「後で読む」ためのアプリ「Pocket」の使い方

iOS
4.51

ネットサーフィンや前回のようにiPhone用RSSリーダーアプリ「Feedly」を閲覧していると、後でじっくりと読みたいと思う記事も多々あると思いますが、そんな時に役立つのが「後で読む」ためのアプリ「Pocket」です。

Pocketの主な特徴

700万人以上が利用、3億5千万以上のアイテムが登録

Pocketのサイトによると700万人以上が利用し、3億5千万以上のアイテムが登録されているという人気ぶりです。

ブロガーにも人気のアプリで、下記の流れのようにFeedlyのようなRSS用アプリで気になるサイトを登録してチェックし、気になる記事があればこの「Pocket」に放り込んで後で読み、そしてEvernoteで下書きをするという人をよく見かけます。

・RSSで気になるサイトのフィードをさっとチェック

・後で詳しく読みたい記事をPocketに登録して後で読む

・Evernoteで下書き

Pocketに登録することでオフラインでも閲覧可能

Pocketは、他のアプリから登録しておくことでオフラインでもコンテンツを見ることができますので、電波が届かない地下鉄でも閲覧することができます。

ただし、YouTubeなどのように常にネット接続しないと閲覧できないコンテンツは、オフライン閲覧出来ません。

タグ付けやお気に入り登録が可能

登録した記事は、タグ付けやお気に入りとして登録がすることができますので、情報収集をしてまとめるためのツールとしては最適です。

無料!今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Pocketの使い方

300以上のアプリやWebサービス、プラットフォームから登録可能

Pocketの人気の一つに、iPhone、Android、Chromeエクステンション、メールなど300を超えるアプリやWebサービス、プラットフォームからも簡単に登録ができることがあげられます。

Pocketは、基本的に外部のアプリやサービスからの登録のみとなり、いくつかの登録方法を紹介します。
(予めiPhoneアプリ、又はWebページからアカウントを作成してください)

Chrome用エクステンションで登録

PCでChromeを利用している方は、ここからChromeエクステンションをインストールすることができます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/pocket-formerly-read-it-l/niloccemoadcdkdjlinkgdfekeahmflj

インストールしたらツールバーにPocketのアイコンが登録されますので、登録したいページを開いた状態でそのアイコンをクリックするだけです。
Chrome用エクステンションで登録

メールからの登録

アカウント作成時のメールを使って、URLを下記のメールに送信することでメールからも登録することができますので、連絡帳に登録しておくことで簡単に登録ができます。
add@getpocket.com

Safariのブックマークレットから登録

少々手順が面倒ですが、SafariのブックマークレットからもPocketに登録が可能です。
①「Pocket」メニュー、「Help」、「How To Save」とアクセスします。
Safariのブックマークレットから登録 「How To Save」とアクセス

②画面を少しスクロールして、Frome mobile Safriの「Install」を選択します。
Installを選択

③するとSafariのアプリが起動しますので、「ブックマーク登録」を選択して、「保存」します。
ブックマーク登録 保存

④登録したブックマークを開いて、「編集」を選択して先ほどの「Save to Pocket」を選択します。
ブックマーク

⑤そしたら、アドレス欄を選択して削除します。
次に、予め専用のブックマークレットがクリップボードに保存されていますので、ペーストして保存します。
これで準備は終わりです。
ブックマークを編集

後は、Pocketに登録したいページを開いて先ほどの「Save to Pocket」を呼び出せば、下記のように画面上部に保存成功のバーが表示されます。
保存成功

英語ですが、こちらの映像の35秒あたりからやり方が紹介されています。

iPhone用Chromeは、クリップボードにコピーして登録

残念ながら、iPhoneのChromeからはブックマークレットに登録出来ませんが、PocketはクリップボードにコピーされたURLを認識して登録してくれます。
ChromeでURLをコピーして、Pocketのアプリを開くとこんな感じで画面下に加える案内が表示されますので、「Add」を選択です。
ChromeでURLをコピー

メイン画面

メイン画面は、基本的に登録した記事のタグ付けやアーカイブ、ブックマーク、削除、共有、閲覧ができます。
メイン画面
■タグ付
タグ付けして整理することで、後で探しやすくします。
■アーカイブ
アーカイブは、Gmailのアーカイブと同じでメイン画面から削除されますが、メイン画面から削除することで一覧画面がスッキリし、必要な情報に集中することができます。
アーカイブなので、完全に削除されるわけではなく、画面上部の「pocket」メニューの「Archive」からいつでもアクセスすることができます。
■お気に入り
お気に入りとして登録できます。
■共有
TwitterやFacebook、さらにはEvernoteなどの様々なサービスに投稿することができます。

複数のアイテムを編集可能

上記のメイン画面の右上の鉛筆アイコンをタップすると、複数のアイテムを選択して、アーカイブ、お気に入り登録、削除、タグ付ができます。
複数のアイテムを編集可能

日本語での検索はできない

残念ながらこの記事を執筆している時点では、iPhoneアプリで登録した記事を日本語で検索することはできません。
こちらのPC用Chromeのエクステンション「Check It Later New Tab Replacement」があれば、検索できるみたいです。
https://chrome.google.com/webstore/detail/check-it-later-new-tab-re/mcfamfpgfcjepemhonpnbbbmihheipgc

無料! おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Pocket (Formerly Read It Later)
  • 販売者: Idea Shower
  • 価格(掲載時): 0円
  • アプリサイズ:11MB
  • バージョン(掲載時):4.3