iPhoneフリック入力で「あ行」の同じ文字を繰り返し入力する方法

iPhoneフリック入力で「あ行」の同じ文字を繰り返し入力する方法

iPhoneを購入したらまず覚えることの一つに、フリック入力を覚えて文字入力を素早く入力できるようにすることがあります。
最初は戸惑うかもしれませんが、覚えることで文字入力が格段にアップします。

そんで、どうせならフリック入力を楽しく覚えたいということで当サイトでは楽しくフリック入力を覚えられるアプリ「北斗の拳フリック奥義 百裂拳」を推奨します!笑
北斗の拳フリック奥義 百裂拳

さて、フリック入力を覚えられるようになると文字入力が格段に上がりますが、日本語のフリック入力で「あ行」の文字入力を連続して入力することが少し面倒と感じることがありました。

例えば、「かかし」と入力する場合、「か」を2回タップすると「き」に変換されてしまいます。
今までは「か」を2回入力するには、「か」を1回タップして暫く待って「か」が確定されてからもう1回「か」をタップしていました。

さらに、最近docomoのAndroidからiPhoneに買い替えた知人に、上記の「か」が確定されるまでの間隔をAndroidではもう少し短く設定できると言われ、iPhoneでも調べてみたのですが見当たりませんでした。

そんなわけで、「あ行」の文字を素早く繰り返し入力する方法を紹介します。

iPhoneの設定をフリック入力に変更する

iOS 7以前だと設定できませんが、iOS 8.2以降(多分)のiPhoneの設定から「フリックのみ」の設定にすることで簡単に「あ行」を連携して入力できます。

続きを読む

まずは、iPhoneの設定の「一般」を選択します。
iPhone設定の一般を選択

そしたら「キーボード」を選択します。
キーボードを選択

次は「フリックのみ」を「オン」にします。これで準備ができました。
フリックのみをオンに

後は、「あ」を連打すればこんな風に素早く連続して打ち込めるようになります。
数字の入力も「1111」と連続して入力できるようになります。
iPhoneで文字の繰り返し入力

ただ、日本語入力モードでのアルファベットの入力はフリックのみに限定されるため、その配列を覚える必要があり、これは面倒かもしれないので、英語入力モードに切り替えるといいかもしれません。
英語入力

iOSが8以降ではない場合や、フリックのみの設定で操作したくない場合は、以下の方法をお試しください。

長押しによる繰り返し入力

「あ」を連続して素早く入力するには、下記の図のように「あ」を長押ししてフリックの案内を表示させます。
フリックの案内を表示させたら、指を放しましょう
これだけで、すぐに「あ」が確定されて次の「あ」を入力することができるようになります。
「あ」を長押し

指のスライドによる繰り返し入力

上記の長押しと似たような入力方法ですが、フリックの要領でも文字候補を開いた状態で指を離さずに一旦他の文字に指をスライドさせて、また「あ」の位置に戻して指を離します。
これで、「あ」をすぐに繰り返し入力できます。
スワイプして戻す

確定ボタンによる繰り返し入力

素早く「あ」を入力する方法として、「あ」を入力した後にキーパッドの左上にある右矢印で文字を確定させることでも素早く「あ」を素早く繰り返し入力できます。
確定ボタン