iPhoneでカレンダーを共有できない場合の対処法

iPhoneのカレンダーを使っていて家族などと共有したい時があるかと思いますが、パッと見、カレンダーの共有ができない!?と思ってしまいますが、その仕組を理解することで簡単に共有ができます。

目次

iCloudとカレンダーを同期

iPhoneのカレンダーを共有するには、サーバー上にあるiCloudと連携同期をする必要がありますので、まずはそのやり方から。

iPhoneの設定から自分のiCloudのアカウントを選択します。サインインしていない場合は、タップしてサインインしてください。
iCloudのアカウントを選択

続いてはiCloudを選択します。
iCloudを選択

そしたら、カレンダーの横のスイッチがオンになっているかを確認します。緑色がオンの状態で、これでiCloudと連携同期されます。
カレンダーをiCloudと連携同期

次はiPhone標準のカレンダーアプリを開いて画面下部のカレンダーを選択します。
iPhoneのカレンダーアプリを開く

そしたら見出しにiCloudとある箇所のカレンダーにチェックを入れます。サンプルの場合は、「自宅」と「職場」となっています。これで準備ができました。
iCloudのカレンダーを連携同期

カレンダーの共有

カレンダーの共有は2通りあり、1つ目はカレンダーを丸ごと共有することでお互いに追加した予定が常にお互いに共有できる方法と、個別の予定のみを共有する方法があります。まずは、カレンダーを丸ごと共有する方法を紹介したいと思います。

そしたら、カレンダーアプリを開いて画面下部のカレンダーを選択します。
iPhoneのカレンダーアプリを開く

次はiCloudのカレンダー「自宅」の右横のiアイコンをタップします。
iPhoneのiCloudカレンダーを選択

続いては個人を追加を選択します。
個人を追加を選択

次は右横の+アイコンをタップします。
追加アイコンをタップ

すると、連絡先に登録してある人の一覧が表示されますので、共有したい相手を選択します。なお、メールアドレスが登録されていない人は登録できないので注意が必要です。また言うまでもないですが、Androidの人とは共有できません。
予定を共有する個人を追加

カレンダーは複数の人と共有できますので、更に追加したい場合は同様の手順を繰り返し、終わったら追加をタップします。
追加をタップして完了させる

後は右上の完了をタップすると、共有した相手に通知が届きますので参加するのを待ちます。
カレンダー共有する人の追加完了

個別の予定を共有

今度は個別の予定のみを共有する方法を見てみましょう。

カレンダーアプリを開いたら右上の予定追加+アイコンをタップします。
iPhoneのカレンダーで予定を追加

そしたら、イベント名を入力し、カレンダー欄のカレンダーがiCloudのカレンダーになっていることを確認したら、予定出席者をタップします。
予定出席者を選択

続いては右端の+アイコンをタップします。
追加アイコンをタップ

表示された連絡先の中から共有したい相手を選択します。先程と同様ですが、メールアドレスが登録されていない連絡先は追加できません。
予定を共有する個人を追加

個別の予定の場合も複数の人と共有できますので必要に応じて追加し、終わったら完了をタップします。
完了をタップ

新規イベントをタップして戻ります。
新規イベントをタップして戻る

後は必要に応じて内容を入力して、右上の追加をタップして作業を完了させます。
追加をタップして作業を完了

カレンダー共有の解除

共有しているiCloudのカレンダーを選択します。
iPhoneの共有しているカレンダーを選択

共有相手を選択します。

共有を停止をタップで、カレンダーの共有が完了します。
iPhoneカレンダーの共有停止