共有が簡単にできるGoogleドライブの使い方【iPhone編】

iOS
4.4

無料で15GB利用できるオンラインストレージサービス「Googleドライブ」を使っている人も多いかと思いますが、主にiPhoneでの使い方について紹介します。

Googleドライブの主な特徴

様々なファイルを無料で15GB保存できる

写真や動画、音楽、PDF、ワード、パワーポイント、エクセルなどのマイクロソフトのオフィスファイルなどの様々なファイルが保存できます。

オンラインストレージなので、iPhoneやAndroid、WindowsやMacとも同期してネットの接続できる場所であれば何処からでもファイルにアクセスできるようになります。

Googleのスプレッドシートやドキュメント、スライドアプリとも連携すればiPhoneで資料の閲覧や作業も行なうことができます。

共有が簡単にできる

不特定多数の人や、特定の人とも簡単に撮影した写真をアップロードして皆で共有したりすることも簡単にできます。
資料としてのPDFファイルはもちろん、Googleのスプレッドシートやドキュメント、スライドなどは共有すれば同時に編集するなんてこともできます。

また、Googleのスプレッドシートやドキュメント、スライドはオフラインで作業することもできます。

無料!今すぐアプリをダウンロード

Googleドライブの使い方

ここではiPhoneについての使い方を紹介していきますが、PC版の使い方はこちら。
どこからでもファイルにアクセスできるGoogleドライブの使い方

また、使い方については、気になるポイントを紹介していきます。

Googleドライブを使うにはGoogleアカウントが必要になります。まだ作成していない人はこちらを参考に作成してください。
Googleアカウント作成

また使い方については、iPhoneでの利用をメインに紹介していきますが、基本的にはPCとの連携をすることでその機能を最大限に活用できますので、予めPC向けのクライアントをこちらを参考にインストールしておいてください。
Googleドライブのインストール

ファイルの同期

基本的にMac、又はWindowsにGoogleドライブのクライアントのソフトをインストールしておくと、こんな風に通常のフォルダと同じ感覚で、マイクロソフトのワードやパワーポイント、エクセルファイル、JPGやPNGなどの画像や写真、PDF、動画などの様々なファイルを追加保存できます。

iPhoneアプリにログインアクセスするとこのように、PCでフォルダに追加されたファイルがこのように同期されて表示されます。表示されていない場合は、画面を下にスワイプして更新してみるといいでしょう。

フォルダの作成

画像アップロードする際のフォルダ指定はできないので、指定のフォルダに入れたい場合は、アップロードしたいフォルダに移動しておく必要があります。
今回は新たに作成してみるということで、画面右下の「+」をタップします。

次は「フォルダ」をタップします。

フォルダ名を入力して「作成」をタップします。ここではサンプルで写真というフォルダを作成しました。

ファイルのアップロード

上記で作成した写真フォルダを開いて、再度、画面右下の「+」をタップします。そしたら今度は「アップロード」を選択します。

続いてはiPhoneのカメラロールに保存されている写真をアップロードしたいので「写真と動画」をい選択します。

アルバムを選択してアップロードしたい写真を複数選択したら、画面右上のチェックアイコンをタップします。

するとこんな感じでiPhoneの写真を「写真」フォルダの中にアップロードすることができました。今度は逆にPCのフォルダをチェックして同期されているか確認するといいでしょう。

カメラロールからのアップロード

iPhoneのカメラロールからも写真や動画をアップロードできます。アップロードしたいアルバムを開いたら下記の手順で操作を行います。

  1. 画面右上の「選択」をタップ
  2. アップロードしたい写真を複数選択
  3. 共有ボタンをタップ

共有ボタンをタプすると拡張機能画面が表示されますので左奥までスワイプして「その他」を選択します。

アクティビティの「Google Drive」を「オン」にします。

拡張機能画面の「Google Drive」を選択します。

アップロードしたいフォルダを選択したら画面右上の「アップロード」をタップして完了です。

下層フォルダへのファイルの移動

続いては下層フォルダへのファイルの移動を見てみましょう。
まずはファイルを長押しすると、チェックがマークされて画面下部にタブが表示されます。

さらに選択したい場合はにリストの左横のアイコンをタップで選択します。

移動したいファイルを複数選択したら、画面下部のタブを画面上部にあるフォルダまでドラッグすると、移動という案内が表示されますので「移動」をタップします。これで完了ですが、フォルダの移動に関しても同様の手順となります。

上層フォルダへの移動

今度は上層フォルダへのファイル移動を見てみましょう。
まずは上層フォルダへ移動したいファイルを選択したら、画面左上の左矢印アイコンをタップして上層フォルダへ移動します。

後はタブを上にドラッグすると画面の端に青い枠が表示されますのでタブを離します。これで上層フォルダへの移動ができます。

不特定多数へのファイル共有

今度はフォルダ共有の方法を見てみましょう。
共有したいフォルダの右横にあるサブメニューをタップすると「リンクを取得」というメニューが表示されますので、それをタップします。すると共有したフォルダへのリンクを自動でクリップボードにコピーがなされます。

後はメール等に貼り付けて送信するだけです。
なお、この方法は不特定多数の人への共有なのでリンクさえ知っていれば誰でも見れるようになるので、共有する時は気をつけてください。なお、個別の写真やファイルを共有したい場合も同様の手順です。

不特定多数への共有リンクを無効にする

不特定多数への共有リンクを無効にする方法です。
まずは共有したフォルダのサブメニューをタップして、表示された詳細メニュー「i」のアイコンをタップします。

そしたら「リンクの共有」の横にある「閲覧者」をタップして「リンクの共有をオフ」のメニューをタップします。

特定のユーザーへの共有

今度は特定の人のみへの共有方法を見てみましょう。
共有したいフォルダのサブメニューをタップして「ユーザーを追加」をタップします。

共有したいユーザーのメアドを入力します。複数登録が可能です。共有するユーザーの権限も設定できますので、好きな方を選んで画面右上のチェックアイコンをタップして完了させます。

招待を受けたユーザーは、こんな風にメールが届きますのでアクセスして「開く」でアクセスできます。
なおアクセスするにはGoogleアカウントが必要になってきます。

特定ユーザーへの共有を削除

同様に特定ユーザーへの共有を削除する方法です。
共有したフォルダの詳細情報メニューをタップします。

共有したユーザーの右横にある「編集者」をタップします。

後は「このユーザーを削除」を選択すればOKです。

写真をカメラロールに保存

拡大表示した写真を長押しすると写真をiPhoneのカメラロールに保存できます。

オフライン編集

マイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントと同じような機能を持つGoogleのドキュメント、スプレッドシート、スライドはネットが繋がらない状態でもオフライン編集ができます。

サンプルでGoogleスプレッドシートをオフライン編集してみましょう。予め「Googleスプレッドシート」のアプリはインストールしておいてください。

新規作成で「Googleスプレッドシート」でを選択してファイルを作成、編集して保存しておきます。

そうするとマイドライブに保存されますので、サブメニューをタップします。

続いては、端末に保存を選択します。

オフラインで使えるようになると画面最下部に「~is now available offline」というメッセージが表示されます。
そしたら試しにネット環境を切断した状態でファイルをタップしてみます。

するとファイルが開けないというメッセージが表示されますが、右下のアイコンをタップするとちゃんとオフラインで作業ができます。

iOS
4.41
無料! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Google ドライブ - Google の無料オンライン ストレージ
  • 販売者: Google, Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:77.2MB
  • バージョン(掲載時):4.2