iPhoneのバッテリー減りが早い場合の電池を長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリー減りが早い場合の電池を長持ちさせる方法

常に手放せないiPhoneですが、一日中使っているとバッテリーの減りが早くあっという間になくなってしまうこともしばしばあります。

そこでiPhoneの電池の消耗を抑えて長持ちさせるための方法を紹介したいと思います。

目次

  1. 電池消耗の主な原因は通信と動きのある動作
  2. バッテリー残量をパーセンテージ表示に
  3. 早めの低電力モード
  4. 長時間使わない場合は機内モード
  5. アプリのバックグラウンド更新をオフにする
  6. 予備バッテリーを持つ
  7. 自動ダウンロードをオフにする
  8. 画面の明るさを落とし、自動調整に設定
  9. 状況に応じてWi-Fiを使い分ける
  10. 安定したWi-Fi環境なら携帯ネットワークをオフにする
  11. Bluetoothは基本的に切る
  12. AirDropの受信をしない
  13. アニメーションを減らす
  14. 位置情報サービスオフにする
  15. 通知を無効にする
  16. ゲームや動画などの処理が重いアプリの使用を控える
  17. 最新のiOSにアップデートする
  18. ダイナミック壁紙、Live Photoの使用を控える
  19. メールの通知をオフにする
  20. インターネット共有はオフにする
  21. 画面ロックの自動ロック時間を短くする
  22. 極端な周囲温度での使用を避ける
  23. 充電時はカバーを外す

電池消耗の主な原因は通信と動きのある動作

個々にもよりますが、ゲームで遊ぶ、動画を観るなど端末に重い処理をさせる使い方以外で、バッテリーが減る主な原因としては通信があげられます。なので、この2つの原因を常に意識することで自然と対策もしやすくなります。

バッテリー残量をパーセンテージ表示に

これは電池消耗に対する意識を持たせるための設定ですが、バッテリー残量を%(パーセンテージ)に設定することで正確な数値を把握して、数値に対してどのような対応をするのかを体感して体で覚えていくものです。

設定の「バッテリー」を選択。
バッテリーを選択

バッテリー残量(%)をオンにします。これでバッテリーの横に数値が表示されます。また、この画面ではアプリの電池の使用状況が把握できますので、それらも把握して処理を限定するといいでしょう。
バッテリー残量を%表示

早めの低電力モード

デフォルトでは電池の残量が残り20%以下になると低電力モードに切替えるかというお知らせが表示されます。低電力モードではデバイスのパフォーマンスを最適化したり、アプリのバックグラウンド更新の停止やアプリの同期停止などが行われ機能が低下しますが、電池を長持ちさせることができます。

個々の使用状況にもよりますがバッテリー残量30%で持つかどうかを判断して、充電まで持たないようであれば早めに切替えるのもいいでしょう。

iOS 11以降であればiPhoneのコントロールセンターから素早く切り替えができるようになります。コントロールセンターで使うためには、まずは低電力モードの機能を追加する必要があります。

まずは、設定の「コントロールセンター」をタップ。
設定のコントロールセンターを開く

次は「コントロールをカスタマイズ」を選択。
コントロールをカスタマイズを選択

そしたら「低電力モード」の機能を追加します。
低電力モードを選択

後は、コントロールセンターからオンにするだけです。
低電力モードをタップ

長時間使わない場合は機内モード

例えば、授業中、仕事中、映画鑑賞中、乗り物の移動でiPhoneを長時間使わないような時は、通信を遮断する機内モードにセットしておくといいでしょう。個人的にはこの機内モードが一番効果的に節約できると実感します。ただし、通信を遮断するので連絡待ちなどをする必要がある場合には控えましょう。

コントロールセンターで機内モードのアイコンをタップすれば、すぐに機内モードになります。
機内モードで電池を長持ちさせる

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

アプリのバックグラウンド更新をオンにすると自動でコンテンツのアップデートをやってくれて凄く便利ですが、それがバッテリー消耗の原因だったりします。自動更新をオフにしましょう。

まずは設定の「一般」を選択。
設定の一般を選択

次に「Appのバックグラウンド更新」をタップ。
Appのバックグラウンド更新を選択

個別にアプリのバックグラウンド更新を停止することもできますし、全てを一括でオフにすることもできます。
Appのバックグラウンド更新をオフに

予備バッテリーを持つ

一番手っ取り早いのは予備バッテリーを持つことかもしれません。これならiPhoneのバッテリーが減っても安心です。予備バッテリーの中には、ケースと一体型になっているものもありますので、そういったものを検討するのもいいでしょう。

自動ダウンロードをオフにする

基本的に自動で通信が発生する挙動は便利な半面、バッテリー消耗の原因となります。自動ダウンロードなんかもその一つです。

設定の「iTunes StoreとApp Store」を選択。
iTunes StoreとApp Storeを選択

ミュージック、App、ブックとオーディオブック、アップデートをオフにします。
自動ダウンロードをオフに

画面の明るさを落とし、自動調整に設定

明るければエネルギーの消費も当然大きくなることは必然的なので、画面の明るさを落とすことで電池を長持ちさせます。iPhoneのコントロールセンターで明るさを調整調整できます。
iPhoneの明るさ調整

設定から行うには、下記の手順。
設定 ▶️️ 画面表示と明るさ ▶️️ スライドバーで薄暗く調整

さらに、明るさの自動調整もオンにしておきましょう。
設定 ▶️ 一般 ▶️ アクセシビリティ ▶️ ディスプレイ調整 ▶️ 明るさの自動調整 ▶️ オン

状況に応じてWi-Fiを使い分ける

家にいる場合には安定したWi-Fiを使うことができますが、屋外の場所によっては電波が悪かったり混雑したりしていると端末がWi-Fiを探しにいったりして無駄にバッテリーを浪費することになってしまいます。

なので、その場合にはWi-Fiを切りましょう。コントロールセンターから簡単にオフにすことができます。
iPhoneのWi-Fiを切る

設定からの変更
設定 ▶️ Wi-Fi ▶️ Wi-Fi ▶️ オフ

安定したWi-Fi環境なら携帯ネットワークをオフにする

自宅など安定したネットワーク環境にいるなら携帯のネットワークをオフにしましょう。Wi-Fiの方が携帯電話ネットワークよりも消費電力が少ないためです。

コントロールセンターからオフにできます。
携帯ネットワークを切ってiPhoneのバッテリーを長持ちさせる

Bluetoothは基本的に切る

Bluetoothも基本的には、ワイヤレスイヤホンなどBluetooth対応の接続機器を探すわけですが、接続機器がないのに探し回るのは無駄にバッテリーを消耗するというのは言うまでもありません。

基本的に接続する機器がないのであればオフにしておきましょう。
これもコントロールセンターからオフにすることができます。
Bluetoothを切る

設定からの変更
設定 ▶️ Bluetooth ▶️ Bluetooth ▶️ オフ

AirDropの受信をしない

iPhone同士での写真の送受信に便利なAirDropも、交換する機会がないのなら基本的には受信しない設定をしておきましょう。

コントロールセンターを開いたら左上の通信エリアを3Dタッチします。
3Dタッチで開く

さらに通信関係のアイコンが表示されますので、AirDropを選択します。
AirDropを選択

後は「受信しない」を選択です。
受信しないを選択

設定からの変更
設定 ▶️ 一般 ▶️ AirDrop ▶️ 受信しない

アニメーションを減らす

初めて使う場合には、そのアニメーションに感動を覚えるのですが、そのアニメーションをするのにもやはりエネルギーが必要なのです。なので、そのアニメーションをなるべく切ります。

「設定」を開いて「一般」を選択します。
設定の一般を選択

次は「アクセシビリティ」。
アクセシビリティを選択

今度は「視差効果を減らす」を選択。
視差効果を減らすを選択

最後は「視差効果を減らす」をオンにします。
視差効果をオンに

位置情報サービスオフにする

Googleマップなどの地図アプリなども通信を介する位置情報サービスも便利な半面、バッテリー消耗の原因となります。位置情報サービスの個々のアプリの設定を無効にするか、全てオフにしましょう。

プライバシーを選択。
プライバシーを選択

次は、「位置情報サービス」を選択。
位置情報サービスを選択

そしたら、位置情報サービスをオフにします。これは位置情報サービスを利用する全てのアプリに対してすべて無効にします。個別に無効にすることもできますので、必要ないアプリはオフにしましょう。
位置情報サービスをオフに

通知を無効にする

通知を必要とするアプリは意外とあります。本当に通知が必要なアプリだけに限定して通知はオフにしましょう。

設定の通知を選択します。
通知を選択

本当に必要なアプリの通知だけ残して後はオフにしましょう。
不要なアプリの通知を切る

ゲームや動画などの処理が重いアプリの使用を控える

冒頭でも述べましたが、ゲームで遊んだり動画の閲覧はコンピューターに重い処理をさせることになり、そのためのバッテリーエネルギーが必要となるので必然と消耗が著しく減ります。なので、重い処理となりそうなアプリの使用は控えましょう。

最新のiOSにアップデートする

iOSは常に改善がなされており、バッテリーの持続時間が長くなるようなアップデートがある場合がありますので、常に最新のバージョンにアップデートをしておくようにしましょう。

下記の手順でお使いのソフトウェアは最新です」と表示されていなければアップデートしましょう。
設定 ▶️ 一般 ▶️ ソフトウェア・アップデート

ダイナミック壁紙、Live Photoの使用を控える

ダイナミック壁紙、 Live Photoは見ているだけでも楽しいものがあったりするのですが、これも動きのあるものなのでバッテリーの減りを促す要因となります。

設定 ▶️ 壁紙 ▶️ 壁紙を変更 ▶️ 静止画
ダイナミック壁紙やLive Photoの使用を控える

メールの通知をオフにする

今では連絡はメールではなくLINEやFacebook、TwitterなどのSNSを使う機会も多く、メールでのやり取りは殆どないのではないでしょうか。iPhoneのデフォルトのメールを使っていないのであれば、通知機能をオフにするといいでしょう。

設定 ▶️ メール ▶️ 通知 ▶️ 通知を許可 ▶️ オフ
メールの通知をオフにする

インターネット共有はオフにする

外でノートPCなどをネットに繋げる時に便利なテザリング機能ですが、基本的に使っていないのであればオフにしましょう。

コントロールセンターの通信エリアを3Dタッチでします。
通信エリアを3Dタッチ

そしたら「インターネット共有」をオフにします。
インターネット共有をオフに

画面ロックの自動ロック時間を短くする

iPhoneの画面を自動でロック画面にしてスリープ状態にする時間を短くしておきましょう。

設定 ▶️ 画面表示と明るさ ▶️ 自動ロック ▶️ 30秒
画面ロックの時間を短くする

極端な周囲温度での使用を避ける

iPhoneやiPadのバッテリーは、0〜35℃の環境下で最もよく動くように設計されており、最適な温度は16°C〜22°Cとしています。なので、冬場の寒いゲレンドで使用するとあっという間にバッテリーがなくなります。なので、なるべく暖かい場所や、逆に35℃以下の場所で使うようにしましょう。

充電時はケースを外す

充電時は端末が熱くなるのですが、スマホのケースをしたまま充電すると熱がこもってバッテリーに悪影響を及ぼします。これはバッテリーの寿命そのものに影響を与え、バッテリー減りが早くなる原因の一つともなります。

参照先
Apple