iPhoneのQRコードの読み取り・使い方

iPhoneでのQRコードの使い方、及びiOS 12からコントロールセンターにQRコードの機能を追加できるようになりましたので、その方法を紹介していきたいと思います。

目次

QRコードの使い方

iPhoneのカメラを起動して、QRコードの上にカメラをかざすと自動で認識して読み取ってくれ、画面上部に読み取った内容を通知してくれ、タップでSafariが起動します。
iPhoneのカメラでQRコード

QRコードがURLの場合に、通知をタップするとそのサイトが開かれます。
QRコードにURLが含まれる場合

QRコードにテキストが含まれる場合は、そのテキストを検索してくれます。
QRコードにテキストが含まれる場合

コントロールセンターにQRコードを追加する方法

iOS 12でコントロールセンターからQRコードが使えるようになりました。iOS 12にアップデートすると、コントロールセンターに自動でQRコードが追加されますが、表示されていない場合は手動で追加する必要があります。

iPhoneの設定から、コントロールセンターを選択します。
iPhoneのコントロールセンター

続いては、コントロールをカスタマイズを選択します。
コントロールをカスタマイズ

最後にQRコードをスキャンの左横にある+をタップします。 これで準備は完了です。
iPhoneのQRコードスキャンを選択

コントロールセンターの表示のやり方

続いてはコントロールセンターの表示のやり方です。端末によって異なります。iPhone X以前のiPhone 5 / 6 / 7 / 8の場合には、画面下部から上にスワイプします。
iPhone 5/6/7/8でコントロールセンターを開く

iPhone Xシリーズの場合には画面右上から下にスワイプします。
iPhone Xでコントロールセンターを開く

コントロールセンターを開いたら、QRコードアイコンをタップします。
iPhoneのQRコードアイコンをタップ