iPhoneでFacebookの写真に付けられたタグを削除する方法

iPhoneでFacebookの写真に付けられたタグを削除する方法

iPhoneで一緒にいる友だちが写真を撮影してそれをFacebookにアップ、そしてその写真にタグ付けされることもありますが、自分がタグ付けされたくない写真がある場合もあるかと思います。

友達が一緒にいる場合は削除して欲しいと頼めますが、いない場合のタグをiPhoneから削除する方法を紹介します。
なお、Facebookの設定で「タグ付けの確認設定」をやっていない場合の削除のやり方となり、設定を行っている場合には必要に応じて非表示の設定ができます。

iPhoneで写真のタグを削除する手順

写真にタグ付けをされた時に、「タグ付の確認設定」が行われていない場合、Facebookのアプリで削除することはできません。
タグを削除するには、SafariやChromeのブラウザでFacebookのページにアクセスして削除してやる必要があります。

まずは、SafariやChromeのブラウザで下記URLにアクセスしてログインします。
https://m.facebook.com/
Safari

ログインできたら、自分がタグ付けされた写真をタップします。
すると「削除」というメニューがありますのでそれを選択します。
タグ付けされた写真をタップ 削除を選択

この写真タグを削除しますか?と確認されますので、「削除」をタップして完了です。
削除確認

続いては、テキストのタグ付けについてみていきます。

テキストのタグ付けは、タグ付の確認設定をしていない場合、自分で削除することはできない

写真ではなくテキストでタグ付けされ、「タグ付の確認設定」をしていない場合は、基本的に削除することができません。
本人に直接連絡して投稿を削除してもらいましょう。

タグ付された写真の確認設定

iPhoneでのタグ付の削除は面倒なものがありますが、予め写真にタグ付けしていいかという確認設定をすることができます。

今度の設定は、Safariのブラウザからではなく、Facebookのアプリから設定ができます。

以下の画面は、iOS 7向けのFacebookの画面ですが、それ以前のバージョンでも同様の手順で設定が可能です。

①画面右下の「設定」をタップ
②「アカウント設定」をタップ
アカウント設定を選択

続いては、「タイムラインとタグ付け」を選択することで、タグ付けの確認や公開範囲が設定できます。
「タイムラインとタグ付け」を選択 タグ付けを設定

img@flickr

プライバシーの気になる部分なので、しっかりとチェックしておきたい部分です。