無料で洋楽を聞きまくれるインターネットラジオアプリJango

無料で洋楽を聞きまくれるインターネットラジオアプリJango

iOS
4.21

最近では日本でもLINE MUSICやAWA、そしてApple MUSICなどが定額で配信される時代になってきましたが、勉強やら仕事やらをしていると欲しくなるのが、音楽。

特に洋楽を聞いていて新しい作業用音楽が欲しいという人は、この音楽専用のインターネットラジオアプリJango Radio Mobileを使ってみるといいでしょう。

Jangoの主な特徴

無料で洋楽を聞きまくれる

Jangoは、基本的に洋楽を主体としたインターネットラジオアプリとなっており、様々な音楽ジャンルやアーティストのステーションを探して音楽を無料で聴くことができます。

インターネットラジオという形になっているので、指定の曲を検索してプレイリストに追加したり、曲を保存することはできませんが、自分の好きなアーティストのランダムに再生される曲やそれに似た関連曲を聴くことができ、新しい音楽に出会える楽しみはあるので、作業用BGMとしては適しています。

一部の日本人アーティストも聴ける

洋楽だけしか聞けないアプリなのかと思ったのですが、意外にも一部の日本人アーティストの曲も聞くことができました。

音楽に飢えている人はチェックしてみるといいでしょう。

日本国内でのアプリは削除されてしまいましたが、Web上でのサービス自体は生きています。
http://www.jango.com/

このアプリはApp Storeから削除されました

続きを読む

目次

Jangoの使い方

アカウントの作成

初めてアプリを利用する場合には、Facebook、或いは自分のメアドを登録してアカウントを作成する必要がありますが、今回は自分のメアドを使って登録しようと思います。

アプリを起動したら「Sing Up For Jango」。
Jangoのアカウント作成

続いては、メアド、パスワード、性別、生まれた年を入力します。
性別はMaleで男性、Femaleで女性で、終わったら「Sing Up With Jango」で次に進みます。
メアドとパスワードの入力

アカウントの作成が完了するとこんなメッセージが表示され、アプリ及びwebサイトでの利用ができるようになったと案内が表示されますので、「OK」をタップします。
OKをタップ

ステーションの選択

そうするとブルース、クリスマスソング、クラシック、ダンスなどの様々なジャンルリストが並んでいる探索画面「Explore」に移動します。
好きなジャンルを選択してみましょう。
ここではサンプルで2000年代のジャンルを選択してみました。
ジャンルを選択

2000年代でも様々なステーションがリストとしてありますが、ステーションとはラジオ局みたいなものだと思えばいいでしょう。
サンプルでビルボードのNo1ヒット曲ステーション「Biilboard #1 Hits」を選択してみます。
Jangoのサブステーションを選択

ステーション情報画面

そうするとステーションに関する情報画面に移動します。ここではステーションに関する内容、プレイするアーティストの名前が表示されます。
とりあえずは、カバー写真の再生ボタンをタップして再生してみましょう。再生すると自動で画面左下の最近再生した曲を表示する「Recent」というタブメニューに自動で登録されるようになります。
ステーション情報

ステーション再生画面

再生画面ではアルバムジャケットが表示され、左には「嫌だ」アイコンと右には「いいね」アイコンがあります。
「いいね」アイコンをタップすると、「This song, and songs similar to it, will play more often」と表示され、再生中のその曲とそれに関連した曲がもっと再生されるようになります。
いいねを押した再生画面

逆に「嫌だ」アイコンをタップすると、「マジか?」ときかれますので、「OK」をタップすると、そのステーションでは再生されなくなり次の曲が再生されます。
マジかと聞かれるのYes!

他の操作についても、もう少し見てましょう。
操作はざっとこんな風になっています。
詳細な操作方法について

曲情報画面

ジャケット写真をタップすると曲の情報画面に移動します。ここでは、歌詞へのリンクやアーティストのツイッターへのリンクなどが掲載されています。
ただし、歌詞は外部のWebサイトを利用しており、曲によってはリンクがない場合もあります。
曲の情報画面

ステーションにアーティストを追加

再生画面の左下のアイコンをタップすると、ステーションにさらにアーティストを追加する検索画面に移動します。
リスト候補になければ、画面下部の検索欄をタップして検索します。
アーティストの追加

アーティストの名前を入力すると、候補がでてきますので「+」をタップするとステーションに追加することができます。
アーティストの検索

追加するとこのようにメッセージが表示され、そのアーティストの曲がステーションでプレイされるようになります。
アーティスト追加完了画面

アーティストのステーションを追加

先ほどのExploreの探索画面では、予め様々なジャンルの中からステーションを探したのですが、アーティストの名前を検索することでそのステーションを聞くことが出来るようになります。
左上の「+」か検索窓をタップします。
ステーション検索追加

基本的には洋楽主体のインターネットラジオアプリで、日本語で日本のアーティストを検索しようとするとエラーが表示されますが、一部のアーティストをアルファベットで検索するとヒットすることがあります。
参考までに下記のアーティストがヒットしました。
One Ok Rock、Orange Range、Hamasaki Ayumi、Utada Hikaru、ELLEGARDEN、Arashi(嵐)、KAT-TUNなどが
日本語は使えないJango検索

こんな感じですね。
One Ok Rockが出てきた

ちなみにRecentに登録されたステーションは左にスワイプで削除できます。
再生中のステーションは、設定アイコンが表示されて削除できません。他のステーションを再生するかアプリを再起動すると削除できます。
ステーションの削除

投票曲が表示されることがある

こんな風に突然、投票画面が表示されることがありますが、これも同様に「いいね」か「嫌だ」をポチッとしてあげればいいでしょう。
使用していると時折出る投票画面

設定

設定を見てみましょう。
Audio Qualityは音質設定ですが、基本的にはネットに繋がらないと利用できないアプリなので、パケット制限も考えてWi-Fiを利用できない場合は、LOWにセットしておくといいでしょう。

アプリ設定にはスリープタイマー機能があります。
「Advanced Options」を選択。
設定

スリープタイマーをオンにして、時間を設定します。
「Play Last Song To End」をオンにすると、スリープタイマーの指定時間が過ぎても、その曲が最後まで再生されるように設定ができます。
スリープタイマー