iMovieの字幕(テロップ)の入れ方

iPhoneの代表的な動画編集アプリの一つ「iMovie」。このiMovieで動画に字幕を入れるやり方について紹介します。

関連 iMovieに音楽を入れる方法

iMovieの字幕(テロップ)の入れ方

目次

字幕(文字)の入れ方

動画の編集などの細かい操作はここでは特に紹介しません、あくまでも字幕入れのやり方についてとなります。

プロジェクトの作成

アプリを起動したらプロジェクトを作成します。
iMovieのプロジェクトを作成

2つのプロジェクトタイプがありますが、ここではムービー作成をします
iMovieで動画作成

動画素材の選択

iPhoneの動画が保存されているビデオアルバムから使用したい素材をタップします。すると、下記のように黄色い枠で選択されチェックマークのメニューが表示されますので、チェックを入れます。
使用する動画を選択

そしたら画面下部の「ムービーを作成」をタップします。
ムービーを作成を選択

字幕を入れるポイントの作成

動画の編集画面に移動したら、今度は字幕を入れる開始ポイントの作成をします。

まずは動画クリップをタップしてツールメニューを表示させ、はさみツールが選択されていることを確認します。
タイムラインを選択

そしたら、クリップを左右にドラッグしながら字幕を入れたい開始ポイントを探し、「分割」をタップします。するとクリップが下記のようにクリップが分割されますが、これが字幕の開始ポイントとなります。
iMovieの字幕入れ開始ポイント

続いては、同様に字幕の終了ポイントを探して、クリップを「分割」します。
iMovieの字幕入れ終了ポイント

字幕の追加

下記のように動画クリップを分割したわけですが、この分割した範囲が字幕の再生範囲となるわけです。
クリップを選択した状態で今度は字幕を追加してみましょう、文字ツールを選択します。
iMovieの文字ツールを選択

字幕位置、エフェクトの調整

字幕の編集画面になったら、まずは①字幕エフェクトナビゲーションを左右に動かして使用したいエフェクトを探します。②は字幕位置で、「中央」、「下」などの定位置となり、自由に設定することはできませんのでどちらかを選択します。③の「タイトルを入力」タップで字幕を入力しましょう。
iMovieの字幕エフェクトを選択

字幕の入力

字幕の入力ですが、基本的に改行して複数行を入れたり、色やフォントの設定をすることはできません。「☓」タップで文字を全て削除できます。ちなみに、文字の大きさも変更できませんが、文字数に応じて自動で文字の大きさが調整されます。ただ、あまり長く入れても読みづらかったりしますので、適度にとどめておきます。終わったら「完了」させます。
iMovie字幕(文字)入力

これでシンプルな字幕入れ動画の作成は終わりなので、再生して確認してみましょう。
動画を再生して確認

字幕の削除

字幕の削除ですが、字幕を入れたクリップを選択し、文字ツールを選択した状態で文字エフェクトの「なし」を選択することで文字の削除という状態にすることができます。
iMovieの字幕を削除

複数の字幕

残念ながら、さきほども述べた用うにiPhone版の字幕のフォントや色、位置、大きさなどは基本的に編集ができません。同様に複数の字幕も表示させることができませんが、文字エフェクトの中に「標準」、「ラインタイトル」というエフェクトは複数の箇所に字幕をれることができるようになっています。まー、複雑なことができなくても内容を充実させることで、惹きつけることは出来るのではないかと思います。
iMovieの字幕複数行 など

関連記事