友達フォローが楽にできるインスタのネームタグの使い方

インスタグラムにネームタグという新機能が追加されました。

目次

ネームタグとは?

インスタグラムのネームタグとは、ネームタグと呼ばれる画像を読み込むことで簡単に友だちを追加(フォロー)することができるインスタグラムの機能です。LINEやツイッターで言えばQRコードを使って友だちを追加する機能がありますが、それと同じようなものです。しかし、インスタグラムの場合、遊び心やオシャレ感があり、しかも手作りしたものでも読み込めるようになっています。

LINEやツイッターなどで友だち追加(フォロー)してもらう

早速、インスタのアカウントを追加して貰う方法を見てみましょう。まずは、近くにいなくてLINEやツイッターなどで追加して貰う方法です。

自分のネームタグを書き出し・共有する

インスタグラムのアプリを開くとプロフィール画面の上部にネームタグ用のアイコンがありますので、それをタップします。
インスタグラムのネームタグの使い方

プロフィール画面でネームタグアイコンをタップすると下記のような画面が表示されます。これがネームタグ画面です。画面右上の共有アイコンをタップして共有してみましょう。
インスタのネームタグ

共有アイコンをタップすると下記のようなウィンドウが表示されますので、メールあるいはLINE、ツイッターを選択して共有をします。
インスタのネームタグを共有

 

友だちにネームタグ画像を保存してもらう

共有をするとこんな感じの画像が表示されますので、それをスマホの端末に保存してもらいます。
ネームタグ画面を保存

友だちにネームタグをスキャンしてもらう

そしたら、友だちに同様にプロフィールからネームタグ画面を開いてもらいます。
友だちにネームタグ画面を開いてもらう

そしたら画面下部の「ネームタグをスキャン」を選択。
ネームタグをスキャンを選択

スキャンモードになったら画面右上の画像ライブラリを開きます。
スキャンモード

先程保存したネームタグを選択すると自動で認識されて下記のようなウィンドウが表示されますので、「フォローする」をタップします。これでフォローされたらフォローした相手のプロフィールを見にいってフォロー返しすればOKです。
インスタのネームタグでフォロー

お互いにカメラスキャンして追加する方法

今度は、近くにお互いがいる場合、カメラスキャンして追加する方法です。まずはお互いにプロフィールからネームタグ画面を開きます。
友だちにネームタグ画面を開いてもらう

そしたら、片方の人はネームタグ画面を表示したまま、もう片方の人はカメラのスキャンモードにします。
お互いにネームタグ画面を開く

スキャンモードにした人は、もう片方の人の画面を枠が合うようにスキャンします。
カメラスキャンでネームタグを読み込む

そしたら、フォロー、フォロー返しをすればお互いが追加されます。
インスタのネームタグでフォロー

ネームタグ画像をカスタマイズする

カラーバージョン

ネームタグ画像を書き出しする時に背景画像を様々にカスタマイズできます。デフォルトではインスタグラムのテーマカラーが表示されていますが、画面をタップすることで変更することができます。
ネームタグカラーバージョン

絵文字バージョン

画面上部のカラーをタップすると絵文字バージョンに切り替わり、同様に画面タップで絵文字が表示され、タップするとそれが背景に適用されます。
ネームタグ絵文字バージョン

セルフィーバージョン

最後はセルフィーバージョンです。セルフィーバージョンは、画面をタップするとデコアイテムが色々と変化し、セルフィーは別に自分の顔を撮らなくてもいいので、インカメラで撮りたいものに向けて撮影するとオリジナルのものが作成できます。
ネームタグセルフィーバージョン

オリジナルの作成と4つのポイント

ネームタグは恐らく画像認識技術を使ったものだと思われますが、実はインスタグラム内で作成する必要はないのです。下記は紙に書いたインスタグラムのアイコンとユーザーネームをスキャンしてみたのですが、余裕で読み込むことができました。笑。
手書きでインスタのネームタグ読み込み

なのでデザイナーの人はオシャレに作成することができます。例えば、名刺の裏にプリントする、ショップのウィンドウのすりガラスに印字する、チラシに素敵にデザインする、屋外広告に出すなど様々な場面で活用できます。ちなみに下記のサンプルは、スキャンモードでも画像ライブラリからでも読み込むことができます。
オシャレなインスタネームタグ

それでは作成する時の4つのポイントを紹介しておきます。手書きでもできるほどなので、難しさはないでしょう。

  1. インスタグラムのアイコンは必須
  2. アイコンの下にブロック体のユーザーネーム
  3. 文字はすべて大文字
  4. アイコンとユーザーネームの周辺にはある程度の空白を入れる

関連記事