Googleのアドレス帳をiPhoneに簡単に同期させる方法

Googleのアドレス帳をiPhoneに簡単に同期させる方法

GoogleがGoogleのアドレス帳をiPhoneのアドレス帳に同期させる方法をCardDAVを利用したやり方をアナウンスしました。

連絡先やアドレス帳をGoogleで管理している人や、ビジネスマンでiPhoneを割り当てられていて取引先の連絡先をGoogleで管理している人にはとても便利な機能です。

同期には、CardDAVと呼ばれるサーバープロトコルを利用して同期されます。
CardDAVを利用することで、アドレス帳を許可したユーザーに共有、アクセスさせることができ、つまりはこのCardDAVを利用すれば、Googeのアドレス帳をiPhoneに簡単に同期させることができるということです。

Googleのアドレス帳をiPhoneに同期するには、iPhoneのiOSのバージョンが5になっている必要があります。

設定方法

①ホーム画面の「設定」を選択します。
設定

②次に「メール/選択/カレンダー」、「アカウントを追加」を選択します。
メール/選択/カレンダー」 アカウントを追加

③続いては「その他」、「CardDAVアカウントを追加」を選択します。
その他 「CardDAVアカウントを追加」を選択

続いてはCardDAVの設定をみていきます。

CardDAVの設定画面

サーバ:「google.com」を入力
ユーザ名:Googleアカウント又は、登録しているメールアドレスを入力
パスワード:パスワードを入力
説明:「Google」や「取引先」など自分が分かるように入力
アカウント入力
※パスワードを2段階に設定している場合には、アプリ別パスワードを生成して入力する必要があります(英語)。
http://support.google.com/accounts/bin/answer.py?hl=en&answer=185833

成功するとこんな感じで連絡先にGoogleのアドレス帳が追加されています。
連絡先にGoogleのアドレス帳が追加

ビジネスでGoogle Appsを使っている場合には、こちらの手順を参考にしてください。
http://support.google.com/a/users/bin/answer.py?hl=ja&answer=138740

Googleのアドレス帳をデフォルトに設定したい場合

このGoogleのアドレス帳をiPhoneのデフォルトに設定することもできます。
①「設定」、「メール/選択/カレンダー」と選択します。
②次に画面を「連絡先」のセクションまでスクロールさせて、「デフォルトのアカウント」を選択します。
③先ほどの設定名「Google」を選択します。

問題が発生した場合

問題が発生した場合は、こちらを確認してみてください。
①CardDAVを認証した状態で、「設定」、「メール/選択/カレンダー」と選択して、下記のようにアカウントが有効になっていることを確認してそれを選択します。
問題が発生した場合
③次に「詳細設定」、「SSLを使用」をオンにします。

以上で設定は終わりです。