iPhone 5の「おやすみモード」は眠ってる間の通知機能を切ってくれる!

iPhone 5の「おやすみモード」は眠ってる間の通知機能を切ってくれる!

iPhone 5、又はをiOS 6にアップデートすると「おやすみモード」という機能が追加されていることに気が付きます。
この「おやすみモード」は、睡眠中の通知機能を切ってくれるものです。

TwitterやFacebookの通知機能がオンになった状態だと、真夜中でもTwitterのフォローがあった場合や、Facebookの「イイね」があると通知音が鳴ったりして、それにより睡眠を妨げられることもあるかもしれません。

「おやすみモード」の設定

そんなわけで「おやすみモード」を設定しておくと、睡眠中のTwitterやFacebookの通知を切ったり、電話の着信拒否を設定することができます。

それでは、「設定」を起動して見てみましょう。

「おやすみモード」の設定はオンオフの下にある「通知」を選択して、「おやすみモード」を選択します。
「通知」を選択 「おやすみモード」を選択

時間を指定することで、その時間帯のTwitterやFacebookからの通知を切ってくれます。
電話の着信拒否設定は「着信を許可」を選択することで、下記の項目を個別に選択設定できます。
・すべての人
・だれも許可しない
・よく使う項目
・グループ
着信を許可 だれも許可しない

「よく使う項目」の設定

「よく使う項目」は、「よく使う連絡先」だということでしょうが、「おやすみモード」の設定項目の中には、ありません。
アドレス帳の連絡先の中に入っている①「よく使う項目」をタップして、②「+」で追加したい人を選択することで、睡眠中でも家族などから電話がかかってきた場合には、着信拒否から除外することができます。
「よく使う項目」の設定

ちなみに、設定をしたらスクリーンアウト、画面をロックしないとおやすみモードは動作しません。

img@flickr
white dog sleeping on pavement | Flickr – Photo Sharing!