白黒写真の一部をカラー化する写真加工アプリColor Accent

白黒写真の一部をカラー化する写真加工アプリColor Accent

iOS
4.11

雑誌やテレビなどの広告などで見かけることがある白黒写真の一部をカラー化したオシャレな表現手法がありますが、それをiPhoneのアプリでも手軽に実現できます。

Color Accentの主な特徴

簡単に白黒写真の一部をカラー化できる

Color Accentは、カラー写真の一部分をカラーとして残してその他の部分を白黒のモノクロに変換してくれる写真加工アプリです。

カラーとして残したい箇所はタップするだけで自動でその色を検出してくれますが、細かい部分では多少の修正作業をが必要となりますが、雑誌広告のように一部分をカラーとして表現したい人は使ってみることをお薦めします。

オリジナルの写真の色をそのまま残せることもできますが、色を合成して単色で残せることもできます。

今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Color Accentの使い方

写真選択

アプリを起動するとカメラロールの写真が一覧で表示され、それを選択することですぐに作業に入れます。
画面左上の「Auto」を「Manual」に切り替えることができますが、ここはオートのまま作業を進めます。
Color Accentの使い方

一部をカラーとして残したい色を選択

写真を選択したら一部をカラーとして残したい部分をタップします。
タップすると左下に色が追加されますので、「Apply」をタップして適用します。
残したい色をタップ

次の画面ではこのように選択した色に近い色以外の部分が白黒に自動でなりました。
オートはこのように選択した色から自動でカラーとして残す場所を検出してくれるのです。
しかし選択したハイビスカスの色が完全に選択できていませんので、「Back」で一旦戻ります。
Backで戻る

戻ったら画面左下の「+」をタップしてさらに残したい部分の色を追加します。
画面を長押で拡大できますので調整して色をピックアップします。ちなみに「Undo」は追加した色を全部取り消してしまいますので、気をつけてください。
色を追加できたら再び「Apply」をタップします。
残したい色をピックアップ

色の調整

「=」のアイコンをタップするとこのように「彩度、色調、しきい値」の調整を行うことができ、選択した部分の色を調整することができ、単色にすることもできます。
終わったら「Apply」です。
彩度などの調整

不要な部分を塗りつぶす

ハイビスカスの色はなんとか選択できたのですが、余計な部分までも選択されてしまいましたので、その部分を「B&W」を選択して白黒として塗り潰していきます。
白黒で不要な部分を塗りつぶす

オリジナルの色で塗りつぶす

カラーを選択して白黒の部分を塗りつぶしていくと写真の元の色で塗りつぶすことができます。
(塗りつぶすというか、復元?)
そのままで塗り潰すには辛いので画面を思いっきり拡大して塗りつぶしましょう。
Colorで塗りつぶし

Hueの色で塗りつぶす

上記画面の「Hue」の横にある上向きのアイコンをタップすると、左右にスワイプして色を選択できる画面になります。
この色を使って単色で塗りつぶしができますので、選択したら「Pick」をタップして戻ります。
カラーを選択

塗りつぶすというよりは色が合成されるというイメージでしょうか。
なお「Color」と「Hue」で塗りつぶしたをやり直す場合には、一旦、「B&W」を選択してそこを塗りつぶす形になります。
ざっとこんな感じで「Save」を選択すれば、カメラロールに保存されます。
Hueで塗りつぶし

マニュアルモード

自動でうまく色が選択できない場合は、マニュアルモードでやった方が早い場合もあります。
Colorを選択して塗りつぶします。
マニュアルモード

そしたら「B&W」ではみ出した部分の調整を行えば完成です。
こっちの方が簡単かもしれませんね。
拡大して塗りつぶし

セピア調

写真選択画面で設定を選択するとセピア&高解像度の設定を行うことができます。
設定

セピア調の場合、「B&W」が白黒ではなくセピア調で塗りつぶしが行われていきます。
セピア調の写真に仕上げる

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Color Accent
  • 販売者: 205L Studio
  • 価格(掲載時): 100円
  • アプリサイズ:4.1MB
  • バージョン(掲載時):2.5