iPhone 5、iOS 6対応Googleマップが無料で使えるmapipo登場

AppleのCEO(最高経営責任者)ティム・クック氏からiPhone 5、iOS 6のダメなマップについて謝罪文が掲載されましたが、mapipo office開発によるiPhone 5、iOS 6対応Googleマップが無料で使えるアプリ「mapipo 6」が登場しました。

Googleマップの代替アプリを探していた皆さん、iOS 6にアップデートするのを躊躇していた皆さん、地図アプリはこれを使ってみましょう!

ちなみにこのアプリは、iOSのバージョンを6にアップデートしないとインストールできません。
また、残念ながら、現状ではiPadに非対応です。

「mapipo 6」は、様々な機能が備わっているのですが、いくつかの機能をピックアップして紹介します。

mapipoの主な特徴

無料でGoogleマップが使用可能

広告が表示されているのですが、無料でGoogleマップが使えます。
広告を非表示にするバージョンを開発中とのことです。

カーナビ用途にも使用できるように開発

「mapipo」はカーナビ用途にも使えるように開発されています。
そのための機能も色々と盛り込まれています。

AV機能

ミュージック・ビデオライブラリの選曲がアプリ内でできるため、その他のアプリに切替をする必要がありません。

このアプリはApp Storeから削除されました

mapipoの使い方

ストリートビューの使い方

レイヤでストリートビューエリアを選択するとこんな感じでストリートビューが閲覧可能なストリートを重ねて表示してくれます。
ストリートビューモードにするには、タップして長押しをします。
ストリートビューの使い方

ウォークスルーモード/オン

ストリートビューには、ウォークスルーモードと呼ばれる2つの操作方法があります。
視点の移動は、左右にドラッグ、移動は画面下のエリアをタップで移動のためのメニューが表示されます。
ストリートビューの終了は、画面右の人形をタップします。
ウォークスルーモード/オン ストリートビューの終了

続きを読む

ウォークスルーモード/オフ

ウォークスルーモードのオフ状態です。
行きたい場所の「Move」をタップで移動できます。
オンモード同様に画面をドラッグで視点を移動できます。
ウォークスルーモード/オフ
(ハワイ行きたい!)

直感的な操作による音楽制御

iPhoneの中に音楽ファイルがあれば、それをこの「mapipo 6」のアプリから再生の制御ができます。
右下のエリア上を下記のように操作することで、音楽再生の制御ができます。
・タップで音楽の再生/停止
・左右フリックで選曲
・左右+長押しで、曲早送り/曲早戻し
・3秒間長押しで操作ロック
・上下フリックで、ルート案内/曲情報切替
直感的な操作による音楽制御
まさにドライブのためのツールですね!

検索機能

基本的な検索機能は、下記の項目から検索できます。
・キーワード検索
・住所、電話番号、駅検索
・連絡先から探す
・地図中心を選択
検索機能