iPhoneで「Mizuho Suica」をチャージする方法

2018年8月1日、みずほ銀行とJR東日本がApple Payを使った新たなモバイル決済サービスMizuho SuicaをiOS向けにサービスを提供開始しました。

これまで、iPhoneでのSuicaにチャージする方法として、コンビニかクレジットカードでやるのが主だったのですが、コンビニへの立ち寄りを忘れた、クレジットカードを持っていない、使いたくないなどの場合に、みずほ銀行の口座を持っていればチャージできることになり、利便性が高まりました。

そんなわけで、みずほWalletアプリを使ってiPhoneのSuicaにチャージする方法を紹介したいと思います。

目次

利用条件や注意しておきたいこと

みずほSuicaを利用する場合には、下記の条件を満たしていることや注意すべき事がありますので確認しておいてください。

  • 日本国内在住で満13歳以上、みずほ銀行に普通預金口座を持っている個人
  • チャージ(入金)限度額は、20,000円
  • 特急券・グリーン券・定期券の発行、オートチャージ、Suicaキャンペーンは対象外
  • チャージは、みずほWalletのアプリ内のみ、Apple Walletからはチャージできない

チャージ利用可能時間帯(日本時間)

なお、チャージの利用可能時間帯外の場合には、チャージできないのでこれも気をつけたいところです。

  • 月曜日~金曜日…24時間
  • 土曜日…0時00分~22時00分
  • 日曜日…8時00分~24時00分

※土曜日22時00分~翌日曜日8時00分、および毎月第1、第4土曜日3時00分~5時00分はご利用いただけません。

みずほWalletアプリのダウンロード

Apple WalletにみずほSuicaのカードを追加するには、予めみずほWalletアプリのダウンロードをしてインストールしておく必要があります。

アプリはApp Storeから予めダウンロードしておきます。
みずほWallet

引落口座、Apple Payの登録

アプリを起動したら案内があり、それが終わるとこの画面になりますが、Mizuho Suicaを発行をタップします。
iPhoneでみずほSuicaを発行

手順が案内されますが、ここでは「OK」をタップして次に進みます。
Mizuho Suica発行の案内

続いてはMizuho Suicaのチャージ用口座の預金種目、支店名、口座番号を入力します。これらの情報はキャッシュカードに記載されていますので、それで確認するといいでしょう。終わったら右上の次へをタップします。
スイカチャージ用のみず銀行口座を入力

今度は氏名とフリガナを入力して、次に進みます。
スイカチャージ用のみずほ銀行口座名義人を入力

次はMizuho Suicaに登録する基本情報の登録です。性別、生年月日を入力して次に進みます。
みずほ銀行の基本情報を入力

同様に今度は携帯の電話番号、郵便番号を入力します。いずれもハイフン(-)は、必要ありません。
Mizuho Suicaに登録する基本情報

続いては引落口座の設定です。引落口座ページへのアクセスするためには、カード暗証番号ログインを行うか、みずほダイレクトを使ってログインします。キャッシュカードの暗証番号さえ分かれば登録が簡単にできる「カード暗証番号ログイン」を今回は利用したいので、「普通預金口座をお持ちのお客様はこちら」をタップします。
みずほ銀行引き落とし口座の選択

「個人情報の取扱に同意します」にチェックを入れて、「カード暗証番号ログインを」タップします。
みずほ銀行のカード暗証番号ログインを選択

登録した情報を確認したら画面を下にスクロールして、認証情報として生年月日、キャッシュカードの暗証番号を入力して、「ログイン」ボタンをタップします。
みずほ銀行引き落とし口座の認証情報

次は「メールアドレス」を入力し、みずほ銀行からのお知らせについて受け取りたくない場合は「いいえ」にチャックして次へ進みます。
みずほ銀行登録のメールアドレスを入力

最後は確認で「預金口座振替約定を確認しました」にチェックを入れます。
預金口座振替約定の確認

さらに画面下にスクロールして内容を確認しつつ、「お申込み内容を確認しました」にチェックを入れて、「口座振替申込」ボタンをタップします。
みずほ銀行口座振替申込み

上記の作業で一旦みずほ銀行口座の登録は完了で、「収納企業サイトへ戻る」をタップして戻ります。
収納企業のサイトへ戻る

続いてはチャージ金額を選択して「次へ」進みます。
iPhoneにチャージする金額を設定

セキュリティのためにパスコードを設定します。
みずほSuicaのパスコード設定

今回はiPhone Xを使ったのでFace IDを利用しますかと聞かれますので、ここでは利便性を考えて「はい」にしていますが、iPhone X以外の場合には、3Dタッチによる認証となります。もちろん、使用しない場合は「いいえ」を選択してください。
みずほSuicaでのFACE IDの使用

今度はApple Payにカードを追加します。そのまま「次へ」をタップします。
Apple Payにカードを追加

Apple Payの利用規約に「同意する」をタップして「次に」をタップして、しばらく待てばApple WalletにMizuho Suicaのカードが追加sれます。
Apple Payの利用規約に同意

チャージ方法

上記の引落口座、Apple Payの登録が成功するとこのように表示されますので、次回からのチャージは金額を選択し、チャージボタンをタップします。
iPhoneにMizuho Suicaのチャージする

確認案内が表示されますので、再度、チャージを選択してチャージします。
iPhoneにみずほSuicaのチャージを確定

登録できない場合の対処法

引き落とし口座の設定が完了してもすぐに反映されず、下記のように「現在、このMizuho Suicaはご利用になれません。E1286」と表示され、登録できない場合があります。その場合には、しばらく時間を置いて待っても変わらないようであれば、再度登録をするために画面右上の「i」アイコンをタップします。
iPhoneでMizuho Suicaの登録できない場合

もう一度、「Mizuho Suicaを追加する」を選択して、先ほどと同様に追加していきます。
登録できない場合はもういちどMizuho Suicaを追加してみる

なお、もう一度Mizuho Suicaカードを追加すると、AppleのWalletアプリには、2つのカードが追加されることになりますので、Walletアプリを開いて、チャージされてない方を確認して削除しておくといいでしょう。Walletのアプリは、このアイコンです。
Apple Walletのアイコン

登録しているカードの一覧が表示されますので、登録したMizuho Suicaのカードをタップします。
Apple Walletアプリを起動

チャージされていない場合には、右下の「i」をタップします。
Apple Walletアプリのiをタップ

画面をスクロールして「カードを削除」を選択します。
Apple Walletで不要なMizuho Suiaを削除

Apple Walletでの複数のSuicaカードの切り替え

iPhone XにSuicaを追加する方法の記事で紹介したように、通常のスイカカードを登録して、なおかつこのMizuho Suicaを追加するとApple Walletに複数枚のスイカカードが追加されることになります。

なので、複数枚追加した場合は、メインで使用するカードを指定してやる必要があります。その手順を見てみましょう。
Apple Walletを開いたらMizuho Suicaのカードを長押しすると上下にドラッグできるようになりますので、下にドラッグします。
Apple Walletを開いて、Mizuho Suicaを長押し

そうするとこのように案内が表示されますので、「OK」を押せば変更が完了します。
Mizuho Suicaをメインに変更

なお、実際に店舗で決済をする場合には、iPhone Xの場合には、電源ボタンを2回押してFace IDで認証をし、iPhone X以外の場合にはTouch IDに指を乗せずに決済端末にiPhoneをかざしてからTouch IDで認証をします。

Face IDやTouch IDを利用せずにかざすだけで決済をしたい場合は、下記の設定がさらに必要となります。

iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」を選択します。
WalletとApple Payを選択

続いては、「エクスプレスカード」を選択します。
エクスプレスカードを選択

後は、Mizuho Suicaを選択すれば、かざすだけで決済ができるようになります。
Mizuho Suicaを選択

関連記事