豊富なデザインが魅力的なカウントダウンアプリ「カウントダウンウィジェット」

iOS
4.41

カウントダウンウィジェットの主な特徴

豊富なデザインテンプレートが楽しい

「カウントダウンウィジェット」は基本的にカウントダウンアプリとなっていますが、テンプレートと呼ばれる豊富なデザインテンプレート用意されており、カウントダウンの画面を楽しく飾りたいと思う人にはお薦めのアプリです。

ウィジェット画面も色とりどりに飾れる

このデザインテンプレートは、アプリ内の画面だけではなく、ウィジェットにも同様に様々なデザインが表示されます。気持ちがわくわくする、そんなカウントダウンアプリだと言えます。
基本的には英語のアプリとなっていますが、無料で試せ、この記事では使い方も紹介していますので、まずは基本的な使い方をマスターして気に入ったら他のデザインテンプレートも購入を検討してみるのもいいでしょう。普通の味っけないカウントダウンアプリに飽きた人にはお薦めです。

無料!今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

カウントダウンウィジェットの使い方

通知の許可

アプリを起動したら通知許可を求められますので、「許可」を出しておきます。
カウントダウンウィジェットの使い方

イベントの追加

続いてはこんな画面が英語で表記されていますが、気にすることなく画面下部の「+」をタップしてイベントを追加していきます。
イベントの追加

テンプレートの選択

続いてはテンプレートの選択です。タイトルの横に鍵アイコンがあるものは基本的に有料となります。初めての場合は、無料のテンプレートを使って気に入ったら購入するようにしましょう。無料のテンプレートはタイトルの横にチェックアイコンがあるものです。今回はサンプルで父の日のテンプレートを使ってみます。
父の日のカウントダウン

イベントの詳細入力

父の日とは関係なくイメージに合う感じで選択したので今回はサンプルで「パパの誕生日」ってことで話を進めます。
まずはTextの欄にはイベント名を入力します。
イベントのタイトル

続いては日付の設定です。日付、時間とは別々に設定することができます。終わったら「Done」をタップして完了します。「Done」は「完了」という意味で、色々なアプリで使われれますので覚えておくといいでしょう。
日付の設定

続いては、ユニットの選択です。ユニットとはデフォルトのように、指定した日付までの「月」、「週」、「日」をそれぞれ表示してくれるものですが、これをカスタマイズして、例えば、「年単位」、「時間のみ」のみようにカスタマイズして表示させることができます。デフォルトのままでもいいし、変更しても構いません。終わったら「Done」です。
ユニットの登録

テンプレートのサイズは「Small(スモール」と「Large(ラージ)」がありますが、デフォルトのラージがいいでしょう。基本的な入力は以上ですが、さらにオプションを見てみましょう。
その他の設定

色の変更

こだわりたい人は、テンプレートの文字色や背景色もさらに変更することができます。
文字色、背景色

色で気をつけたいことがありますが、それは無料で色を使えるのは限られているということです。他のカラーを選択するには有料購入する必要があります。まー無料で限られているのはしょうがないですね。
また無料で利用できる色はこんな色があります。

  • TRANSPARENT (透明)
  • TRANSLUCENT BLACK (黒の半透明)
  • TRANSLUCENT WHITE (白の半透明)
  • PURE BLACK (黒)
  • PURE WHITE (白)

色の変更

リマインダー通知設定

先程登録したイベントの日時ですが、指定したその日が来ても通知がなされません。あくまでもカウントするだけです。なので、リマインダー通知がほしい時は個別にここで設定する必要があります。設定は先程の日時設定と一緒です。ちなみに通知をオフにしたい場合は「Turn off」を選択します。
通知日時の設定

最後はウィジェットへ表示するかどうかの個別スイッチですが、ここはお好みで。終わったら「Done」で完了します。
ウィジェットへの表示・非表示

無料だけどツイートが必要

父の日のテンプレートは無料で使えますが、よく見ると「Free with sharing (拡散したら無料」とあります。ぬぬぅ。しょうがないので「Share on Twitter」でツイッターに投稿してみます。
Share on Twitterを選択

そしたら「投稿」を選択して投稿します。
投稿を選択

後は「Close」で閉じて、再度「Done」をタップして完了します。これ以降は共有する必要がなく使えるようになります。
閉じる

イベントの共有

「Close」をタップするとさらに何か案内が出てきました。作成したイベントを同じアプリを使っているユーザーに共有できるという案内です。もちろん、「No」で閉じても構いません。ここではサンプルで共有してみたいと思いますので、「Yes」をタップ。
カウントダウンコードの発行確認

そうするとこんな感じで9a0nkgoというコードが表示されました。これをそのままシェアする感じです。
カウントダウンコードの発行

コードを受け取った人は

画面右下の「SHARED」をタップして、「Enter countdown code」をタップでコードを入力すればOKです。
カウントダウンコードの入力

ウィジェットの表示

画面上部から通知センターを引っ張ったら「編集」をタップ。
通知センターを開く

「My Countdowns」を追加して完了。
My Countdownsを追加

こんな感じで表示されます。
ウィジェットに表示された!

有料版の購入方法

テンプレートのルビーアイコンをタップ。
購入方法

一番オトクなのは「Super Stylish pack」ですが、もちろんお好みで。
様々な商品

無料! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:カウントダウンウィジェット - ユニークで面白いカウントダウン
  • 販売者: Tien Long Nguyen
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:32.6MB
  • バージョン(掲載時):1.0.3