iPhone用YouTubeアプリFoxTubeの使い方

iOS
41

これまでにいくつかのiPhone用YouTubeアプリを使ってきたのですが、このFoxTubeもそこそこに使い勝手がいいのではないでしょうか。

YouTubeを頻繁に見る機会がある人には、これを検討してみるのもいいかもしれません。

FoxTubeの主な特徴

操作を覚えるというのが面倒という人には向かない

このFoxTubeででできる事は結構多くあり、そのためある程度の操作を覚える必要があり、その覚えるという作業が面倒だという人は、シンプルな動画ダウンロード Proをお薦めします。

しかし、慣れてしまえば基本操作はスワイプで簡単に操作ができて楽です。

なのでぜひともFoxTubeの操作を覚えて楽しいYouTubeライフを過ごすことをお薦めします。

キャッシュとしてYouTube動画を保存できる

このFoxTube、キャッシュとしてYouTube動画を保存することができます。

キャッシュとは、例えば、毎回ネットでアクセスして画像や動画ファイルを表示させるのには時間がかかるため、そのデータをiPhoneなどの端末に保存することで無駄にネットアクセスせずに次回からは端末内のそのデータを使って高速で表示させることができるデータのことをいいます。

つまり、ある意味、YouTube動画をダウンロードして保存しているのとほとんど変わりません。

キャッシュとしてデータを保存しておけば、地下鉄などの電波が届かない場所でもYouTube動画を見れるようになります。

ただし、キャッシュを保存する場合は、iPhoneの容量に気をつける必要があります。

豊富な設定機能

様々な機能があるこのFoxTubeは、動画の早送り、指定ポイントからの再生ができるA-Bポイント再生などの豊富機能があり、スワイプで再生スピードなどを調整つしたりスキップ再生させることができます。

BGMとしてバックグラウンドでプレイリストを再生できる

アプリを閉じた状態でもバックグラウンドで動画を再生できるので、好きな動画をプレイリストに登録しておけば、BGMとして利用することもできます。

今すぐアプリをダウンロード

FoxTubeの使い方

使い方について見ていこうかと思いますが、YouTubeアカウントでログインしていない状態での使い方となります。

また、基本的な機能とこれは覚えておきたいという機能の紹介となります。

検索と再生

まずは、メイン画面で検索窓から好きなキーワードを入力して動画を検索します。
この検索の名前がプレイリストの名前になるようにデフォルトで設定されおり、下記の場合には「foxtube tutorial」がプレイリストの名前になります。

また、リストをタップするとフル画面での再生表示画面に移り、キャッシュとして自動で保存されていき、キャッシュの保存が完了すると動画のサムネイル画像の右下のアイコンが緑色点灯します。
動画検索と再生&保存

検索結果画面での操作方法

検索結果画面の操作方法は以下の通りで、「+」でプレイリストへの追加、「-」でプレイリストからの削除ができます。
プレイリストへの追加・削除

検索結果画面でのスワイプ操作

検索結果画面で画面を左にスワイプするとフルプレイヤー画面へ移動します。
また、右にスワイプすると設定やプレイリスト、イコライザーなどのメニューを表示することができます。
スワイプ操作

続きを読む

プレイリスト画面での操作方法

画面右上の鉛筆アイコンをタップすることで、それぞれの動画を複数選択して削除や移動、並べ順を変更することができます。
サンプルでプレイリストの移動をやってみましょう。まずは「移動」を選択します。
プレイリスト画面での操作方法

次に画面右上のアイコンをタップすると、プレイリストの名前を登録する画面が表示されますので、入力して「Creat Playlist」で追加することができます。
プレイリストの追加 プレイリスト名の入力

フル画面プレイヤーのメニュー

①画面のローテーションロック
②ビデオ情報の表示
③ミラーモード(画面の反転)
④ピンチでズーム
⑤シーンブラウザ(動画の各シーンを画像で確認)
⑦動画のブックマークを表示
⑧ブックマークの追加(ブックマークの削除は左にスワイプ)
⑨前のブックマークに移動
⑩次のブックマークに移動
⑪前のフレームに移動
⑫次のフレームに移動
プレイヤー画面の操作方法

フル画面プレイヤー画面でのスワイプ操作

フル画面プレイヤーでは上にスワイプで素早く1.5倍再生や、左右のどちらかにスワイプすることで動画を5秒前後にスキップさせることができます。
また、画面の右端を上下にスワイプでボリュームの調整を行うことができます。
プレイヤー画面でのスワイプ操作
その他にも下記の手順でで他のスワイプ動作を確認することができます。
●設定 → オプション → プレイヤー・ジェスチャー

FoxTubeのオプション設定

イコライザーやオプションなどについての設定です。
ここからは、検索結果画面の左上のメニューをタップして移動して表示されたメニュー画面についての説明となります。

イコライザー設定

FoxTubeにはイコライザー設定があり、音楽や音声を拡張させて聞くことができます。

「Equalizer」のところにあるボタンをオンにして「Equalizer」をタップします。
イコライザーをオンに

予め用意されたイコライザー設定を使うのもいいし、自分で設定して保存することもできます。
好きな場所をタップするとマーカーが追加され、上左右に移動させることができます。
終わったら、画面右上の「アイコン」をタップして保存します。
イコライザーを調整

キャッシュの削除

先程も述べたように動画をタップすると動画が自動でキャッシュとして保存されていき、iPhoneの容量を圧迫してきますので、不要になったらこのオプション設定の中にある「キャッシュを管理」を選択して削除します。
オプションを選択

●オプション → キャッシュを管理 → 未使用のキャッシュを消去(又はすべてのキャッシュを消去)
オプション設定

スリープタイマーの設定

また、スリープタイマーの設定もこちらからできますので眠る時に使うといいでしょう。

●オプション → スリープタイマー → 時間を指定

検索結果リストをタップしたらミニプレイヤーで再生

デフォルトで検索結果リストをタップすると、フル画面プレイヤーの画面に遷移しますが、遷移させずに画面下部のミニプレイヤーで再生させたい場合には、下記の手順で変更が可能です。

●オプション → ミニプレイヤーで再生 → オン(スイッチが右に移動)

フル画面プレイヤーのジェスチャーを変更

FoxTubeのフル画面プレイヤーは、例えば、画面の右サイドを上下にスワイプでボリューム調整、画面の左サイドを上下にスワイプで明るさ調整、画面上部を左右スワイプでシーク調整(再生位置の移動)、画面を上にスワイプで1.5倍速再生などができます。

これらのジェスチャーを変更することができます。

●オプション → プレイヤー・ジェスチャー → 変更したい項目を調整

HD画質をデフォルトで閲覧

デフォルトでは360Pの通常画質での閲覧となり、iPhoneで閲覧するには申し分ないですが、さらに720p、7080PのHD画質をデフォルトに変更することができます。

●オプション → 動画の品質 → 720P(又は1080P)

ただし、高画質にする分、それだけ容量が大きくなりますので注意が必要です。
検索結果リストのメニューで個別に画質を変えるのもいいかもしれません。

パソコンでiPhoneの動画を閲覧

キャッシュとして保存した動画をパソコンのブラウザから閲覧することができます。
下記の手順でアクセスすると、「http://192.168.0.2:8080」のようなアドレスを確認します。

●設定 → メディアサーバーを開始
PCでの閲覧方法

そしたら、パソコンのブラウザを開いて先ほどの「http://192.168.0.2:8080」をアドレスバーに打ち込みます。
するとこんな感じの黒い画面が表示されます。
Choose Playerのところで「videojs」を選択してプレイリスト(この場合はfoxtube tutorial)を選択すると動画を閲覧することが出来ます。

PCで閲覧

他のダウンロードアプリであれば、大体ここのパソコンとの共有画面で、パソコンへの動画を保存できるのですが、残念ながらこのFoxTubeではできなかったので、パソコンで出来るようにしたい人は、他の保存できるアプリを検討した方がいいかもしれません。
動画ダウンロード Pro の使い方
動画プレイヤーが便利なClip動画ダウンローダープロの使い方

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:FoxTube 4 - Player for YouTube
  • 販売者: mix1009
  • 価格(掲載時): 300円
  • アプリサイズ:27.5MB
  • バージョン(掲載時):4.0.4