メチャ便利!容量無制限で写真を保存できるGoogleフォト

メチャ便利!容量無制限で写真を保存できるGoogleフォト

iOS
4.91

5月28日にリリースされて話題を呼んだGoogleフォト。
Googleが推奨する設定を行えば、容量無制限で写真を保存できるのはやはりとても驚きでした。リリースされてからしばしばアップデートを行っているようで、いざ使ってみると容量無制限以外でも便利な機能があるというのが分かります。

Googleフォトの主な特徴

容量無制限で写真を保存できる

iPhoneなどのスマホが進化する度にカメラの解像度もあがるのですが、解像度が上がるということは写真自体の容量も上がります。

手軽にスマホで写真を撮ると端末にドンドン溜まっていき端末の容量が圧迫されるのですが、このGoogleフォトを使えばその問題から開放されます。ただし容量無制限のサービスを利用すると画像の容量が圧縮されるため、それでも良い場合に限ります。

簡単共有

大量の写真であっても簡単に専用のURLが発行されて簡単に共有することができ、アプリをインストールしていない場合やPCでも閲覧・利用できます。

アルバム、ムービーなどの作成も簡単

単に写真を保存出来るだけではなく、アルバム、ムービー、ショートストーリー、GIFアニメ、コラージュの作成も簡単に行なうことができます。

また、写真の加工や特にムービーなんかは選択した写真に対して音楽やムービースタイルのテーマを自動で選択してくれて、手軽に写真を楽しむことができます。

その他にもアップロードした写真を自動で判別して分類したり、自動でムービーやショートストーリー、GIFアニメを作成してくれたりします。

大量にスマホで写真を撮る人、管理が面倒な人、カジュアルに写真を楽しみたい、共有したい人にお薦めのサービスでありアプリです。

無料!今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Googleフォトの使い方

基本的にはiPhoneアプリでの使い方についての紹介となり、アプリを使用しない場合やPCからの利用はこちらからになります。
https://photos.google.com/

Googleアカウントを持っていない人は、こちらの記事を参考に予め取得してください。
Googleアカウント作成

Googleアカウントでログイン

Googleアカウントを使ってログインします。ちなみに、複数のGoogleアカウントを使って利用することもできます。
Googleアカウントでログイン

Googleフォトの初期設定

続いては「バックアップと同期」の設定です。この初期の設定ではWi-Fi環境の場合のみ、写真をアップロードしてバックアップをします。個別にバックアップを取りたい場合は、「バックアップと同期」をオフにしておきます。
バックアップと同期設定

続いてはバックアップする写真の品質設定です。無料で容量無制限のサービスを利用するには、デフォルトのままで「高品質」の設定にしておきます。
写真の品質

通知が要らない場合には「オフ」にするといいでしょう。「オン」にした場合は、次の画面で許可を出しておいてください。
お知らせ設定

初期設定が終わるとサムネイルの表示操作方法、選択方法、スワイプでの移動、自動整理と検索についてが紹介されます。

サムネイル表示操作

メインのフォト画面です。

サムネイルの表示はピンチイン・ピンチアウトでサムネイルが拡大縮小されて、日別・月別を切替えることができ、操作をした箇所によってそこが拡大縮小されますので、素早く写真を探すことができます。

Googleフォトの操作
画面上部まで素早く戻りたい場合は、画面上部をタップで戻ることができます。

日別・月別単位の選択

長押しで写真を選択してそのままスワイプすると複数枚を簡単に選択することができますが、その際に画面左横に、「今日」、「昨日」などの日別や「7月」、「8月」などと記載されていますが、その横のチェックアイコンをタップすると一括で日別、月別単位で写真を選択することができます。
選択と解除
知っておくと少し便利なのが、上記画面で一番右端の写真を長押しして写真を選択したらそのまま一番右端の列を下にスワイプすると横一列を簡単に選択することができます。

選択解除は左上の「×」で一括解除できます。

端末及びクラウドから写真を削除

写真の削除は基本的に2つの方法があります。
その一つとして、端末及びクラウドにアップロードした写真を削除する方法です。

写真を選択したら「ゴミ箱アイコン」をタップすると削除確認が表示されますので、「削除」を選択で削除できます。

なお、ここで写真を削除しても完全に削除したわけではありません。iPhoneの「写真(カメラロール)」アプリの「最近削除した項目」に30日間保管され、それを過ぎると完全に削除されます。復元したい場合はそこから復元してください。
Googleフォトの削除について

端末上から写真を削除

写真を既にクラウドにアップロードしてバックアップを取ってあり、端末上の写真を削除してiPhoneの容量を増やしたい場合には、この手順で写真を削除するといいでしょう。

写真を選択したら画面右上のメニューをタップすると「端末上のファイルを削除」と表示されますので、それをタップします。
端末上の写真の削除
ちなみに、自動バックアップを設定していない場合、上記のように「バックアップ」というメニューが表示され、個別にバックアップを取りたい場合に活用するといいでしょう。

写真などの共有方法

アルバムを作成しつつ、共有方法を見てみます。

アルバムに追加したい写真を選択して画面上部の「+」をタップすると、メニューが表示されますので「アルバム」を選択します。
Googleフォトの共有方法

そしたらアルバムのタイトルを入力してキーボードの「完了」をタップ。
完了したら画面上部の「共有アイコン」をタップします。
アルバムのタイトル

するとメールやTwitter、Facebook、LINEなど共有できるアプリの一覧が表示されますので、共有したいアプリを選択します。
ここではサンプルでLINEを選択してみます。
LINEの選択

LINEで共有するための画面が表示されるので、送信タイ人やグループを選択して送信です。
LINEでの写真を共有

共有写真の閲覧・保存

共有するとこんな風にURLが発行されますので、それを共有したい人に送ることでアプリをインストールしていなくてもSafariなどのブラウザでPCやスマホから閲覧できるようになっています。
https://goo.gl/photos/xxxxxxxxxxxxxxxx

iPhoneのChromeで閲覧した場合ですが、こんな風にGoogleアカウントでログインしていると、簡単に自分のライブラリに写真をコピーすることができます。
写真の共有受け取り
なお、現状では共有ストーリーなどの一部のコレクションを受け取ると画面右上に「アプリで表示」と表示されますが、表示されないものもあり今後改善されてアプリで簡単に開くことができるようになると思われます。

PCの場合は、さらにダウンロードしてPCに保存することもできます。

共有リンクの削除

写真やアルバムなどを共有すると独自のURLが発行されますが、このURLを知っていれば誰でも閲覧できるようになっているので、心配な人は削除しておくといいでしょう。

メインのフォト画面の左上にあるメニューアイコンをタップするとサイドメニューが表示されますので、「共有リンク」をタップします。
共有リンク

そしたら、共有リンクの一覧にある削除したいリストの右にあるメニューをタップすると「リンクを削除」のメニューがありますので、それをタップで削除できます。
なお、共有の写真を受け取った人が既に写真を自分のライブラにコピーした場合、共有リンクを削除してもそれらのデータは削除されません。
共有リンクの削除

共有リンク作成時の位置情報の削除

最近のカメラアプリは、写真を撮影すると撮影場所の情報も一緒に写真に埋め込まれたりしますが、このGoogleフォトでもその情報を取得して自動で分類してくれたりします。

共有するとその写真の位置情報も共有されるので、それが気になる人は削除設定をしておくといいでしょう。
サイドメニューの「設定」を選択したら、「リンクで共有するファイルの位置情報を削除」をオンにしておきます。
位置情報の削除

フリックで戻る

個別の写真を表示させている場合に、写真を上、又は下に放り投げる感じでフリックすると素早くフォト画面に戻ることができます。
フリックで移動

写真の編集機能

写真を編集する簡単な機能も使えます。

写真を個別に表示させた状態で、「編集」アイコンをタップします。
写真の編集

「補正」「フィルター」「角度」の調整機能が使え、補正やフィルターを掛けて「保存」した後でもリセットやフィルターをなしにすることもできます。
サンプルでフィルターを使ってみます。
写真の編集メニュー

好きなフィルターを適用するとスライダーが表示されますので、それを動かしてフィルターの適用度合いを調整します。終わったらスライドバーの右横のチェックアイコンをタップして完了します。
基本的な操作はこれで写真や画像の調整ができます。
フィルター

終わったら保存をしておきましょう。
保存

アルバムなどで既に共有した写真を編集するとこんなメッセージが表示されます。変更を保存すると、既に作成した共有リンクの内容にも反映されますが、Googleアカウントで既に共有したリンクから写真・画像をライブラリに保存してる人には反映されません。

共有したリンクに新しくアクセスした人、或いは既にライブラリに保存した画像を削除して再度ライブラリに取り込んだ人に対して反映されます。
保存の確認

続いては「変更」をするかと聞かれますので「変更」を適用します。
編集の保存変更

共有された写真をさらに再共有する場合の挙動

気をつけたい少しややこしい写真の編集と再共有の挙動についてです。

共有リンクから自分のライブラリに保存した写真を編集加工してさらに再共有しても反映されません。共有リンクの写真を編集して変更できる権利があるのは、最初に共有した人だけです。なので、共有リンクから自分のライブラリに保存した写真を編集し終わったら「コピーを保存」する必要があります。
コピーを保存

アルバムカバーの設定

編集した画像をアルバムカバーに設定するといい感じになるでしょう。
アルバムカバー

画像に文字入れする機能はないので、こちらからアプリを探して入力するといいでしょう。
写真加工アプリ

ムービー作成

直感的に操作できるのですが、ムービー作成も簡単に見てみたいと思います。
なお、ムービーの作成は予め写真や動画をクラウドにバックアップしてから、利用することができます。

まずは写真や動画を選択したら画面上部の「+」をタップして、「ムービー」を選択します。
ムービー作成

そうすると自動で動画が作成され、プレビューを閲覧できます。
タイトル入れ、エフェクトテーマや音楽の選択、写真や動画の並び替えができますが、今回は並び替えを見てみたいと思います。
ムービー編集メニュー

写真、又は動画を長押ししてドラッグすると順番を並び替えることができます。
終わったら画面右上のチェックアイコンをタップして完了します。
動画の並び替え

この画面での作業はあくまでも動画作成編集画面なので、作業が終わったら動画をエクスポートしましょう。エクスポートすると動画がメインの画面に保存されますので、後はそれを共有なりしてください。
動画の書き出し

動画編集はカジュアルなものになっているので、もっとこだわりたい人はこちらからアプリを探してみるといいでしょう。
動画編集アプリ

アシスタント機能

アシスタントは、バックアップした写真を自動で判別してGIFアニメーションや、コラージュなどを作成・提案してくれます。
Googleフォトのアシスタント機能

気に入ったものがあったら、「ライブラリに保存」しておきましょう。
ライブラリに保存

要らないと思ったものは、右スワイプで素早く非表示にできます。
右スワイプで非表示

無料! おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Googleフォト
  • 販売者: Google, Inc.
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:57.0MB
  • バージョン(掲載時):1.2.0