iPhoneのキーボードの使い方。快適なフリックやカスタマイズ設定のやり方

iOS 11ではiPhoneのキーボードがさらに使いやすく進化しており、新しく追加された機能を見つつ便利な使い方を見ていきたいと思います。

キーボードの変更や追加に関する基本的な使い方はこちらの記事もチェックしてみてください。
iPhoneのキーボードの変更(切替)・追加方法

目次

素早くキーボード設定を開く

iOS 11でキーボードの入力画面から素早くキーボード設定に移動することができるようになりました。キーボードアプリを素早く切り替えたい場合や設定を変更したい場合などに便利です。

手順はキーボードの「地球アイコン」を長押しします。

すると「キーボード設定」が表示されますので、それを選択するだけです。

キーボードを端によせる

これもiOS 11で追加された機能ですが、Plusなどの大きい端末や手が小さい人には便利なキーボードの端寄せ機能です。

先ほどと同様に「地球アイコン」を長押しし、表示されたメニューの左寄せ、又は右寄せのキーボードアイコンをタップします。

するとこんな風にキーボードが端寄せに表示されて、入力がしやすくなります。

日本語音声入力、英語音声入力を素早く切替える

Real英会話のようなアプリで英語の発音をチェックする機能がある場合には、これまではキーボードを英語キーボードに切り返してから音声入力する必要がありましたが、iOS 11ではこれも素早く簡単に切替ができるようになりました。

マイクアイコンを長押しします。

するとこんな風に「日本語」と「English」の音声入力の切替が簡単にできるようになっています。

音声入力画面でも左下の地球アイコンをタップで簡単に日本語、英語を切替えることができます。

先程の音声入力の設定では、タップでいずれかの音声入力を無効にすることもできます。

カーソルを自由自在に動かす

iPhone 6s以降で搭載された3D Touch機能を使えばカーソルを自由自在に動かすことができます。

やり方は、キーボード状を3Dタッチしたままスライドすることで、文字カーソルを自由自在に動かせます。

カギ括弧を素早く入力

日本語かな入力モードで「や」を長押しすると、左右にスワイプでカギ括弧を素早く入力することができます。

「.com」を素早く入力

これはSafariやChromeなどのブラうざ状のみでの使用となりますが、「.edu .org .net .com .co.jp .jp」などを素早く入力する方法です。

まずはブラウザのアドレスバーを選択した状態で、「.(ドット)」を長押しします。

そうすると、「.edu .org .net .com .co.jp .jp」のメニュー候補が表示されますので、それを選択です。なお、URLの入力は「https://」の部分は必要なく「www.yahoo.co.jp」だけでOKです。

英字と数字・記号を素早く切り替えて入力

英字と数字・記号の入力を素早く切替える方法です。
例えば英字キーボードでアルファベットを入力していて、数字や記号を入力したい場合もあるかと思います。その場合に、素早く切り替えて数字や記号を入力する方法です。

まずは英語キーボードで「123」のキーを長押ししたままキーボードを切り替えます。この時、指を離さないで切り替えます。

そしたら、数字、又は記号を入力して指を離します。するとすぐにまた、英字入力モードに戻ることができます。サンプルでは英語キーボードを使っていますが、これは日本語かな入力モードでも使うことができますので、ぜひ試してみてください。

フリックのみ入力

日本語かな入力モードのデフォルト設定では、例えば、「あ」のキーを順番に打ち込むと「あ、い、う、え、お」と順番に入力候補が切り替わりますが、「あああああ」と連続して入力したい場合、「あ」を確定してからまた「あ」を入力する必要があり、少し手間です。

「あ」を一回タップするだけで、「確定」させる方法として「フリックのみ」の設定をすることでそれを実現することができます。

手順は、キーボード設定画面の「フリックのみ」の設定をオンにするだけです。

そうすると、「あ」一回タップするだけで連続して「あ」を連続して入力することができるようになります。

メアドを素早く入力する方法

Webサイトを利用しているとメアドを入力する事が多々あるかと思いますが、そのメアドをユーザ辞書使って簡単に入力することができます。

まずは、キーボード設定の「ユーザ辞書」を選択です。

そしたら画面右上の「+」をタップ。

そしたら単語にメアド、よみにはメアドの「めあ」のように自分が分かりやすいよみを入力して保存します。

あとは入力画面でこのように「めあ」と入力するとメアドが候補として表示されます。

郵便番号で住所入力

自分の家の住所も上記同様にユーザ辞書を使うと簡単に入力することができますが、見知らぬ住所を入力する場合、読みが分からなかったり、入力が面倒だったりすることもあるかと思いますが、郵便番号が分かっている場合には素早く入力することができます。

下記のサンプルのように日本語かな入力モードで「163-8003」などのような郵便番号をハイフン無しで打ち込むと変換候補に住所が表示されます。

アルファベットを常に大文字に固定

英語キーボードで上矢印のキーをタップするとアルファベットを大文字で入力することができますが、ダブルタップすると大文字を固定したまま入力することができます。

■iOS 11関連記事