iPhoneのアプリを強制終了させる方法

iPhone及びiPhone Xでのアプリwお強制終了させる方法を紹介します。

目次

iPhone Xでアプリを終了する方法

iPhone Xではホームボタンが廃止され、iPhone Xでマルチタスクをやる方法の記事で紹介したようにマルチタスクのやり方が変わったように、アプリを終了させる方法も変わっています。

さっそくやり方を見てみましょう

アプリを終了させるには、最初に起動しているアプリの一覧を表示させるためのマルチタスクを起動します。マルチタスクを起動するには、画面下部から上にスワイプして、そのまま指を離さずにしばし置いたままにします。
マルチタスク画面にする

すると起動しているアプリの一覧が表示されますので、アプリ画面を長押しします。すると、アプリ画面の左上に「-」のアイコンが表示されますので、それをタップすることでアプリを終了させることができます。
iphone xでアプリを終了する方法

上記のように 「-」アイコンの位置が画面上部よりなので、片手で操作しづらいかと思いますが、その場合にはアプリ画面を上部にスワイプすることでも同様にアプリを終了させることができます。
上にスワイプしてアプリを終了させる

これまでなら、マルチタスクにした状態からアプリ画面を上スワイプで素早くアプリを終了できましたが、マルチタスクの状態でアプリ画面を上にスワイプするとホーム画面に戻ってしまいますので、少々面倒ですが長押しをするという操作をする必要があります。

iPhone 8以前でアプリを終了する方法

iPhone 8以前の場合には、ホームボタンをダブルクリックします。なお、iPhone 6s以降ならさらに画面の左端を3Dタッチ長押しすることでも同様の操作をすることができます。
iPhoneのアプリを終了する

iPhone Xと違って長押しする必要もなく、終了させたいアプリを上にスワイプするだけで終了させることができます。
アプリ画面を上にスワイプして終了

アプリを再起動する

ときおり、アプリの画面がフリーズして他の操作を受け付けなくなることもあり、上記の方法ではアプリを終了できない場合があります。その場合には、iPhone本体を再起動しましょう。

iPhone Xの場合には下記の①の電源ボタンと②音量大ボタンを同時に長押しで再起動できます。それ以外のiPhoneの端末の場合には、①の電源ボタン長押しでiPhoneを再起動できます。
iPhoneアプリを強制終了させる