iPhone 5でテザリングができる事によって何が変わるか

iPhone 5でテザリングができる事によって何が変わるか

iPhone 5が発売されるにあたり、より高速でネットにつなげられるLTEに対応、それに加えてauのテザリング対応、それに遅れる形でSoftBankも2013年の1月からテザリングに対応すると発表してiPhoneユーザーの間では賑わいを見せました。

テザリング(tethering)とは何か、簡単に言うと無線モデムのようにスマートフォンを介してノートPCをネットに接続することです。

iPhoneがテザリングに対応することにより、何が変わるのかをちょっと考えてみたいと思います。

ノートPCをテザリングでつなぐ人が増える

これは凄く当たり前のことですが、ノートPCをiPhoneを介してネットをする人が増えるでしょう。

手軽に持ち運びができるノートPCとテザリング接続できる端末があれば、何処でも手軽にネットができるようになり、急ぎの仕事や喫茶店などで作業をしたい場合には、便利です。

iPad 3G版は要らなくなる

iPhoneでLTE対応、しかもテザリングが出来るのですから、3G回線を通してネットに接続するiPad 3G版は要らなくなり、iPadはWiFi版で十分ですね。

iPadとこのテザリング機能があれば、高機能なカーナビは要らないかもしれません。

WiiやPSPなどのポータブルゲーム機も無線でネットに接続

WiiやPSPなどのポータブルゲーム機も、iPhoneを介して無線でネットに接続できるようになり、ネット対戦などのゲームを楽しめます。

テザリングを介したグッズ・商品が増える

ポータブルゲーム機だけではありません、今後は、手軽にテザリング機能を利用できるようになるので、ネットに接続するようなグッズや商品が益々登場するのではないでしょうか。

身近なところでは、腕時計をiPhoneのテザリング機能を介してネットに接続し・・・、アイディア次第では何か新しい商品が生まれそうですね。

WiMAXやプロバイダなどの他のネット接続サービスの利用が減る

もしかしたらネットへの接続は、これで十分という人が出てくるかもしれません。
そういう人が増えると、WiMAXやプロバイダなどの他のネット接続サービスの利用が減る可能性はあるかもしれません。

プロバイダの利用停止は、仕事柄、私の場合は今のところはないですけどね。

ネット利用料金を節約できる

上記のように、これまでWiMAXやプロバイダのネット接続サービスの利用を停止して、ネット接続を一本化すれば、人によってはネットの利用料金をこれまでよりも節約することができます。

続きを読む

充電池の需要が増える

テザリングを介して利用することは、iPhoneの電池の減りもその分減りも早くなり、充電できるように充電池などを常に確保した方がいいのは間違いないでしょう。
そうなると、充電池の需要が増えるのではないかと考えます。

先日発表されたNokiaのWindows Phone 8 Lumia 920は無線の充電池に対応したのですが、残念ながらiPhoneはこれに対応していません。
ぜひとも、これに関連する無線充電グッズを開発して欲しいですね。

問題点

テザリングが出来るようになり、すべてが良いことのように見えますが、そうでもないです。
今のところ、大きな問題点はこの2つではないかと見ています。

電池の減りに気をつける必要がある

テザリングをする場合には、やはりiPhoneの電池も消耗が激しくなります。

利用する時は、充電できる場所の確保や、ノートPCで電源を供給しながら使用するか、充電池の常備を心がける必要があります。
大事なお客さんから電話が掛かってきているのに、いざとなって電池が足りないのでは大変です。

毎月のデータ通信量が7GBを超えると通信速度が128kbpsに制限

毎月のデータ通信量が7GBを超えると通信速度が128kbsに制限されてしまいます。

7GBでどれぐらいのことができるかというと、こんな感じらしいです。

1日あたりの平均利用データ量
 
【7GBのパケット通信量でできること】
・メールの送受信…およそ62万通
・ホームページ閲覧…およそ1,687ページ
・動画視聴…およそ1.1時間
・音楽のダウンロード…およそ60曲
・50MBのアプリDL数…およそ4.7個

参照先:http://www.excite.co.jp/News/apple_blog/20120918/Meeti_147704.html

ちなみに、下記の手順で自分の使用状況を確認することができますが、一度使用状況をリセットして一ヶ月分を測定する必要があります。
「設定」 → 「一般」 → 「使用状況」 → 「モバイルデータ通信の使用状況」

こうやってみると、意外と使えそうな感がありますが、動画をよく見るユーザーにはもしかしたら足りない、職業によってはヘビーに利用する場合もありますので、実際に使ってみないと分からないところですね。

ただ容量制限に関しては、7GBを超えても追加料金を支払えば解除されるのと、今後は制限する容量が多少緩和される見通しです。

まとめ

こうやってみると、電池に気をつければテザリングは、ユーザーに取っては様々なメリットがあり、企業にとっては新商品の開発や売上に貢献する一方で、売上が減少するところがあるかもしれません。

追記:2012.12.15
SoftBankでもテザリングが出来るようになりました。
こちらの記事SoftBankのiPhoneでテザリングを設定する方法もチェックしてみてください。