インスタグラムで自分のURLを調べてリンクを貼り付ける方法

インスタグラムだけではなくツイッターなども使っている人は、ツイッターのプロフィールなどにインスタグラムへの誘導のためのURLリンクを貼りたいこともあるかと思いますが、インスタグラムでの自分のURLを調べたり、コピーする方法などインスタグラムのURLに関することについて色々と紹介したいと思います。

目次

インスタグラムのURL

インスタグラムのURLは https://www.instagram.com/ となっており、自分のURLは下記サンプルのように、インスタグラムのURLにユーザーネームを追記したものとなります。
https://www.instagram.com/appbase

ユーザーネームはアカウント作成時に設定した英数字の文字ですが、これを覚えている人はhttps://www.instagram.com/にブラウザでアクセスし、URLの後ろに入力してURL全体をコピーすればOKです。

ユーザーネームを覚えていない人は次の確認方法をチェックしてください。

自分のURLの確認方法

自分のURLとなるユーザーネームの確認方法を見てみましょう。
ホーム画面の右下のプロフィールアイコンをタップするとプロフィール画面の上部のタイトルバーに表示されている英数字がありますが、これがユーザーネームとなります。
インスタURLとなるユーザーネーム

URLのコピー方法

プロフィール画面のタイトルバー上のユーザーネームは、残念ながらコピーできません。なので、一旦プロフィール編集画面にいきます。
プロフィール編集を選択

そしたら、ユーザーネームをコピー。
ユーザーネームをコピー

次は、https://www.instagram.com/にSafariなどのブラウザでアクセスして、URLのアドレス欄をタップ。
SafariのURL欄をタップ

URLの最後尾に「/」を追加して自分のユーザーネームをペースト。
インスタのURLにユーザーネームを貼り付け

後はURL全体を選択してコピーし、好きな場所に貼り付け。
自分のURLをコピー

インスタURLをツイッターに貼り付け

サンプルでツイッターのプロフィールへの貼り付け方法を紹介します。

ツイッターを開いたら左上のプロフィールアイコンをタップ。
ツイッターのプロフィールアイコンをタップ

次は、「プロフィール」をタップ。
プロフィールをタップ

続いては「変更」を選択。
プロフィールを変更

後はインスタのURLを貼り付けるだけですが、ツイッターのように文字制限がある場合は、インスタグラムのサブドメイン「www.」を省略して「 instagram.com/appbase 」のように登録することが可能で、URLを短縮しても自動でリダイレクトされ、ツイッターでの文字数を稼げます。
ツイッターのプロフィールにインスタのURL

Web上のサービスなどで自分のインスタグラムアカウントにアクセスしてもらいたい場合は、ネームタグを使うのも手です。
インスタグラムのネームタグの使い方

関連記事