忘れを防ぐ!iPhoneのリマインダーの使い方

iPhoneのデフォルトで登録されているタスク管理アプリ「リマインダー」。その使い方について紹介したいと思います。

目次

タスク、リマインダーとは?

リマインダーアプリを使う上で覚えておきたいタスクとリマインダーの意味について簡単に説明します。

タスク(task)には、「課題、仕事、作業」などの意味がありますが、特に期限を期限を設けないけど忘れないようにメモ、備忘録、あるいはやるべき事を指します。例えば「ミルクを買う」という作業・行為そのものがタスクを指します。

リマインダー(reminder)は、「(思い出させるための)注意、合図」という意味があり、時間などよってタスクを通知することを意味します。また、iPhoneのリマインダーには時間での通知の他に、特定の場所付近に近づいた場合に通知してくれる機能もあります。

タスク(作業)の追加

  1. アプリを起動したらリマインダーのリストをタップします。

  1. そしたら入力欄をタップしてタスクを入力します。絵文字も入れると認識しやすくなります。キーボードの改行をタップすると次のタスク入力に移動できて、連続で追加できます。

  1. 右上の「完了」をタップでタスクの追加が完了します。

  1. 画面上部のリスト名か画面下部をタップ、あるいはリスト名を下スワイプで前画面に戻れます。

日時の通知設定

上記の手順では基本的にタスクの追加のみで日付や時間による通知設定がなされていません。

日時の入力をするには、タスク入力時に入力欄右横の「i」をタップします。

そしたら、指定日時で通知を「オン」にします。そうするとアラームの箇所から日時の指定ができます。終わったら右上の完了をタップします。

リスト画面の一覧ではこのように日付がある場合の表示が異なります。リマインダーには登録した日時の指定の有無に関わらず全てのタスクが表示されますが、日時の指定があるタスクを観たい場合には「日時設定あり」のリストをタップで閲覧します。

ちなみに、「日時設定あり」のリストにタスクを追加すると…

このように直近の時間が登録されます。

場所の通知設定

特定の場所に移動したら、リマインダーで通知する設定方法です。

まずは、タスクの横の詳細設定を選択します。

「指定場所で通知」を「オン」にしたら、「場所」を選択します。

初めての場合は、位置情報のアクセス許可を求められますので「許可」を出します。

そしたら検索欄から、住所や名所名を入力して検索し、該当する場所のリストを選択します。デフォルトでは「到着時」に設定されていますが、「出発する時」に指定することもできます。設定が完了したら左上の「詳細」をタップして戻ります。

これで設定は完了です。

タスクの完了

タスクの作業が終わったら、タスクの左横にある◯をタップしてタスクを完了させます。次回からこの画面にアクセスすると完了したタスクは表示されませんが、画面下部の「実行済みの項目を表示」をタップすれば、再表示できます。

タスクの削除

タスクの削除は、リスト画面でタスクを左スワイプして表示された「削除」を選択で削除ができます。

タスクの並び替え

タスクは長押し&上下にドラッグで並び替えることができます。

リストの作成

リストは複数作成することができ、例えば、友達の誕生日会でやるべき事を一覧にしたい場合にリストを使うといいでしょう。

リスト一覧画面で右上の「+」をタップして表示されたメニュー「リスト」を選択します。

そしたら、リスト名と色の選択をして「完了」で作成を終わらせます。

リストはタスクと同様に長押しで並び替えができます。

リストの削除

リストの削除は、まずはリストを開いたら右上の「編集」を選択します。

そしたら一番下にある「リストを削除」をタップで削除できます。

関連記事