Googleフォトの使い方【iPhone編】

iOS
4.9

Googleが推奨する設定を行えば、容量無制限で写真を保存できるGoogleフォトの使い方について紹介します。

目次

Googleフォトの主な特徴

容量無制限で写真を保存できる

iPhoneなどのスマホが進化する度にカメラの解像度もあがるのですが、解像度が上がるということは写真自体の容量も上がります。

手軽にスマホで写真を撮ると端末にドンドン溜まっていき端末の容量が圧迫されるのですが、このGoogleフォトを使えばその問題から開放されます。ただし容量無制限のサービスを利用すると画像の容量が圧縮されるため、それでも良い場合に限ります。

簡単共有

大量の写真であっても簡単に専用のURLが発行されて簡単に共有することができ、アプリをインストールしていない場合やPCでも閲覧・利用できます。

アルバム、ムービーなどの作成も簡単

単に写真を保存出来るだけではなく、アルバム、ムービー、ショートストーリー、GIFアニメ、コラージュの作成も簡単に行なうことができます。

また、写真の加工や特にムービーなんかは選択した写真に対して音楽やムービースタイルのテーマを自動で選択してくれて、手軽に写真を楽しむことができます。

その他にもアップロードした写真を自動で判別して分類したり、自動でムービーやショートストーリー、GIFアニメを作成してくれたりします。

大量にスマホで写真を撮る人、管理が面倒な人、カジュアルに写真を楽しみたい、共有したい人にお薦めのサービスでありアプリです。

Googleフォトのダウンロード

iPhone向けのGoogleフォトアプリのダウンロードはこちらから行います。
無料!今すぐアプリをダウンロード

Googleフォトの使い方

基本的にはiPhoneアプリでの使い方についての紹介となり、アプリを使用しない場合やPCからの利用はこちらからになります。
https://photos.google.com/

Googleアカウントを持っていない人、アプリを初めて起動してまだログインしていない人は最初にこちらの記事をチェックしてください。
【初心者】Googleフォトのログイン・初期設定のやり方

サムネイル表示操作

画面をピンチイン・ピンチアウトするとサムネイルが拡大縮小されて、日別・月別の表示切替えるをすることができ、操作をした箇所によってそこが拡大縮小されますので、素早く写真を探すことができます。

通常は下記のように程よいサムネイルサイズで表示してくれますが、画面をピンチインしてみましょう。
Googleフォトの画面をピンチイン

すると、月単位での表示に切り替わりました。さらにピンチインしてみましょう。
再度Googleフォトの画面をピンチイン

そうするとこのように年単位でサムネイルの閲覧ができます。逆にピンチアウトをすることで月単位、日単位でサムネイルを確認することができます。
Googleフォトの画面をピンチアウト

日別・月別単位の一括選択

日付を長押しすることで、日別、月別に写真を一括選択することができ、選択後に表示されたメニューで共有やアルバムへの追加、削除が簡単にできます。左上の「☓」か日付左横のチェックアイコンをタップで選択の解除ができます。
Googleフォトの写真一括選択

写真を素早く複数枚選択

基本的に写真を長押しすれば選択状態になります。
Googleフォトで写真を長押し

選択された写真から右に指をドラッグすると複数枚を素早く選択することができます。また、右端までドラッグした状態で下にドラッグすると次の横1列を選択することができます。
Googleフォトで写真を複数枚選択

画面スクロール操作

画面をスクロールしていると右サイドにスクロールバーが表示されます。それをドラッグすると素早く画面をスクロールさせることができます。また、画面上部をタップすると、素早く画面の最上部まで移動することができます。
Googleフォトでの画面スクロール操作

バックアップ(アップロード)

【初心者】Googleフォトのログイン・初期設定のやり方で述べたように、初期設定でバックアップと同期をデフォルトでオンにしていれば、WiFiにつながる環境であれば、自動でiPhoneで撮影した写真がクラウドにバックアップされます。

しかし、「バックアップと同期」をオンにしていなかったり、WiFi環境にいなかったりする場合は、手動でバックアップする必要があります。その方法を見てみましょう。(なお、大量の写真や動画のバックアップはパケット通信料がそれなりに発生しますので、WiFiでのバックアップがお薦めです)

バックアップしていない写真は、サムネイルの右下に斜線の入った雲アイコンが表示されます。その写真を長押しして、表示された右上のサブメニューをタップします。写真や動画は複数選択してバックアップすることももちろん、できます。
Googleフォトの写真を選択

後は表示されたメニューのバックアップを選択でバックアップが開始されます。
Googleフォトのバックアップ

個人的には、手動で取捨選択をしてから写真をGoogleフォトにアップロードするようにしています。というのも、いい写真のみをアップロードすることで、その写真の何が良かったのか、悪かったのかという目を養うことで写真を上手に撮れるようになるからです。

写真を削除する方法

写真を削除する方法ですが、まずは写真を長押しすると画面上部にゴミ箱アイコンが表示されますので、それをタップします。もちろん、複数枚を選択して削除することもできます。
Googleフォトで写真を選択して削除

削除の案内が表示されますので、ゴミ箱に移動を選択します。
Googleフォトの写真削除の確認

再度案内画面が表示されますので、削除を選択します。なお、Googleフォトで削除を出した場合、iPhoneの端末内の写真も削除されますので、Googleフォト上の写真のみを削除したい場合は、Webブラウザからhttps://photos.google.com/にアクセスして削除する必要があります。
Googleフォトでの写真削除

端末の空き容量を増やす

Googleフォトの仕組みは以下のようになっており、GoogleフォトのアプリがiPhoneの写真にアクセスすることで、その写真をGoogle上のクラウドにバックアップすることができます。バックアップが完了した写真は、iPhoneの端末から削除することでiPhoneの空き容量を増やすことができます。その手順を見てみましょう。
Googleフォトの仕組み

なお、既に写真をバックアップした状態で話を進めます。

個別に空き容量を増やす方法 

まずは、個別の写真を端末から削除する方法です。写真を長押しし、右上のサブメニューをタップ、最後は表示されたメニューの元のファイルを端末から削除を選択すればOKです。なお、写真が既にない場合は、表示されません。
Googleフォトで元のファイルを端末から削除

案内にもある通り、iPhoneの写真アプリのアルバム最近削除した項目の中にある写真を完全に削除で空き容量を増やせます。
Googleフォトで個別に空き容量を増やす

一括で空き容量を増やす方法

次は、一括でやる方法です。
まずは左上のサイドメニューをタップします。
Googleフォトのサイドメニューをタップ

サイドメニューの空き容量を増やすをタップします。
Googleフォトの空き容量を増やすを選択

削除確認が表示されますので、削除を選択します。
Googleフォトの写真削除確認

今度は削除の許可を聞かれますので削除をタップします。
写真の削除許可

完了をタップして、作業を完了します。後は案内にもある通り、iPhoneの写真アプリのアルバム最近削除した項目の中にある写真を完全に削除で空き容量を増やせます。
Googleフォトの空き容量の増やし完了

自動バックアップと同期の切替

バックアップと同期をオンにしていれば、WiFi環境であれば自動で写真のバックアップ(アップロード)が行われますが、写真を選択して手動でバックアップしたい場合には、設定から変更することができます。

左上のサイドメニューをタップします。
Googleフォトのサイドメニューをタップ

サイドメニューが開いたら右上の設定メニューを選択します。
Googleフォトの設定メニュー

バックアップと同期を選択します。
Googleフォトのバックアップと同期を選択

後はオフにすれば、手動でバックアップができるようになります。
バックアップと同期をオフにする

関連記事

iOS
4.91
無料! おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Googleフォト
  • 販売者: Google, Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:257.6MB
  • バージョン(掲載時):3.26.0