インスタグラム新規&複数アカウントの追加方法・切替方法

「インスタ映え」という流行語を生み出したり、有名人なども利用している人気の写真投稿SNSインスタグラム。
このインスタグラムの使い方として、初めての人向けにインスタグラムのアカウントの登録方法や、複数アカウントの追加方法・切替方法も紹介したいと思います。

目次

インスタグラムの新規アカウントの登録方法

メールアドレスの入力

インスタグラムを初めて起動した場合この画面が表示され、Facebookを既に利用している場合は「Facebookでログイン」でログインすることもできますが、Facebookではつながっているけどインスタグラムでつながりたくない人もいる場合には、「電話番号またはメールアドレスで登録」を選択することをお薦めします。今回はこれを選択して進めます。
電話番号またはメールアドレスで登録

すると電話、またはメールでの登録画面に変わりますが、ここでも同様に電話番号を選択すると電話番号を交換している人でつながりたくない人がいる場合には、「メール」を選択して登録することをお薦めします。メールアドレスを入力したら次へ進みます。
Instagramにメールアドレスを登録

プロフィール画像・ユーザーネームとパスワードの入力

続いてはプロフィール画像、ユーザーネームとパスワードの入力です。プロフィール画像は後で登録することもできます。ユーザーネーム、パスワードは英数字で入力し、パスワードは「次へ」のボタンがタップできるまで入力する必要があります。終わったら「次へ」進みます。
インスタグラムにユーザー名とパスワード入力

ユーザーネームの確認です。変更したい場合は「ユーザーネームを変更」で変更し、問題がない場合には次へ進みます。
ユーザーネームの確認

Facebookアカウントとリンク

冒頭でも述べましたが、Facebookではつながっているけど、インスタグラムではつながりたくない人がいる場合には、ここはスキップします。Facebookアカウントとリンクするとつながっている人が友達候補として表示されてつながりたくない人ともつながってしまう可能性があるからです。
Facebookリンクをスキップ

電話帳を検索

これも上記のFacebookのリンクと一緒なので、「スキップ」します。
連絡先リンクをスキップ

有名人のフォロー

フォローとは、英語のfollow が語源で「後に着いて行く、一緒に行く」という意味があり、要は気になる人を追ってその言動をチェックするという事になります。ここでは有名人が候補として表示されていますので、気になる人がいたら「フォローする」をタップして、画面右上の完了で次に進みます。
インスタグラム有名人のフォロー

通知の許可

誰かにフォローされたり、メッセージが届いた場合には通知が来るように許可を出してくださいという案内なのでOKを選択して次に進みます。
通知をオンに

同じような案内が表示されますが、ここでは「許可」を選択します。
通知をオンにする

連絡先のアクセス許可

くどいですが、連絡先のアクセス許可を求められるますが、ここでは「キャンセル」して次に進みます。
連絡先リンクをキャンセル

上記の作業で一通りの登録作業は終わりですが、登録したメールアドレスにメールアドレスが有効かどうかの案内が届きますので、「Confirm your email address」をタップして有効化しておきましょう。
メールアドレスの有効化

複数アカウントの追加方法

続いては複数アカウントの追加方法を見て見ましょう。

まずは自分のプロフィール画面を表示し、画面右上の設定アイコンをタップします。
プロフィール、設定とタップ

そしたら画面を最下部までスクロールすると「アカウントを追加」というメニューが表示されていますのでそれをタップします。
アカウントを追加をタップ

すると先程のインスタグラムの新規アカウントの登録方法と同じ画面が表示されますので同様の手順でアカウントを追加していきます。
インスタグラムに新しくアカウントを追加

複数アカウントの切り替え方法

最後に複数アカウントの切り替え方法を紹介します。と言っても複数アカウントを追加した時点で案内がありますが、プロフィール画面を表示したら、画面上部のユーザーネームをタップすると下記のように登録してあるアカウントを簡単に切替えることができるようになります。また、複数アカウントを登録している場合には、ここからでも簡単にさらに追加することができるようになります。
インスタグラムアカウントの切替方法

複数アカウントを切替えるもう一つの方法として、画面下部のプロフィールアイコンを長押しします。
プロフィールアイコンを長押

するとこのように複数アカウントが表示されて簡単に切り替えることができます。大きなディスプレイのl場合、こちらの方が楽に切り替えができるでしょう。