ミュート機能が便利なTwitterアプリJanetter Pro

ミュート機能が便利なTwitterアプリJanetter Pro

iOS
4.51

Twitterは楽しいSNSですが、時にはワケの分からない人にフォローされたり、あまりにも無意味なツイートばかりをする人もいることでしょう。フォローは外したくないけど、少し静かにしてもらいたい時にこのTwitterアプリJanetter Proを使うといいかもしれません。

Janetter Proの主な特徴

ミュートが便利なTwitterアプリ

Twitterのミュート機能は、フォローは外したくないけど少しうるさい人を非表示にすることができる機能で、フォロー外しをすると人間関係にも少しヒビが入りそうな時には便利です。

そんなミュート機能を便利に使えるのがJanetterです。ユーザーでのミュートはもちろん、個々のユーザーが使っているアプリ別によるミュート、不快なキーワードによるミュート機能を利用することができます。

ブックマーク機能でタイムラインをカスタマイズ

気になるアーティストのツイートだけや、ハッシュタグ検索の結果、リストなど気になるものだけをブックマークしてタイムラインに表示させることができるカスタマイズ機能があります。

必要な物だけを表示させることができるので、より便利にTwitterが楽しめるようになります。

Android版はこちら

今すぐアプリをダウンロード
続きを読む

目次

Janetter Proの使い方

気になるポイントについて使い方を見ていきたいと思います。

アプリを起動したら「はじめる」で開始します。
はじめるを選択

Janetterのサポート用Twitterアカウントをフォローするかどうかの案内が表示されますが、ここはお好みに応じて「いいえ」か「はい」で対応してください。
サポート用Twitterをフォロー

メイン画面のタイムラインの基本操作

メイン画面のタイムラインでの操作は基本的に画面を左右にスワイプで他のリスト画面などへ移動でき、画面トップ上部でさらに画面を下にスワイプすると更新ができます。
画面操作

ツイートの投稿

ツイートの投稿について見てみます。
タイムラインなどの画面右上のアイコンをタップします。
投稿

サンプルで写真投稿を行ってみたいと思います。
キーボードの左上に「カメラ」アイコンがありますので、それをタップします。すると「カメラ」または「ライブラリから選択」のメニューが表示されますので、好きな方を選択して写真を選択します。
カメラアイコンをタップ

写真は基本的に1枚ずつの追加となり、複数枚追加したい場合は再度、同じ手順で追加します。
ハッシュタグや位置情報は必要に応じて入力して投稿してください。なお、下書きアイコンは下書きが保存されている場合に選択できます。
ツイート投稿画面

下書き保存

投稿の途中で下書き保存したい場合には、画面左上の「閉じる」をタップすると「下書きとして保存」のメニューが表示されますのでそれを選択します。
下書き保存

ブックマーク機能

このアプリを使う上で覚えておきたいのが、ブックマーク機能です。
ブックマーク機能は、タイムラインや自分宛てのツイート、ダイレクトメール、リストなど、様々なツイート内容をメイン画面に表示・非表示させるための機能です。

メイン画面の左上のサイドメニューをタップするとこの画面が表示されますが、「ホーム、@ツイート、DM」の横にチェックマークがありますが、デフォルトではこれにチェックが入っており、メイン画面で表示されるようになっています。

逆にリストの横のチェックマークがオフになっていないものはメイン画面では表示されていません。
ブックマークについて

ブックマークの編集

ブックマークを編集してみましょう。
ブックマークを表示

削除やドラッグで順番を並び替えることができます。
ブックマークの編集

編集するとこのようにメイン画面での並び順などが反映されるようになります。
ブックマークの反映

ブックマークの追加

例えばタグ検索でそのタグをメイン画面に表示させたい場合、まずはサイドメニューから検索します。
検索

シャープ付きのキーワードで検索するとこんな風に検索結果が表示されますが、画面下部に追加のアイコンが表示されているのでそれをタップすることで追加できます。
ブックマークを追加

そうすると画面下部のラインに一つ追加されて、画面を左右にスワイプすることでそこに素早く移動で確認できるようになります。
ブックマークが追加された状態

例えば、気になるアーティストなどのツイートだけをブックマークしてそれをチェックすることもできます。
ブックマークしたい人のツイートを選択します。
ツイートを表示

後は同様に画面下部の「ブックマーク」追加ボタンをタップで追加できます。
ブックマークに追加

ブックマークの削除

ブックマークの削除は、先ほどのサイドメニューの編集画面から削除したり、メイン画面のタイムラインで画面右下の「+」アイコンで表示される「ブックマークから削除」のメニューからでも削除できます。
ブックマークの削除

削除したら画面左上に表示される「×」で画面を閉じておきましょう。
画面を閉じる

ミュートアプリ

ミュート機能の一つ「ミュートアプリ」を見ていきたいと思います。

「ミュートアプリ」って最初は何かなと思ったのですが、Twitterは様々なサードアプリなどが作られていて、それを使ってTwitterを楽しんでいる人も多いかと思いますが、それらのアプリを使って投稿されると個別に記録されていきます。その特定のアプリを使って投稿されたものをミュートにすることができます。

まずはタイムラインのツイートをタップしてみましょう。
ツイートをタップ

するとそのツイートのしたにリプライやリツイート、などのメニューが表示されますが、その一番右のメニューをタップすると「ミュートアプリ」というのが表示されますので、それをタップします。

ちなみにこの画面のツイートは「Twitter Web Client」とあり、PCのWebブラウザからつぶやいたものです。
ミュートアプリをタップ

そうすると確認画面が表示されますので、「追加」をタップします。この確認画面では先程の「Twitter Web Client」のアプリ名が表示されています。
追加をタップ

すると「Twitter Web Client」を使ってつぶやかれたものは全て非表示になりました。これが「ミュートアプリ」の機能となります。
ミュートされた状態

ミュートの削除

ミュートをしたアプリについての削除手順です。
サイドメニューの画面左下にある「設定」アイコンをタップします。
設定を選択

続いては「ミュート」を選択します。
ミュートをタップ

次は「ワード」の選択。
ワードを選択

先ほどの「Twitter Web Client」ってのがありますので、それを選択します。
Twitter Web Client

あとは「削除」をタップするだけです。
削除をタップ

キーワードによるミュート機能

ミュート機能はアプリだけではなく、人物やキーワードに対しても設定することができます。キーワードによるミュートを見てみましょう。
サイドメニューの画面左下にある「設定」アイコンをタップします。
設定を選択

続いては「ミュート」を選択します。
ミュートをタップ

ここでは「ワード」を選択します。
ワードを選択

次は「追加」です。
追加を選択

ミュートさせたいキーワードを入力して「保存」して完了です。
キーワードの追加

リスト作成

思わず探してしまったのがリスト作成です。
まずはリストに追加したいユーザーのプロフィールを表示させ、「+」をタップします。
「+」をタップ

そしたら「リスト管理」を選択します。
リスト管理

後は「新しいリストの作成」を編集するだけです。
新しいリストの作成

今すぐアプリをダウンロード
  • アプリ名:Janetter Pro for Twitter
  • 販売者: Jane, Inc.
  • 価格(掲載時): 600円
  • アプリサイズ:16.4MB
  • バージョン(掲載時):1.6.7