GIF動画を作成できるアプリGifCam(ジフカム)

iOS
3.71

パラパラ漫画みたいな動画を作りたい場合、GIF動画を作成できるアプリを使うことで簡単に作成できます。

GIF動画を作成できるアプリは、色々とありますが今回はGifCam(ジフカム)というiPhone向けのアプリを紹介します。

GifCamの主な特徴

簡単にパラパラ漫画のようなGIF動画を作成できる

ボタンをタップするだけで簡単にGIF動画を作成することができるiPhoneアプリです。
パラパラ漫画のように1枚1枚を撮影することもできるし、ボタンを押しっぱなしにして通常のビデオ撮影をするような感覚でGIF動画を作成することもできます。

セピアなどのフィルターや文字追加ができる

GIF動画作成ができるだけではなく、写真加工アプリなどのようにセピアやモノクロなどのフィルターが使え、ちょっとしたフレームや文字を追加することもできます。

ただし、文字追加は予め用意されたテキストを使うことになり、自由自在に自分で追加することはできません。
「OMG、LOL、DELICIOUS、COFFEE TIME、YUMMY、GOOD MORNING、BOYS、GIRLS、I LOVE U、LOVE」などの英単語が用意されています。

ユーザーインターフェイスのデザインがキュートで綺麗

ユーザーインターフェイスデザインは、凄くシンプルでほぼ迷うことのないキュートで綺麗なデザインに仕上がっています。

今すぐアプリをダウンロード

GifCamの使い方

使い方を見てみましょう。

アプリ起動後の画面です。
画面上半分がカメラ部分で、下半分にはGIF動画を撮影するためのボタンや設定があります。
GifCamはリアルタイムでフィルターを掛けながら撮影することができますので、最初に確認してみます。
まずは、「fx」というボタンをタップ。
GifCamの使い方

続きを読む

「fx」を選択するとこの画面に遷移します。
ここで好きなセピアやモノクロ、50年代風くっきり鮮やかなフィルターなどを選択することができます。
(個人的にはなんで画面が突然横向きになるのかが不思議なアプリですが)
GifCamのフィルター

フィルターを選択すると、再び撮影画面に戻ってGIF動画を撮影することができます。
1回タップするごとに1フレーム撮影でき、99フレームまで撮影することができます。
まさにパラパラ漫画を作るようなイメージです。
ボタンをタップでGIF動画の撮影開始

ボタンを離さずに押しっぱなしにすることで、連続した複数フレームを撮影することができます。
ボタンを押したままで連続撮影

画面右下の設定ボタンを選択すると、フレームの連続撮影のフレーム間隔を0.1秒毎に調整することができます。
秒数が短ければ短いほど動きがスムーズですが、99フレームしか撮影できないので内容が短くなります。
フレーム時間を設定

上記の設定画面で「自動撮…始める」をタップすると、ボタンを押しっぱなしにせずとも自動で撮影が始まります。
自動で連続撮影

上記の画面で撮影が終わったら、「保存」を選択するとプレビュー及びフレームや文字追加の画面に移ります。
好きなフレームや文字などを選択して「保存」を選択するとレンダリングが始まります。
フレームや文字追加

レンダリングが終わったら再び撮影画面に戻ります。
すると画面左下に先ほどのGIF動画のサムネイル画像が表示されますので、それを選択してみましょう。
GIF動画の完成

ここに撮影したGIF動画の一覧画面が表示され、プレビューや共有ボタンでメールをしたり、Twitterなどに投稿して共有することができます。
共有ボタンで共有

個人的には
撮影画面と一覧画面の切替で画面が突然横になるのが少し気になる部分ではあります。
また、カメラで撮影した動画をGIF動画に変換する機能があれば、もっと素敵かなと思いました。

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:GIF.CAM (ジフカム)動く写真
  • 販売者: Oursky Ltd
  • 価格(掲載時): 100円
  • アプリサイズ:25.1MB
  • バージョン(掲載時):1.9.2