iPhoneメール設定のやり方

iPhoneメール設定のやり方

携帯キャリアをまたぐ機種変や新しく機種変をした場合には、iPhoneのメール設定をすることもあるかと思いますがそのやり方について画像を交えて紹介します。

設定のやり方については、SoftBankのi.softbank.jpのIMAPメールとPOPメールのサンプルとなります。
iPhone5、5sやiPhone6、6sでも同様に設定できます。

目次

IMAPとPOPメール

最近の携帯キャリアメールはIMAP対応メールが主流となっていますが、IMAP以外のPOPメールもiPhoneで設定して使用することができます。

IMAPメールとは

メールがサーバーに保存され、iPhone、iPad、PCなど様々なデバイスでメールにアクセスできますが、契約している内容によっては容量制限があります。
GメールやiCloudメールなんかもこのIMAP対応になっています。

POPメールとは

プロバイダなどが提供している場合が多く、サーバーからメールをダウンロードして閲覧したりやり取りします。
この場合には容量が気になることはありませんが、1台の端末からしか閲覧操作ができないので、利便性に欠ける場合があります。

【IMAP対応】メールの設定

Softbankのi.softbank.jpをベースに作業を進めていきます。

まずはホーム画面の「設定」アイコンをタップします。
iPhoneの設定を選択

そしたら「メール/連絡先/カレンダーを選択」を選択します。
メール/連絡先/カレンダーを選択

ここでは「アカウントを追加」選択して次に進みます。
アカウントを追加

「その他」を選びます。
その他

「メールアカウントを追加」を選択します。
メールアカウントを追加

そしたら「名前」、「メール」、「パスワード」を入力して「次へ」進みます。すると認証接続が行われます。
メールとパスワードの入力

接続に成功するとこの画面に移動します。画面上部には「IMAP」と記載されているのが分かりますが、そのまま「保存」して設定は完了です。
保存を選択

後はメールアプリを起動して使用するだけです、簡単ですね。
メールアプリを起動

【POP対応】メールの設定

まずはホーム画面の「設定」アイコンをタップします。
iPhoneの設定を選択

そしたら「メール/連絡先/カレンダーを選択」を選択します。
メール/連絡先/カレンダーを選択

ここでは「アカウントを追加」選択して次に進みます。
アカウントを追加

「その他」を選びます。
その他

「メールアカウントを追加」を選択します。
メールアカウントを追加

そしたら「名前」、「メール」、「パスワード」を入力して「次へ」進みます。
メアドとパスワードを入力

続いてはPOPサーバーの設定です。
受信メールサーバーのホスト名、ユーザ名、パスワード、送信メールサーバーのホスト名をそれぞれ入力して完了します。
受信メールサーバー、送信メールサーバーの入力

そしたらメールアプリを起動して使用しましょう。
メールアプリを起動

こんな風にIMAPメールとPOPメールを使用することができます。
受信メールボックス