iPhone6s 3D Touchのやり方

iPhone6s 3D Touchのやり方

iPhone6sに新しく3D Touch機能が追加されましたが、iPhoneデフォルトアプリのいくつかに搭載されており、今後も様々なアプリに搭載される機能だと予想されます。

長押しと少し混同しそうな感じもありますが、長押しは指をアイコンの上に軽くポンと置いて暫く待つ、ということを意識すれば区別できるかと思います。

それでは画面を交えて使い方を細かく見てみたいと思います。

PeekとPop画面とは

3D Touchを使っていく上で登場するキーワードとしてPeekとPopが登場します。
Peekは、リンクなどを軽く押すと表示される簡易的な確認画面で、メールなどの内容を素早く確認したい場合に便利です。
Popは、上記のPeek画面からさらにもう一回画面を深く押すと表示され、メールなどの返信やWebサイトの閲覧などを行えるようになります。

3D Touchの基本操作

Appleのサイトでは「軽く押す、深く押す」と表現がありますが、慣れないうちはその違いが分かりづらいかと思います。
その場合には、「深く押す」で全て操作すればOKです。

iPhoneの設定から感度の調整や感度テストを行なうことができます。ここで練習をしてもいいかもしれません。
iPhone「設定」の「一般」を選択。
一般を選択

次は「アクセシビリティ」。
アクセシビリティを選択

「3D Touch」を選択。
3D Touchを選択

ここで感度の調整やテストができます。
感度テストでは、画像を軽く押してPeek画面を表示させたら、そのまま指を離さずにさらに深く押してPop画面を表示させて基本を覚えましょう。
感度を調整

クイックアクション

クイックアクションは、アプリを起動せずに素早くアプリのメニューを開いて操作することができます。
下記のようにホーム画面のデフォルトの幾つかのアプリは、軽くアイコンを押すとクイックアクションメニューが表示されます。

続きを読む


3D Touchのやり方

このようにクイックアクションメニューが表示され、クイックアクションに対応していない場合は端末がブルっと振動します。
現状のiPhoneデフォルトアプリでクイックアクションが操作できるのは、下記のアプリとなっていますので、色々と試してみてください。
クイックアクション

確認したところでは下記のアプリが現在クイックアクションに対応しています。
【デフォルトアプリ】
メッセージ、カレンダー、写真、カメラ、時計、マップ、メモ、App Store、リマインダー、iBooks、電話、Safari、メール、ミュージック、連絡先、友達を探す

【サードパーティアプリ】
InstagramDropboxTwitter、Evernote、Facebook、Launch Center ProYahoo!乗換案内Day One片手キーボードPro

住所リンク

メッセージやメールアプリなどで住所が記載されているとリンクが自動で貼られ、それを軽く押すとマップのPeek画面が表示されます。
住所を3D Touch

住所リンクからのPeek画面表示

Peek画面は簡易的にマップなどを確認することができます。指を離すと前の画面に素早く戻ることができますが、さらに深く押すとPop画面に移動して詳細を確認することができます。
さらに地図を強く押す

マップのPop画面

上記のPeek画面でさらに深く押すとこのPop画面に移動します。
Pop画面ではマップアプリと同様の操作を行なうことができ、地図の拡大縮小、マップの移動、現在地の確認などを行なうことができます。
マップの詳細が開く

マップのPeek画面のサブメニュー

マップのPeek画面では指を離すと前の画面に戻りますが、指を離さずに画面をそのまま上にスワイプするとサブメニューが表示されます。
Peek画面メニュー

キーボードのカーソル移動

3D Touch機能が追加されて便利になったのがキーボードでのカーソル移動です。
キーボードのどのキーでも構いませんので深く押します。
キーボードを強く押す

キーボードを深く押すとこの画面になりますので、指は離さずにキーボード上をスライドさせるとカーソルがそれに合わせて上下左右に簡単に移動するようになりますので、文章の修正なども簡単に行えるようになります。
カーソル移動が簡単に

マルチタスク

マルチタスク機能も簡単に行えるようになりました。
起動しているアプリの画面左端を深く押します。
画面左端を強く押す

すると画面左端に複数画面が表示されそのまま右にスワイプすることで、簡単にアプリを切り替えできるマルチタスクが行えます。
マルチタスクが簡単に

メール操作

メール操作もいろいろと使えます。添付画像付きのメールを軽く押してみます。
メールを強く押す

メールのPeek画面

これも同様にPeek画面を表示させた場合です。指を離すと前の画面に戻ります。Peek画面上部を見てみると上にスワイプできるという矢印があることが分かりますので、そのまま指を離さずに上にスワイプさせてみましょう。
メールのPeek画面

指を離さずに上にスワイプさせるとこのようにサブメニューが表示されます。
Peek画面のサブメニュー

Peek画面をそのまま右にスワイプすると「開封」のフラグに設定することができます。
右にスワイプ

逆に左にスワイプすると削除することができます。
左にスワイプ

メールのPop画面

Peek画面をさらに深く押すとPop画面に移動して詳細の確認や返信などが行えるようになります。
メールのPop画面

WebサイトのURL

メッセージやメールにURLがあるとリンクが貼られ、そこに素早くアクセスすることができますが、これもPeek画面で確認できます。
URLを強く押す

WebサイトのPeek画面

Webサイトを簡易的に確認することができます。これも画面を上にスワイプでできます。
WebサイトのPeek画面

WebサイトのPeek画面のサブメニュー

サブメニューを表示した状態です。
WebサイトのPeek画面のサブメニュー

WebサイトのPop画面

Peek画面をさらに深く押すとWebサイトのPop画面が開いて通常のWeb閲覧ができるようになります。
WebサイトのPOP画面

写真撮影時

写真撮影時のPeek画面

カメラを起動すると画面の左下にアルバムのサムネイルが表示されていますが、これも深く押すことでPeek画面が表示されます。
写真撮影時の3D Touch機能

Peek画面では画面を右にスワイプすると指をそのまま離さずに撮影した写真を素早く確認することができます。
サムネイルのPeek画面

写真アルバム

写真アルバムの写真一覧画面での写真も同様に軽く押すとPeek画面が表示されます。
写真アルバム一覧

Peek画面で上にスワイプするとサブメニュー、さらに深く押すと写真の拡大表示のPoke画面になります。
写真アルバムの写真もPeekとPokeに対応

LIVE Photo(ライブフォト)

iPhoneのデフォルトのカメラで撮影したLIVE Photoであれば、写真アルバムで拡大表示した時に軽く押しているとLIVE Photoが動き出します。
LIVE Photo

同様にロック画面にLIVE Photoを設定していれば、軽く押していると画面が動き出します。
ロック画面で軽く押す

Apple Music

Apple Musicでの利用も同様にアルバムジャケットを軽く押すとPeek画面が表示されます。
Apple Musicでの利用

他と同様にPeek画面が表示されたら上にスワイプでサブメニュー表示、さらに深く押すとPop画面が表示されます。
Apple MusicでのPeekとPop

Appleが公開している動画です。参考にするといいでしょう。

3D Ttouch機能の追加でさらに便利になったかもしれませんが、他のアプリでもこれを意識しないと気づかない機能だったりするかもしれません。