Siriでもできる!iPhoneの音量を調節する方法まとめ

iPhoneで音量の調整をする方法はいくつかありますが、それらをまとめてみたました。

Siriでもできる!iPhoneの音量を調節する方法まとめ

目次

音量調整は2種類の挙動がある

少し紛らわしいかもしれませんが、初期設定ではiPhone端末の左端にあるボタンを押すことで音量調整は状況によって2種類の挙動をします。なので、調整したのにも関わらず反映されていない場合は、この2種類の設定について理解しておく必要があります。
iPhoneの本体で音量を調整

その2種類がどのような状況でどのような挙動をするのかを表にしてみました。

音量調整する状況画面に表示される内容調整される音量
①音楽、動画などを再生や通話中「音量」の文字とスピーカーアイコンが表示される音楽や動画、通話の音量
②音楽、動画を再生していない、通話していない「着信/通知音量」の文字とベルアイコンが表示される着信、通知、アラームの音量

①を音声、②を効果音の音量調整と捉えると分かりやすいと思いますので、ここではそのように説明していきます。

例えば、iPhoneのミュージックアプリのようにバックグラウンド再生している時にホーム画面で音量調整ボタンを操作すると、下図の左側のようにスピーカーアイコンが表示され、音楽を再生してない時にはベルのアイコンが表示されます。なので、実質2つの音量調整が存在します。
iPhoneの音量調整は2種類ある

着信/通知音量/アラームの操作を固定

慣れれば、さほど問題は無いのですが、気になる人は「着信/通知音量/アラーム」の②効果音の操作に関してはiPhoneの設定の中のみで変更するように設定すれば、通常の音量調整は「音楽、動画」の①音声調整で設定に固定することもできます。 

iPhoneの設定を開いたらサウンドを選択します。
iPhone設定のサウンドを選択

ボタンで変更オフにします。 これで着信/通知音量/アラームの調整はここのスライダーでしか変更ができなくなります。
ボタンで調整をオフに

音量調整の方法

本体の音量調整ボタンを使う

これが一番手軽ですが、iPhone本体の左端に音量調整のボタンが付いていますので、それを一回押すたびに目盛りが一つ大きくなったり小さくなったりします。また、長押しで連続して大きくしたり、小さく音量を調整できます。
iPhoneの本体で音量を調整

音声調整するとこのように画面の中央に目盛りが表示され、ヘッドフォンをしている場合はヘッドフォンを使用していることが表示されます。
iPhoneの音量の目盛り

これは一番手軽ですが、ハードウェアによるボタン押しは、その使用頻度などによりボタンの効きが悪くなったり、最悪操作ができなくなってりする可能性があります。その場合には、ソフトウェアによる操作をするといいでしょう。

イヤホンによる音量調整

iPhone購入時についてくるイヤホンをiPhoneに挿すことで音量調整ができ、電車などでは重宝します。
iPhoneのイヤホンで音量調整

アプリで直接微調整する

音楽アプリや動画アプリで音楽や動画を再生している場合は、アプリ側に音量調整のためのスライダーがありますので、それを左右にスライドすれば音量調整できます。ただし、音量調整用の機能がないアプリもあります。

下記のようにiPhone標準のミュージックアプリで、再生画面を表示すると音量調整のためのスライダーがありますので、それをスライドで調整できます。音楽を聴いている時に音量の微調整をするならこれがお薦めです。
iPhoneのアプリで音量調整

ブラウザ上の動画の音量調整

SafariやChromeなどのブラウザを使っていると、ブラウザ上で直接動画を観ることもあるかと思いますが、その動画上でボリュームを調整することができます。

まずは動画の画面をタップします。
ブラウザ上の動画画面をタップ

そしたら、全画面表示のアイコンをタップします。
動画の全画面表示をタップ

画面右上にスピーカーアイコンがありますので、それを長押しします。
iPhoneの動画のスピーカーを長押し

そうすうると音量調整のためのスライダーが表示されますので、それをスライドで調整できます。
iPhoneの動画の音量調整

ロック画面から音量を調整

iPhoneの標準のミュージックアプリをバックグラウンド再生中(アプリを閉じても再生)の場合、ロック画面で操作することができます。このミュージックアプリのようにバックグラウンド再生をするアプリならばロック画面で操作することができますが、対応していない場合はもちろんできません。
iPhoneのロック画面で音量調整

コントロールセンターから音量調整

コントロールセンターを利用することでアプリを探さなくても音量調整ができます。下記のようにiPhone X系は画面右上から、それ以外のiPhoneは画面下部からスワイプします。
iPhoneのコントロールセンターを開く

コントロールセンターが開いたらスピーカーのボリュームを上下で音量調整ができます。
iPhoneコントロールセンターで音量調整

さらに音声コントロールパネルのボリュームボタンをタップすると、さらに調整ができます。ヘッドフォンをしていない場合、電波のようなアイコンは表示されませんが、タップはできます。
iPhoneのボリューム調整ボタン

こんな風にさらに微調整ができるようになります。
コントロールセンターでの音声調整

Siriで音量調整

iPhoneのロック画面解除した状態で、「Hey siri、音量下げて」のように話しかけることでも音量調整ができます。調整できるのは4パターンです。

  1. 音量上げて
  2. 音量下げて
  3. 音量を最大に
  4. 音量を切って

SirifでiPhoneの音量調整

ミュージックアプリの音量自動調整

iPhoneの標準のミュージックアプリを使っていると、曲によっては音量が大きく聞こえたり、小さく聞こえたりする場合があります。それを均一に自動調整してくれる機能があります。

iPhoneの設定を開いたら画面をスクロールしてミュージックを選択します。
iPhoneのミュージック設定を選択

そしたら、音量を自動調整をオンにします。これで設定は完了です。
iPhoneの音量自動調整