ツイッター画像を保存したい人にお薦めなアプリFinch for Twitter

ツイッター画像を保存したい人にお薦めなアプリFinch for Twitter

iOS
4.21

ツイッターと言えば、気になる人をフォローしてその人の言動を追いかけたり、情報集したりするのですが、主に画像や写真を投稿するアカウントもあります。

その際にこのツイッターアプリFinch for Twitterを使うと便利かもしれません。

Finch for Twitterの主な特徴

iPhoneの容量を圧迫せずにツイッター画像を収集できる

Finch for Twitterは、ツイッター上に投稿された画像や写真を検索したり、それらを投稿しているユーザーやハッシュタグを追跡できるアプリです。

なので、気になるアカウントがあったらフォローして画像を保存することも簡単にできます。

探した画像を自分のiPhoneに保存するのはもちろん、画像のみを一覧表示したり、端末に保存せずにアプリ内でコレクションすることで、iPhoneの容量を圧迫することなく収集することができます。

またコレクションした画像を再投稿したりすることも簡単にでき、予めエディターズ・チョイスとして、動物・アニメ・アート・ブック・セレブ・デザイン・ファッション・映画・フード・ゲームジャーナリズム・音楽・フォトグラフィー・サイエンス・スポーツ・テクノロジー・乗り物・トラベルに関連した様々な写真や画像を専門に取り扱ったアカウントがピックアップされていますので、すぐにでも画像や写真を探しやすくなっています。

ツイッターの画像や写真を収集することに特化したツイッターアプリと言ったところですね。

今すぐアプリをダウンロード

目次

使い方の目次です。

続きを読む

Finch for Twitterの使い方

ツイッターを使っている人であれば、さほど難しい事はないかと思います。
ざっくりと使い方を見て行きます。

画像の保存

初めてログインした後はこのダッシュボードが開きます。
まずは、サンプルで画面上部の画像のパネルを左右にスワイプして、気になった画像をタップしてみます。
Finch for Twitterのホーム画面

画像を投稿しているアカウントに投稿された画像の一覧が表示されます。iPhoneの端末に保存したい場合は、画像を長押しすることで簡単に端末に保存することができます。
長押しでツイッターの画像を保存

コレクションに追加

画像をタップすると様々なメニューが表示されます。画像が投稿されているツイートをイイネやリツイートができたり、その画像をツイッターに直接投稿することもできます。

ここでは、コレクションに保存を見ていきます。
コレクションとは、お気に入りフォルダの一つに保存する、と思えばいいでしょう。コレクションボタンをタップします。
画像をコレクション

コレクションのアイコンをタップして、続いては「新規コレクション」を選択します。終わったら、画像を放り投げる感じでスワイプすると前の画面に戻ることこができます。
新規コレクションを選択

このユーザーの画像投稿を今後もチェックしたい場合は、画面右上の「追跡」をタップします。
この「追跡」は、Finch for Twitterアプリの独自の「フォロー」みたいなものです。ツイッターの本アカウントでフォローはしませんので、こっそり(笑)と画像をチェックすることができます。
追跡をタップ

ダッシュボードまで戻ってみます。ユーザーを「追跡」すると画面のように緑色のラベルが表示されます。
画面上部の「ダッシュボード」をタップします。
ダッシュボードをタップ

するとこんなメニューが表示されます。
「ホーム」は、ツイッターでフォローしているユーザーの投稿した画像の一覧、「いいね」は自分がツイッターでいいねした画像の一覧が表示れます。

「My Collection」は先程追加した画像が一覧表示され、ユーザーは先程の「追跡」で追加したユーザーの投稿した画像の一覧が表示されます。

試しに「My Collection」をタップしてみます。
My Collectionを選択

そうすると「My Collection」に追加した画像の一覧が表示されたことが分かります。
My Collectionのタイムライン

コレクションから画像を削除

コレクションから削除する場合は、画像を長押しで表示されたメニューをタップです。
コレクションから画像を削除

エディターズ・チョイス

エディターズ・チョイスでは様々なお薦めのアカウントがありますので、チェックしてみてください。
操作自体は、先ほどの画像操作やコレクション追加とほぼ一緒です。
エディターチョイス

リストメニューの追加

リストメニューを見てみます。
リストメニューは、ツイッターのリストメニューと連動しますので、既にある場合にはここに一覧表示されます。
試しにリスト追加してい見ますので、画面左上の「+」をタップします。
「+」をタップ

続いては「リストを追加」をタップ。
リストを追加を選択

リストメニューは、英数字で入力します。自分だけで閲覧したい場合は、プライベートをオンにして「完了」します。
リスト名を追加

追加されたリストをタップします。
マイリストをタップ

既にリストの中にユーザーが登録されている場合、ここにそれらのユーザーの投稿画像が一覧表示されます。
画面右上の「編集」をタップします。
編集をタップ

さらに編集をタップします。
さらに編集をタップ

ここでやっと「+」をタップしてユーザーを追加することができます。
「+」をタップ

検索欄からユーザーを検索します。
ユーザーを検索

「完了」をタップします。
「完了」をタップ

そして前の画面に戻るとこんな風に素敵に画像が一覧表示されます。後は自由に調理できます♪
リスト追加したタイムラインの画像

リストの削除

追加れたリストは左スワイプで削除できます。
左スワイプでリスト削除

ハッシュタグに紐付けられた画像を検索

ここまで来れば使い方はほぼマスターしたのではないでしょうか。
ハッシュタグを検索し、そこに投稿される画像も追跡できます。
ハッシュタグによる検索

検索結果を「保存」するだけです。
ハッシュタグを保存

コレクション操作

非表示や名前の変更も簡単にできます。
マイコレクションの操作

ざっとの使い方でした〜。

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Finch for Twitter - 写真を発見と集め
  • 販売者: Ignition Soft Limited
  • 価格(掲載時): 360円
  • アプリサイズ:23.3MB
  • バージョン(掲載時):1.0.0