ダークモードとは?iPhoneでのやり方&戻す方法

iOS 13でiPhoneが新たにダークモードを追加されました。このダークモードの設定方法、変更手順や戻す方法を紹介します。

関連 iPhoneの電池バッテリーの消耗を抑える方法

目次

ダークモードとは?

ダークモードとは、画面背景を黒基調のデザインにすることをいいます。メリットとしては、スマホのバッテリーを長持ちさせたり、目の負担を和らぐ効果があると最近の研究結果で発表されています。
Dark mode is easier on your eyes—and battery | Popular Science

MacやWindowsのアプリケーションで実装され、その波はMacやWindowsのOSにも波及して、ついにはiPhoneにもiOS 13で実装されるようになりました。

以前にもこちらの記事iPhoneの電池バッテリーの消耗を抑える方法で紹介しましたが、スマホのバッテリーの消耗が激しい人は、このダークモードも試してみるといいでしょう。

また、スマホの普及で長時間画面を眺めている人も多いと思いますが、目への負担軽減という意味でも利用するといいでしょう。

ダークモードのやり方・変更方法

設定方法を見てみましょう。

iPhoneの設定を開いたら、スクロールして画面表示と明るさを選択します。

後は、ダークを選択すれば瞬時に切り替えることができます。なお、見づらい場合は、「ライト」を選択すれば戻すことができます。

関連記事