写真フィルターやエフェクトが豊富な写真加工アプリWowFX

写真フィルターやエフェクトが豊富な写真加工アプリWowFX

iOS
41

iPhoneの「Instagram」は、フィルターを施すことで味のある画像や写真に仕上げてくれるアプリで大変人気があります。

しかし、そのInstagramをより発展させたiPhone用写真フィルター、エフェクトアプリ「WowFX(ワウ・エフエックス」は、その100種類を超えるハイクオリティで豊富なエフェクトや、Instagramのようなフィルターは、思わず「Wow!!!!(ワォー!!!)」と驚きたくなるほどに素晴らしいです。

WowFXの主な特徴

豊富なエフェクト

WowFXがInstagramと決定的に違うのは、独自のSNSの要素を持たず、エフェクトやフィルターに特化したiPhoneアプリになっているということです。
そして、それらのハイクオリティなエフェクトやフィルターを適用できるのです。
下記はスカイツリーの写真ですが、右の写真のようにエフェクトやフィルターをiPhoneのアプリで簡単に適用できるのです。

切り抜き用マスクツールで合成も

切り抜き用マスクツールも付いており、写真の一部分を切り抜いて様々な写真を合成することもできます。

紹介動画です。

今すぐアプリをダウンロード

エフェクトサンプル

こんな感じのエフェクトが、色々と収められていて、CDのジャケットやタイトルジャケットなどに使え、必要なのはあなたの妄想力?想像力?だけ!!
虹入色に輝くエフェクト カッコイイ写真を加工できる

幻想的なエフェクトもあります。
幻想的なエフェクト 必要なのは妄想力?想像力?

様々な種類の光があります。
CDジャッケットっぽいものも作成できる フレアーエフェクト

キラキラハートや月のエフェクトもバッチリ。
ハートやキラキラエフェクト 月もエフェクトとして利用できる

炎、爆発、雷、光、雲と水、翼などもあります。
雲フィルターで思い通りの写真加工 水のフィルターもあるよ

WowFXの使い方

カメラロールから選択

アプリを起動したら、②の新しく写真を撮るか①の写真アルバムから写真や画像を選択します。
今回は、①の写真アルバムのから画像を選択します。
カメラロールから選択 写真アルバムのから画像を選択

画像の大きさ、位置調整

写真を選択するとこの画面になります。
③の写真部分をスライドさせて位置を調整したり、ピンチイン、ピンチアウトで写真を拡大縮小できます。
調整が終わったら④で適用して次に進みます。
画像の大きさ、位置調整

続きを読む

エフェクト選択

続いては、「EFFECT」をタップしてエフェクトの選択です。
オーロラや光の線、星、ハート、宇宙、炎、雷、水、虹など114種類のエフェクトがあり、観ているだけでもワクワクします。
エフェクト選択 114種類のエフェクト

エフェクトの大きさ位置、角度調整

エフェクトを選択したら、続いてはそのエフェクトの位置調整、大きさ、角度を調整します。
調整が終わったら、⑥の「APPLY」でエフェクトを適用します。
エフェクトの大きさ位置、角度調整

画面の説明

下記の画面の説明を参考に気に入るまでエフェクト追加や調整をして適用してください。
8.) MOVE/エフェクトの移動
9.) LAYERS/エフェクトのレイヤーを選択
10.) OPACITY/透明度の調整
11.) EFFECT/エフェクトの追加
12.) NEXT/フィルター選択画面へ
画面の説明

エフェクトレイヤー選択画面

⑨のLAYERSを選択すると、このレイヤー選択画面が表示されます。
エフェクトの調整をしたいレイヤーを選択することで、そのエフェクトを調整することができます。
エフェクトレイヤー選択画面

エフェクト透明度調整画面

⑩の「OPACITY」を選択するとこのエフェクトの透明度を調整する画面が表示されます。
⑬をスライドして調整し、⑭で適用します。
エフェクト透明度調整画面

フィルター選択画面

⑫を選択するとこのフィルター選択画面になります。
Insagramのように、矢印の方向にフィルターをスライドさせて好きなフィルターを適用さることができ、Instagramとはまた違ったフィルターを適用できます。
⑮で保存&共有画面に移動します。
フィルター選択画面

写真の保存共有

基本的に作業した画像は保存できるのですが、その作業した内容を保存することはできません。
「HOME」を選択すると、これまで作業した内容を破棄するか聞かれますので、戻って修正するか「SAVEで」で画像として写真アルバムに保存しましょう。
そして、共有のボタンはなぜかTwitterやFacebookへの連携が見当たりませんでした。
LINEやInstagramへの連携ができるので、そこから連携すればいいでしょう。

■画面の説明
⑯HOME/ホームへ戻る
⑰SAVE/写真アルバムに保存
⑱SHARE/SNSや他のアプリとの共有
写真の保存 写真の共有

切り抜き用マスクツールの使い方

ここからは、切り抜き用のマスクツールの使い方を紹介します。
「+」、「PHOTO」と選択して画像を追加したら、画像の余分な部分を切り取るために「MASK」機能を使います。
WowFXの新機能の使い方 「MASK」機能

マスク機能のコツ

画像の余分な部分を切り取るマスク機能ですが、ブラシを塗りつぶした緑色の部分が基本的に表示されます。
コツは以下の通りです。
・ブラシの透明度の強さを弱め、サイズを小さめにして、縁取る
・次にブラシの透明度を強くして、サイズを大きめにして中を塗りつぶす
・縁取る時は、画面左上のズームアップ部分を見ながら塗りつぶす

手順

①のブラシを選択
②ブラシの透明度の強さを弱めに設定(30が弱、1が強)
③ブラシサイズを小さめに
⑥のズームアップ画面を見ながら、⑤のように縁取る
ブラシの透明度の強さを弱めに設定

次に⑦でブラシの透明度を強く、⑧のブラシを大きめにして中を塗りつぶして、終わったら「APPLY」で適用します。
ブラシを大きめにして中を塗りつぶし

余分な部分が切り取られて缶だけになりました。
⑨で位置とサイズを調整して、⑩で適用します。
位置とサイズを調整

続いては、エフェクトを2つほど適用してみました。
しかし、これだと缶が見えなくなってしまいますので、エフェクトをマスクツールで缶以外の部分を塗りつぶしていきます。
エフェクトを2つほど適用 マスクツールで缶以外の部分を塗りつぶし

そうするとこんな感じで缶部分のロゴが見えるようになりました。
後は、フィルターを掛けて完成です!!
ロゴが見える フィルターを掛けて完成

テキストを付け加えれば、こんな風にも仕上げることができます。
テキストを付け加え

おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:WowFX
  • 販売者: Dropico
  • 価格(掲載時): 85円
  • アプリサイズ:28.6MB
  • バージョン(掲載時):1.0