iPhoneの連絡先を一括削除できない場合の対処法

iPhoneの連絡先を一括削除できない場合の対処法について紹介します。

iPhoneの連絡先を一括削除できない場合の対処法

目次

一括削除の方法

まずは、一括削除の方法を見てみましょう。

iPhoneの設定を開いたら、登録しているiCloudアカウントを選択します。(iCloudにサインインしていない場合は、しておきます)
iPhoneの設定を開く

続いてはiCloudを選択します。 
iCloudを選択

連絡先欄の右端にあるスイッチをオフにします。(緑はオン)
iPhoneの連絡先をオフにする

すると下記のようなメニューが表示されますので、iPhoneから削除を選択します。
iPhoneの連絡先を削除

実際に削除されたかを確認るには、連絡先アプリを開きます。
iPhoneの連絡先アプリを開く

この通り削除されているのが分かりますが、完全に連絡先が削除されたわけではありません。
連絡先が削除されていることを確認

iPhoneでは完全に連絡先を削除できない理由

上記の通りにやればiPhoneに登録している連絡先を一括削除できますが、実は連絡先のスイッチをオンにすると再び連絡先が復活するようになっています。

これはどういうことかというと、連絡先のスイッチがオンの状態はiCloudと連携しているということを意味し、常にiPhoneに登録した連絡先のデータがiCloudにバックアップされているため、iPhone内の連絡先のスイッチをオフにするとiCloudとの連携同期が解除され、iPhone内の連絡先を全て削除してもiCloudの連絡先のバックアップは残っているとためです。

なので完全に削除したい場合は、PCを使ってiCloudにアクセスして削除する必要があります。

iCloudで連絡先を完全に削除する方法

バックアップのすすめ

iCloudで連絡先を完全に削除すると復元できなくなりますので、バックアップしておくことをお薦めします。

バックアップの手順ですが、まずは下記のURLにアクセスしてApple IDでサインインします。
https://www.icloud.com/#contacts

下記のような画面が表示されたら下記のように操作して、連絡先を全て選択します。

  • Windows
    Ctrl + A
  • Mac
    Command + A

連絡先を全て選択したら、画面左下の設定アイコンクリック、表示されたメニューのvCardを書き出す…を選択してvCardを書き出します。vCardは連絡先の情報が保存されたデータで、そのデータを読み込めば復元ができます。
iCloudで連絡先のバックアップ

iCloudで連絡先を一括削除

一括削除の方法ですが、まずは上記同様に操作して連絡先を全て選択します。

  • Windows
    Ctrl + A
  • Mac
    Command + A

そしたら、キーボードのデリートキーを押せば削除できます。あるいは、画面左下の設定アイコンクリック、表示されたメニューの削除を選択です。
iCloudで連絡先を一括削除

関連記事