iPhoneの写真・動画をWiFi経由でパソコンに転送するPhoto Transfer App

iPhoneの写真・動画をWiFi経由でパソコンに転送するPhoto Transfer App

iOS
4.51

iPhoneはiOSのバージョン5から無線のWiFi環境があれば、USBケーブルをつながらなくてもアップデートができるようになりましたが、iPhoneで撮影した写真や動画をUSBケーブルにつなげずにWindowsやMacにWiFIで転送したいと思って探したらPhoto Transfer Appというアプリを見つけました。

Photo Transfer Appの主な特徴

無線で写真や動画をパソコンに転送できる

iPhoneでのメール画像送信については、iPhoneのメールで画像を複数枚送信する方法でも紹介しましたが、一度に5枚までしか送信できません。

もっと一度に大量の写真や写真アルバムをUSBケーブルをつなげずにWindowsとMac間での転送や、iPhone間での転送をしたい場合にはこのアプリはお薦めです。

逆にパソコンからもiPhoneに画像や動画などを転送できる

iPhoneに画像や動画などのファイルを転送したい場合もあるかと思いますが、メールを使わずに簡単に転送することができます。

今すぐアプリをダウンロード

目次

使い方の目次です。

続きを読む

Photo Transfer Appの使い方

位置情報の利用

アプリを起動すると、位置情報を利用しますかと聞かれるので「OK」を選択します。
選択しないと、画像ファイルを転送できません。
位置情報の利用

画像を転送するデバイスの選択

転送できるのは、MacやWindowsなどのパソコン機器やiPhone同士やiPadへの転送が可能です。
iPhone同士やiPadとの転送であれば、Bluetoothでの転送が可能です。
今回は、サンプルとしてWindowsを選択します。
画像を転送するデバイスの選択

画像の選択及びブラウザへのアクセスURLを入力

続いては、「Select」と書かれた箇所をタップして画像を選択します。
画像の選択及びブラウザへのアクセスURLを入力
画像はブラウザを通してダウンロードする形になりますので、下の赤丸で囲ってあるURLをブラウザを予め立ち上げて入力しておきます。
ちなみにこれはローカルネットワーク内のアドレスで、他のサーバーを経由しているわけではありません。

画像の選択

カメラロールを選択します。
画像の選択

100ファイル枚に区分けされているので、該当する箇所を選択します。
該当する箇所を選択

転送したい画像を選択して完了したら、右上の「Done」を選択します。
すると転送が始まります。
「Select All」を選択すれば全て選択されます。
右上の「Done」を選択

ブラウザからダウンロード

さきほどのURLをブラウザに入力してアクセスして、転送が成功すれば下記のような画面になります。
ブラウザからダウンロード
1.) 画像を無圧縮でzipファイルでダウンロード
2.) 画像を多少圧縮してzipでダウンロード
3.) 他のダウンロード方法
4.) 個別にダウンロードしたい場合はここからダウンロード

上図の④を選択すると⑤のようにアルバムを丸ごとダウンロードすることができます。
アルバムを丸ごとダウンロード

おすすめアプリ! 今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Photo Transfer App
  • 販売者: ERCLab, LLC
  • 価格(掲載時): 250円
  • アプリサイズ:10.7MB
  • バージョン(掲載時):3.3