iPhoneで使われていないアプリを自動で削除する方法

iPhoneでは、写真、動画、音楽などの様々なデータが端末の容量を圧迫することがありますが、それ以外にもアプリもその要因の一つだったりもします。中には数ギガ単位のゲームの珍しくはありません。

目次

使用していないアプリを自動で削除

しかし、試しでインストールしてみたものの、そのまま放置しているアプリも意外とあったりします。そのために無駄にiPhoneの容量を使用している場合もあります。

この対策として、iOS 11では新たに使用していないアプリを監視して自動で削除できる機能が実装されました。

使用していたデータは保存される

アプリのアンイストール時はアラートが表示され、アプリで使用していたデータも削除されると警告されますが、自動でアプリの削除を設定した場合は、アプリで使用していたデータは残るので安心して設定することができます。

自動でアプリを削除するための設定方法

それでは方法を見てみましょう。
まずはiPhoneの「設定」を選択。
iPhoneの設定

次に「iTunes StoreとApp Store」を選択します。
iTunes StoreとApp Storeを選択

そしたら画面をスクロールさせると「非使用のAppを取り除く」というメニューがありますので、そのスイッチをオンにします。設定自体はこれで終わりで後は自動で削除されるのを待つだけです。
非使用のAppを取り除く

Googleフォトとこのアプリの自動削除機能を併用すれば、それなりにiPhoneの容量を節約できるようになるのではないでしょうか。

■iOS 11関連記事