iPhoneの大容量動画をPCに転送する「Photo Transfer wifi」

iOS
41

iPhoneで手軽に写真や動画を取る機会も多くあり、写真や動画をPCに保存したいということもあるかと思います。

特に動画の場合、大容量になることもしばしばで短く編集してメールで転送する必要があったりしますが、編集せずにそのままPCに保存したいこともあるかと思います。

その場合に、USBケーブルなどを接続せずにiPhoneのWiFi転送機能を使って簡単に転送ができる「WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ」を使うと、大容量の動画ファイルでも簡単に転送できて便利です。

WiFi経由でビデオや写真の転送アプリの主な特徴

iPhone同士やiPad、PCにWiFi経由で写真や動画を転送できる

「WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ」は、iPhone同士やiPad、PCにWiFi経由で写真や動画を転送できるアプリです。

iPhoneからPCに転送だけではなくPCからiPhoneに転送もでき、操作自体も非常に簡単です。

ちなみに、現状ではBluetoothよりもWiFiの方が転送速度が速いです。

プライベートIPアドレス以外からも転送可能

IPアドレスというのは、Webサイトの住所を表記するためのもので、例えば、GoogleのIPアドレスの一つは、「http://74.125.31.99」です。

これを人間にも分かりやすく表記しているのが「http://www.google.com」です。

そして、プライベートIPアドレスというのは簡単に言うと、自宅「内」、或いは会社「内」の中だけで使えるIPアドレスのことで、個々のPCなどに割り当てられるものです。
これらは、「http://192.168.x.x」というような形で表記されます。

このプライベートIPアドレスへの接続制限がある場合にも、「WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ」は外部のサイトを通じて簡単に転送することができます。

今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Photo Transfer wifiの使い方

それでは、使い方を見てみましょう。

アプリを起動すると、「カメラロール」へのアクセス許可を求められますので「OK」で許可します。
その後「Allow push notifications for Background Transfer」という案内が表示れますが、これは通知設定なので特に必要なく「Later」でスキップします。

すると画面上部が「SEND VIDEO(動画送信)」、画面下部が「RECEIVE VIDEO(動画受信)」という2つのカテゴリがあるのが分かります。
まずは、送信の方を見てみましょう。
「WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ」の使い方

「SEND VIDEO」をタップすると、続いてはアルバムの選択画面に遷移しますので、転送したいアルバムを選択します。
アルバムの選択

アルバムを選択したら、後は転送したい動画や写真ファイルを選択します。
ファイル自体は複数選択できますので、選択が完了したら画面右上の「SEND」をタップします。
転送したい動画や写真を選択

PCへの転送方法

すると「Send to iPhone or iPad」か「Send to Computer」という案内が表示されますが、ここではまずPCへの転送方法を紹介しますので、「Send to Computer」を選択します。
転送先の選択

そうすると外部転送のアドレスとプライベートIPアドレスが表示されます。
これらのIPアドレスを使ってPCブラウザに入力してファイルをダウンロード転送します。
IPアドレス

上記のiPhoneに表示されたIPアドレスを入力します。
まずは、サンプルのプライベートIPアドレス「192.168.3:8080」をPCブラウザに入力します。
このプライベートIPアドレスが使えない場合は、「http://sendp.com/~」となっているアドレスを入力します。
うまくいくと「Dwonload Photos」のボタンをクリックできるようになり、ファイルをダウンロードできます。
IPアドレスを入力

iPhne又はiPadへの転送方法

iPhne又はiPadへの転送方法は、より簡単で、予め同じアプリを他のiPhoneやiPadにインストールしておきます。

また、iPhoneやiPadに転送するには、予め同じWi-Fiのネットワークに接続しておく必要があります。

そしたら先程の「Send to iPhone or iPad」を選択します。
転送先の選択

次に転送先のiPhoneやiPadの端末名が表示されますので、それをタップします。
iPhoneに転送

もう一方のiPhoneやiPadの端末は、起動後の画面で「RECEIVE VIDEO」を選択します。
RECEIVE VIDEOを選択

後は、iPhone又はiPadをタップするだけです。
ファイル受信側のiPhone

PCからiPhoneに動画や写真を転送する方法

続いては、PCからiPhoneやiPadに動画や写真を転送する方法です。

起動画面で「RECEIVE VIDEO」を選択します。
RECEIVE VIDEOを選択

続いては、「Desktop」を選択し、IPアドレスを確認します。
転送用IPアドレス

そしたら、上記で確認したIPアドレスをブラウザのアドレスに入力し、「Uplaod Photos」でPCからファイルを選択して転送するだけです。
PCからiPhoneやiPadに動画や写真を転送

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Photo Transfer 3.0 wifi - share and backup your photos and videos
  • 販売者: Capable Bits
  • 価格(掲載時): 300円
  • アプリサイズ:6.5MB
  • バージョン(掲載時):1.4.7