スタイリッシュなiPhone用アラームクロックアプリRise Alarm Clock

iOS
4.51

スタイリッシュなデザインのiPhoneにはスタイリッシュなアプリを使いたと思っていますが、アラームクロックアプリ「Rise Alarm Clock」も良い感じにUIが洗練されたスタイリッシュアプリです。

単なるアラームクロックというありふれたその機能を、デザインを極めてシンプルに削り落としUIをスタイリッシュに磨き上げた秀逸なアプリであることが分かります。

まずは、そのスタイリッシュなUIの動作を動画で確認してみましょう。

Rise Alarm Clockの主な特徴

Rise Alarm Clockの主な特徴に下記の点があげられれます。

  • スワイプで直感的に操作ができる
  • 時間に応じた綺麗な背景が切り替わる
  • 自分の好きな音楽をアラームにセットできる
  • ロック画面でiPhoneをシェイクでスヌーズやアラームの解除ができる
今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Rise Alarm Clockの使い方

画面を起動すると、グラデーションが掛かった背景に時間が表示されたシンプルな画面が表示されます。

時計の上部、又は下部をタップで時間が5分ずつ加減算されます。
「Rise Alarm Clock」の使い方

また、時計部分をタップしたまま上下にドラッグして時間を変更することができ、時間に合わせて背景のグラデーションも綺麗に変化していきます。
よく見ると、このスワイプ時の指のポジションによって時計の右、又は左のポジョションに配置され、左手、右手でも使えるアプリケーションだというのが分かります。
左手、右手でも使えるアプリ

アラームの音楽をセット

アラームのタイマーが鳴る時の音は予め用意された音を使うのもありですが、自分の好きな音楽で目覚めることもできます。

画面下部の設定アイコンを上にスワイプして設定画面を表示させ、2番めの項目を選択します。
そしたら、後は好きな曲を選択するだけです。
アラームの音楽をセット 最近のお気に入りはNe-Yo
一番上の「Vibrate Only」は、バイブレーターのみ、それ以外は予め用意されたアラームタイマー用の音です。

アラームタイムセット

タイマーをセットするには、先ほど述べたようにセットしたい時間まで上下にスワイプなどで調整してセットする時間を決めます。
そしたら、画面全体を左か右にスワイプして「on」にします。
アラームタイムセット

これがアラームのタイム設定設定画面で、番号に沿って説明していきます。
タイム設定設定画面

①アラームタイマーが鳴るまでの時間で、これの場合は後23時間と48分となります。
②タイマー5分毎に加減算します。
③スリーピングタイマーで、タイマーをセットして音楽を流しながら眠ることができます。
④音量調整バーが表示されますが、指をタップして調整している間だけ音楽が流れます。
⑤リピート機能です。

この画面を表示している間だけ、タイマーがセットされます。
タイマーを切るには、右か左にスワイプして終了させます。

スリーピングタイマー用の音楽プレイリスト「Sleep Tunes」の作成

睡眠時に自分の好きな音楽をプレイリストにして、それを聞きながら眠ることができます。

上記の画面に③をタップするとこの「Create a Playlist」の画面が表示されます。
そしたら「Create a Playlist」をタップし、好きな曲の横にある「+」で追加です。
終わったら画面右上の「Done」をタップします。
「Create a Playlist」の画面 「+」で追加

するとこうやって選択した曲のリストが表示され、後は、画面下のランダム再生か通常再生をタップします。
選択した曲のリストが表示

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Rise Alarm Clock
  • 販売者: Kellen Styler
  • 価格(掲載時): 170円
  • アプリサイズ:15.3MB
  • バージョン(掲載時):1.2