美麗なカウントダウンアプリDreamdays

美麗なカウントダウンアプリDreamdays

iOS
4.51

iPhone用のカウントダウンアプリは色々とありますが、その中でも際立った美麗な写真を使ったDreamdaysはシンプルでクオリティの高いものとなっています。

Dreamdaysの主な特徴

シンプルなデザインと美麗な写真が好印象なカウントダウンアプリ

凄くシンプルでありながらiOS 7に最適化されたデザイン、そして美麗な写真が使われているこのアプリを使っていると、このアプリのコンセプトがまるで手にとるように分かるような気がしてきます。

例えば大事な彼女彼氏との記念日や誕生日などをカウントダウンする、それはまるで夢のような美しい光景で彩られるものであると訴えかけているようです。
アプリの名前もそこから名付けられたのではないかと推測できます。

自分の好きな写真を飾れる

カウントダウンのイベントは自分の好きな写真を添付できるので、例えば、大好きな歌手やアイドルのライブやコンサートなどのカウントダウンイベントを登録することで、気分も間違えなく上がることでしょう。

パスコードロック機能

誰かに見られたくないイベントを登録した場合でも安心のパスコードロック機能が付いています。

App Storeから削除されたようです。似たようなこちらのアプリもチェックしてみてください。
記念日のカウントにおすすめなアプリ365

このアプリはApp Storeから削除されました

Dreamdaysの使い方

アプリを起動したら通信の許可を聞かれるので、「OK」を選択します。
許可しないと指定のカウント予定日に通知されません。
Dreamdaysの通信許可

メインのトップ画面ですが、予めサンプルのイベントが登録されており、不要な場合は左にスワイプで削除できます。
画面右上の「+」で早速新しいイベントを登録してみましょう。
メイン画面

続きを読む

イベントの新規作成画面です。
イベント名に絵文字を使うと表示がおかしくなるようなので、使わないようにしましょう(顔文字はOK)。
トップに表示されるイベントは基本的に時間順で表示されますが、「カバーとして設定」を「オン」にすることでトップに固定することができます。
イベントの新規作成

カテゴリは予め「記念日、誕生日、休日、学校、生活」の5つが用意されていますが、これ以外にも追加したい場合は「カテゴリの新規作成」をタップして、「デート」などのようにカテゴリ名を入力し、最後に「+」で新規追加されます。
カテゴリの設定

繰り返し設定では、毎週、隔週、毎月、3ヶ月、6ヶ月、毎年が選択できます。
彼氏彼女の誕生日や記念日を「毎年」に設定しておけば、ワクワク感が増すし、経過年月日のカウントアップもできるので、年齢確認(笑)とかも忘れずにできちゃいます。
繰り返し設定

写真は予め用意されたものや新たにカメラでの撮影、或いはカメラロールから選択できます。
ここでサンプルで「背景の選択」で予め用意された写真を見てみます。
背景の選択

デフォルトの写真以外の背景はアプリ内課金で別料金となっていますが、レビューを書くことによって無料で使えるようになると記載がありますが、まったくもってレビューを書かなくても無料で利用できるようになります。

レビューの案内画面が表示されたら一旦レビューをタップして、App Storeのアプリ画面に飛んだら、その画面を閉じて再度戻ってくると使えるようになります。

写真の選択画面ではイメージに合った写真を選択します。
背景用写真の選択

選択したら画面右上の「完了」。
購入するかレビューでゲット

もちろん自分の好きな写真を使うのもいいでしょう。
最近のiPhoneのカメラの性能向上や、カメラアプリを使うとそれなりに良さ気な写真も作成できるようになったので、色々と試してみるといいでしょう。
自分の写真を使ったイメージ

上記の編集画面をタップするとカウントダウンの日付表示の仕方「日数」から「月数、日数」に切り替ります。
カウントダウンの表示切り替え

録音機能も付いているのですが、録音して再生すると微妙に音声が小さく聞き取れないので、あまり意味がないとか思っているのですが、何か活用法があったらまた紹介したいと思います。
録音機能

メイン画面の画面上部のロゴをタップするとカテゴリの一覧が表示されてカテゴリ別のイベントが表示されます。
カテゴリの表示

ウィジェットでの表示

iOS 8でウィジェットに表示できる機能が追加されています。

画面上部から通知センターを下に引っ張って「編集」を選択します。
編集を選択

そしたら「Dreamdays」を選択して追加します。
Dreamdaysを選択

そうするとウィジェットから最新のイベント(Check Latest)やイベント一覧(Check All)、新規作成(Create Event)のメニューを利用できるようになります。
最新のイベント表示などが利用できる

設定ではパスコードの設定ができ、誰かに見られたくない場合には設定しておくといいでしょう。
また、iCloudと同期しておくことで機種変した時にデータの移行が簡単です。
パスコードやiCloud同期