、それでも分からない場合には栄養士に依頼するのもいいかもしれません。

夕食の登録

夕食の登録についてですが、朝食や昼食と違って夕食を食べた時間を選択する必要があります。内容にもよりますが、食事をしてから3時間前後で食べたものを消化すると言われていますが、そういう意味で言うと食事をとった時間によって体重の増減に影響すると言えるでしょう。
夕食を食べた時間

Myメニュー画面の操作

Myメニューはよく登録する食事メニューをお気に入り出来る機能です。Myメニュー画面では、リストを左スワイプで編集や削除が素早く行えます。
また、画面左端を右スワイプで素早く前の画面に戻ることができます。
Myメニューの操作

運動の登録

カロリーダイエットは、食事によるカロリーをコントロールすることはもちろん、運動することによってもコントロールすることができます。
運動のカテゴリ、内容、時間を選択して登録するだけです。
運動の登録

体重の入力

TOP画面の左上に体重を入力する欄があり、朝と夜で入力することができます。朝は忙しい場合もあるでしょうが、夜はなるべく入力することでレコーディングダイエットとしての意識を高め、目標に近づくことができます。体脂肪率については冒頭でも述べたとおり、体脂肪率を測れる場合に入力するといいでしょう。
その日の体重を登録

過去の食事データの入力

例えば、昨日の食事を登録し忘れた場合は、登録時にカレンダーを過去の日付に変更することで過去に遡って登録することができます。
過去の体重データを入力

TOP画面では、レーダーチャートによる栄養素のバランスを簡単にできるようになっています。
画面を左右にスワイプすることで前後の日付に移動することができ、移動した先で食事の登録をすることも可能です。
画面操作で前後の日付を移動

分析やコラム

その他のメニューでは日々の登録した内容に応じて分析結果を確認することができたり、ダイエットに関する様々なウェブメディアの記事を閲覧することができます。ダイエットの記録だけではなく、ダイエットに関する記事をこのアプリでチェックできるということは、結構便利なアプリではないかと言えます。
ダイエットに関するコラムが読める

無料! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:カロミル 簡単に食事・運動記録で栄養管理できる無料ダイエットアプリ
  • 販売者: Life Log Technology, Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:81.4MB
  • バージョン(掲載時):2.3.4