iPhoneのFacebook5.2で追加されたシェアや絵文字などの新機能

前回の記事でも伝えましたがiPhoneのFacebook 5.2にアップデートされました。
前回の記事ではiPhoneでのFacebookのタグ付けのやり方を紹介しましたが、今回はシェアや他の機能を見ていきたいと思います。

Facebook 5.2新機能「シェア」

まずはシェアの機能ですが、FacebookのシェアはTwitterで言うところのリツイートみたいな機能で、ニュースフィード上のリンクや写真を再度投稿する機能です。

ただ、iPhoneのFacebookアプリのページにはシェアが新機能として紹介されていますが、現状のFacebookアプリの日本語版ではこのシェアの機能は使用できません。

しかし、iPhoneの言語を英語に変更するか、Safariブラウザで「 http://m.facebook.com 」にアクセスすることで一足先に見ることができます。

言語の切替は下記のようにアクセスすることで「Share」機能が使えます。
設定 > 一般 > 言語環境 > 言語 > English
シェアのやり方

通常の「全体公開リンク」に「いいね!」を押すと、自分の友だちや見知らぬ人にもそのリンクは全て公開されてしまいます。
しかし、こうやってシェアを選択することで画面右下の公開範囲を指定してシェアすることができます。
公開範囲を選択 公開範囲を指定

続いては、メッセージでの絵文字の利用についてみていきます。

Facebook 5.2新機能「メッセージでの絵文字の利用」

メッセージでiPhoneの絵文字が普通に使えるようになりました。
下記画面にあるように、文字入力欄の左にある「+」をタップすることで絵文字が使えるようになります。
メッセージでの絵文字の利用 絵文字が使える

この「+」で表示される絵文字は、残念ながらiPhoneで使える絵文字は全て使えません、なのでFacebookが用意した絵文字が対象となっています。

ちなみに、iPhone同士であればiPhoneの通常の絵文字は問題なく表示されます。
しかし、PCなどでみるとこんな風に文字化けします。
これはGoogleのChromeで見た場合です。
PCなどでみるとこんな風に文字化け
Firefoxで見るとこんな風に絵文字が表示されます。
Firefoxで見るとこんな風に絵文字が表示

Facebook 5.2新機能「ニュースフィードの表示並べ替え」

ニュースフィードの並び替えが「ハイライト」、「最新の投稿」から選択できるようになりました。
ニュースフィードの横の設定ボタンで選択できます。
ニュースフィードの表示並べ替え

Facebookは、9月20日に今後のモバイルアプリのアップデートリサイクル4~8週間で行うとアナウンスしましたが、フィルター機能が公開時の詳細情報に表示されていなかったりです。