iPhoneでZIPを解凍する方法

iOS 11から登場したファイルアプリを使うことでZIPファイルが解凍(展開)できるのですが、iOS 13にアップデートすると、Safariなどの使い方が微妙に変わりましたので、そのやり方を紹介したいと思います。

関連 iPhoneでメールを一括削除する方法

目次

SafariのZIPファイルを解凍

まずは、SafariのブラウザでHP上のZIPファイルのリンクをタップします。

するとこの画面が表示されるので、ダウンロードをタップします。

ダウンロードが開始されると、右上のダウンロードアイコンが表示されます。ダウンロードが完了したらダウンロードアイコンをタップします。

するとダウンロードしたZIPファイルの一覧が表示されますので、そのZIPファイルをタップします。

すると「ファイル」アプリのiCloud Drive内のダウンロードフォルダが開きますので、ダウンロードしたZIPファイルをタップします。

ZIPが解凍されてフォルダが作成されますので、後はフォルダ内のファイルを確認すればOKです。

なお、不要になったファイルは削除してiCloud Driveの容量を確保することをお薦めします。
削除手順は、以下のとおりです。

  1. 右上の選択
  2. 削除したいファイルを選択
  3. ゴミ箱アイコンを選択

メール添付のZIPを解凍

メール添付されたZIPファイルの場合も見てみましょう。

ZIPファイルが添付されたメールを開き、ZIPファイルをタップします。

次は、右上の共有ボタンをタップします。

メニューが表示されたらファイルに保存を選択します。

iCloud Driveのダウンロードフォルダを選択して、右上の保存を選択します。

次は、ファイルアプリを起動します。

ファイルアプリを起動したら、ブラウズiCloud Driveのダウンロードフォルダを選択して、先程保存したZIPファイルを保存します。

するとZIPが解凍されてフォルダが作成されますので、後はフォルダ内のファイルを確認すればOKです。