【iOS 11】iPhoneアプリのアイコンの画面移動を楽にやる方法

【iOS 11】iPhoneアプリのアイコンの画面移動を楽にやる方法

様々な機能が追加されて益々進化しているiOS 11ですが、その中でもこれはかなり使えるようになった機能としてアプリのアイコンの画面移動が楽にできるようになりました。

目次

これまでのアプリの画面移動はイライラすることが多かった

これまでのiPhoneアプリのアイコンを別の画面に移動させるには、アプリアイコンを長押ししてそこから画面端にドラッグで移動させることで別の画面に移動させていましたが、画面の端への移動させたにも関わらず思うように隣の画面に切り替わらなかったりしてイライラする人も多かったのではないでしょうか。

iOS 11でアイコンの画面移動を楽にする方法

iOS 11ではこのイライラが解消されて画面の移動が楽にできるようになりました。

やり方を見てみましょう。
まずは、いつものようにアイコンを長押しします。するとアイコン全体がブルブル震えてアンインストールや移動ができる状態になります。ブルブル震えたら一旦指を離します。
アイコンを長押し

次にアイコンを少しだけドラッグします。
iPhoneのアプリアイコンを少しドラッグ

そしたらドラッグしたアイコンはそのままにして、もう片方の手の指を使って画面全体をスワイプします。すると簡単にアイコンを移動させることができます。画面を見てもらうと分かるのですが、移動させようとしている「写真」アプリのアイコンが画面の端ではなく中央にあるまま移動しているのが分かるはずです。
もう片方の指でドラッグ、画面全体を移動

グルーピングされたアイコンの画面移動ももちろん同様の手順で行うことができます。便利ですね。
グルーピングされたアイコンの移動

■iOS 11関連記事