【iOS 11】iPhoneのコントロールセンターの使い方&カスタマイズ方法

iPhoneのコントロールセンターは、画面下部を上にスワイプするとライトやアラーム、電卓、カメラなど即座に使える便利な機能ですが、iOS 11で新しくなってさらに便利になりました。今回はこの新しくなったiPhoneのコントロールセンターの使い方について紹介していきたいと思います。

目次

iPhoneのコントロールセンターの表示

iPhoneのコントロールセンターはロック画面、ホーム画面、アプリ内画面など、どこでも基本的に即座に開くことができます。

コントロールセンターの開き方は、iPhone本体の下部(ピンク色の帯)の画面外から上にスワイプします。コントロールセンターが出にくいと感じる人は、とにかく画面外からスワイプすることを意識するといいでしょう。
画面外からコントロールセンターを開く

するとこのように開かれます。閉じる場合は、画面全体を下にスワイプするか、画面上部の空きスペースをタップすると閉じます。
iPhoneのコントロールセンター

iPhone Xでのコントロールセンターの開き方

iPhone Xでは開き方が画面下部ではなく、画面右上から下にスワイプでコントロールセンターが開くようになっています。
iPhone Xでコントロールセンターの開き方

コントロールセンターの使い方

基本操作

基本操作を見てみましょう。基本的にはアイコンをタップすることで機能のオン・オフの切替ができ、電卓やカメラなどはアプリが起動するようになっています。iOS 11では画面の明るさとボリュームの調整が、バーを上下にスライドで簡単に強弱の調整ができるようになりました。特にボリュームは本体のボタンを押さなくても調整できるのは便利ですね。
コントロールセンターの操作方法

基本機能

デフォルトの気になる基本機能を軽く紹介します。
コントロールセンターの基本画面

機内モード

全ての通信を遮断します。飛行機だけではなく、長距離の電車や車の移動で機内モードをオンにすることでバッテリーの消耗を減らすことができます。

モバイルデータ通信

Wi-Fiの電波が悪い時には、Wi-Fiをオフにしてこのモバイルデータ通信のみにしてみるといいでしょう。つながりやすくなる場合があります。

Wi-Fi

自宅や会社などでWi-Fiが繋がる場合には、利用することでモバイルデータ通信の通信量を抑えることができます。

Bluetooth

使わない場合はオフにしましょう、バッテリー消耗を防ぐことができます。

おやすみモード

メール受信や電話着信を遮断することができます。設定で指定した電話のみや時間などを設定できます。

画面ミラーリング

同一のネットワーク上のApple TVにiPhoneの画面を映し出すことができます。ゲームや動画、写真などを皆で観たい時に利用するといいでしょう。

3Dタッチ機能 

iPhone 6s以降に搭載された3Dタッチ機能を使うことでさらに便利に使うことができるようになっています。コントロールセンターの下記のピンク色で囲った機能を3Dタッチ対応の端末で強く押すことで更に機能が開きます。
コントロールセンターで3Dタッチ

例えば、左上の通信機能を3Dタッチすると「AirDrop」と「インターネット共有」の機能が更に使えるようになっています。
3Dタッチで開かれた通信機能

ざっくりと紹介します。

AirDrop

iPhone同士での写真を交換したい場合に使います。使わない場合はオフにして通信量の節約、セキュリティ対策ができます。

インターネット共有

テザリング機能が使えるようになり、ノートPCや他のスマートフォンをネットに繋げることができるようになります。

明るさ調整とNight Shift

明るさ調整を3Dタッチすると明るさ調整の調整に加えてNight Shiftモードの切替をすることができます。ここでもバーを上下にスワイプで明るさを調整できます。Night Shiftはブルーライトカットのことで、強いブルーライトをカットして寝付きの悪さを防止、脳への疲れの軽減をしてくれます。
画面の明るさ調整

アラーム

一番使えるのはアラーム機能かもしれません。さっとアラーム機能を使いたいときには便利です。上下にスライドしてアラームの時間を設定して、「開始」をタップするだけで使えるようになります。
3Dタッチでアラーム機能

カメラ

3Dタッチすることで、セルフィーや動画撮影を素早く行うことが出来るようになります。 
3Dタッチでカメラ機能

コントロールセンターのカスタマイズ

iOS 11ではさらにカスタマイズができるようになりました。
まずはiPhoneの設定の「コントロールセンター」をタップ。
設定のコントロールセンターをタップ

そしたら「コントロールをカスタマイズ」さらにタップ。
コントロールをカスタマイズをタップ

後は、ドラッグして並び替え変えたり、「-」で削除、「+」で追加したりすることができます。
機能を追加や並び替え

そうするとこんな感じで画面下部に新たに追加されます。新しく追加された画面収録機能や、低電力モード、運転中の通知モードのオフなどを加えることでさらに便利になるでしょう。
カスタマイズしたコントロールセンター

■iOS 11関連記事