iCloudを使ってiPhone 4からiPhone 5へデータを移行する手順

iTunesにつないでデータをiPhone 4からiPhone 5へと移行するのもいいですが、今回は、WiFi環境でiCloudを通してiPhone 4からiPhone 5へデータを移行する手順を紹介します。

オンラインショップで機種変した人は、アクティベーションが必要ですので、こちらも参考にしてください。
SoftbankのiPhone 4からiPhone 5へのアクティベーション切り替え手順

アドレス帳のみを移行をしたい人は、こちらを参考にしてください。
iPhone連絡先のグループ分け、バックアップ、編集、移行のやり方[iCloud編]

作業前の確認

iCloudは無料で5GBまで

iCloudは無料で5GBまでしか利用できません。
iPhoneで撮影した写真などが大量にあり5GBを超えるような場合は、PCからiTunesに接続しての移行か、下記のアプリを使えば好きな写真を選択してiPhone 4からiPhone 5へデータを後で転送することができます。
iPhoneの写真・ビデオをWiFi経由でPCに転送できるアプリPhoto Transfer App

大容量の使っていないアプリを削除で復元時間を短縮できる

iPhone 4で使っていない大容量のアプリなどがあったら削除しておくとiPhone 5での復元の時間を短縮できます。

iPhone 4のデータをiCloudにバックアップ

それでは、作業を進めましょう。

iCloud上の写真のデータを削除

私の場合はフォトストリームがオンになっており、いつのまにやらiCloudの容量を圧迫していたので、フォトストリームを切ってiCloud上のバックアップデータを削除する手順から進めていますが、容量に問題がない場合には現状のデータをバックアップする手順に進めてください。

それでは、手順を追ってみましょう。
まずは、「設定」、「iCloud」と進めます。
設定 iCloud

基本的に電話帳やブラウザのブックマークなどは「オン」で設定してありますが、iPhoneで撮影した画像のデータは結構ありますますので、フォトストリームをオフにしておきます。
終わったら「ストレージとバックアップ」を選択します。
フォトストリームをオフ

「ストレージを管理」、「iPhone 4S」と進めます。
ストレージとバックアップ iPhone 4Sを選択

ご覧の通り、カメラロールの容量がいつの間にやら4.9GBになっていましたので、「オフ」にしてiCloud上のバックアップデータを削除します。
カメラロール iCloud上のバックアップデータを削除

続きを読む

バックアップデータの作成

iCloudバックアップを「オン」にすると、「今すぐバックアップを作成」のメニューが表示されますので、バックアップデータを作成します。
今すぐバックアップを作成

iPhone 5でiCloudからの設定データを復元

続いてiPhone 5の設定ですが、電源をオンにしたら必要な設定項目を選択して進めていきます。
Wi-Fiの項目になったら使っているWi-Fiを選択してパスワードを登録します。
LTEでの接続もいいかもしれませんが場所によってはまだつながらない、また、7GBの容量制限がありますので、Wi-Fi環境でデータ復元させましょう。
Wi-Fiを選択

「iPhoneを設定」画面になったら、「iCloudバックアップから復元」を選択して、Apple IDとパスワードを入力して設定を進めればオッケーです!!
、「iCloudバックアップから復元」を選択 Apple IDとパスワードを入力

ちなみに、iPhone 4で画面のパスワードロックをかけていた場合、それを聞かれる場面がありますので入力してください。

途中で気が変わってiTunesからデータを復元せたい場合には、iPhone 5をリセットして出荷状態に戻しましょう。
手順は以下の通りです。
設定 → 一般 → リセット → すべてのコンテンツと設定を消去

エンジョイiPhone 5!!!