iPhone 6 / Plusで片手で簡単に通知センターを開く方法

iPhone 6 / Plusで片手で簡単に通知センターを開く方法

iPhone 6 / Plusが発売されて1ヶ月ほど経ちましたが、画面が大きくなって見やすくなったという人もいれば、大きくなって片手では操作しづらくなったと嘆いている人もいることでしょう。

自分も比較的片手で操作するには少し辛いかなと思ったりしているのですが、今日は片手操作だけでもiPhone 6 / Plusで簡単に通知センターを開く方法を紹介します。

通知センターの基本操作

まずは、通知センターの基本操作。
画面上部の電波や電池残量などが表示されているステータスバーを下にスワイプすると通知センターが表示されます。
ステータスバーを下にスワイプで通知センター表示

閉じるには逆に上にスワイプします。
閉じる場合には上にスワイプ

準備運動ができたところで、実際のやり方を見てみましょう。

片手操作で通知センターを開く方法

iPhone 6 / Plus用で利用できる機能としてホームボタンをダブルタップをすると表示されている画面が下に下がる「簡易アクセス」モードになり、上部にあったボタンなどをタップしやすくなるようになっています。
(ダブルクリックだとマルチタスク画面になるので間違えないように)

まずは、iPhoneのホームボタンを2回タップして画面を下げたら下がった画面の上部の辺りを下にスワイプします。
ホームボタンダブルタップで画面を下げる

するとどうでしょうか、わざわざ画面最上部のステータスバーがある位置から下にスワイプしなくても、画面の半分少し上ぐらいから通知センターを開くことができるようになりました。
これなら簡単に片手操作でもできますね。
ほら、片手で簡単に表示できたね

ちなみに、通知センターもホームボタンをダブルタップで「簡易アクセス」モードになり、「今日」や「通知」の切替えが簡単にできるようになります。
ちなみに、戻すには以下の操作を行います。

  • ホームボタンをダブルタップ
  • 画面上部の空白部分をタップ
  • 一定時間、画面操作をしない

通知センター画面も下がることができる

アプリの利用時はもちろん、iPhoneのホーム画面からも同様にこの方法は利用できますが、残念ながらアプリのアイコンが複数入ったフォルダを開いた状態ではこの小技は使えません。
ホーム画面でも同様に利用できる

簡易モードが動作していない場合

デフォルトではオンになっていますが、動作していない場合は下記の手順でオンにすることができます。

iPhoneの設定から「一般」を選択。
一般を選択

続いては「アクセシビリティ」を選択します。
アクセシビリティを選択

後は「オン」にして完了です。
簡易アクセスをオンにする

オマケ

これはホームボタンをダブルタップでした時のオマケな裏技ですが、SafariやChromeを閲覧している時に画面を最上部までスクロールして戻す方法として、ダブルタップした状態でアドレスバーが表示されていればステータスバーをシングルタップ、表示されていなければダブルタップで画面を最上部までスクロールさせることができます。

これで片手操作が少し楽になります。
もう一つオマケ