iPhoneの動画編集で不要シーンをカットしてトリミングする方法

目次

iPhone標準の動画編集機能はつなげられない

iPhoneの標準の動画編集機能は限定的で、不要なシーンを削除してトリミングするぐらいしかできません。なので、動画同士をつなげて編集したり音楽やタイトルテロップなどをいれることはできません。そういった編集をしたい人は下記アプリなどを参考にするといいでしょう。
好きなフォントで動画に字幕入れができるアプリFilm Story Pro

動画の編集

動画のアルバムから編集したい動画を選択します。
iPhoneで編集したい動画を選択

動画の詳細画面が表示されたら、画面右上の「編集」をタップします。
iPhoneの編集をタップ

すると画面が暗くなって編集モードになります。そしたら画を確認しながらカットしたい箇所までスライダーを動かします。
iPhoneで編集

スライダーは、ドラッグした後に指を置いたままにするとタイムラインがさらに広がり、画を細かく観ることができます。
スライダを動かす

そしたら今度は画面横のトリミングスライダーを先程の検討を付けたスライダーの箇所までドラッグします。すると下記のように黄色い枠が表示されますが、この黄色い枠が使用する箇所となり、それ以外の箇所はトリミングされて削除されます。トリミング用のこのスライダーもドラッグした後に指を置いたままにするとタイムラインが拡大されて細かく調整ができます。調整が完了したら画面右下の「完了」をタップします。
iPhoneで動画を編集してトリミング

ドラッグが完了すると下記のようなメニューが表示され、「オリジナルをトリミング」を選択するとトリミングした削除した箇所はもう2度と編集ができない状態でオリジナルに保存されます。なので、後でやはり再編集したい場合のために「新規クリップとして保存」することをお薦めします。これで作業は完了です。
新規クリップとして保存

iMovieで素早く動画編集

iMovewをインストールしていると素早く動画にタイトルテロップをいれたり、カラー変更、音楽も追加することができます。

iMovieをインストールしていると下記のように、メニューが表示されますのでそれをタップ。
メニューをタップ

続いては「iMovie」のアイコンをタップ。
iMovieを選択

この連携は、タイトルテロップ入れ、音楽の追加、カラー変更などの簡単な動画編集ができます。
テロップなどを入れる

動画編集アプリは当サイトでも色々と取り上げてますので、リンク先もチェックしてみてください。